イ・ヨンスの祖母、94歳、両足と引きずり

▲日本軍従軍慰安婦のイ・ヨンスさんは、「4日国会」サランジェ近くでナンシー・ペロシ米下院議長を待っていた時、国会護衛隊に車いすから引きずり出された.問題付託推進委員会提供日本軍従軍慰安婦のICJへの派遣

イ・ヨンスの祖母がペロシに会おうとする
過度のボディーガードによる負傷
「深刻な精神的ショック」

日本軍の「慰安婦」の犠牲者であるイ・ヨンスさん(94)は、ナンシー・ペロシ米下院議長と会うためにサランジェ国会で待っている間にボディーガードに倒れて負傷した。

慰安婦問題のICJへの付託推進委員会によると、同日正午頃、ペロシ大統領は国会でキム・ジンピョ氏ら韓国当局者らと会談を行っていた。 国会では、李と李を支持する委員会も国会にありました。

ペロシ議長は午前11時55分から午後1時まで、金晋表(キム・ジンピョ)国会議長と会談した後、共同記者会見を開き、サランジェで昼食をとった。

事故はペロシ大統領がサランジェに到着する前に起こった。 ペロシ大統領が到着する直前に、何人かのボディーガードが突然この祖母に近づきました。

ボディガードは、車椅子に座っていた老婦人に「ペロシ大統領が通過する道から少し離れて立つ」ように頼み、車椅子を引きずって押し戻した.

その後、他のボディーガードが加わり、祖母の車いすを引きずりましたが、老婆は車いすから落ちて転びました。

老婆は途中で「行かない」と抵抗し、用心棒に足を掴まれて引きずられた。

ナンシー・ペロシ米下院議長が4日、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会で開かれた共同記者発表で、キム・ジンピョ議長と会談した結果を発表している.1

▲ ナンシー・ペロシ下院議長が4ニュース1のソウル汝矣島(ヨイド)国会での共同記者発表でキム・ジンピョ大統領との会談の結果を発表

推進委員会の関係者は、「ペロシ大統領がサランジェに到着する前に、十数人のボディーガードが無謀に祖母が座っていた車椅子を引っ張って郊外に移動させようとした」と宣言した.

ペロシ氏は、2007 年 7 月に下院で慰安婦問題に関する日本の公式謝罪を求める決議が全会一致で可決された際にも、下院議長を務めました。

以前、委員会は公開書簡で、「日本政府は米国下院決議121号の精神に反する方向に進んだ」と述べた。 「私たちは積極的に隠蔽に取り組んでいます。」

続いて委員会は「韓国には李氏を含め生存者は11人しかいない」とし、「この祖母は90歳を超えているので、(ペロシ大統領の韓国訪問は)直接会える最後の機会になるだろう。 このおばあさんにインタビューをお願いしました。

しかし、この祖母とペロシ大統領との面会は失敗に終わった。

ナンシー・ペロシ米国下院議長が滞在するソウル市龍山区のグランドハイアットソウルの正面玄関で、慰安婦問題の解決に協力を求める手紙を渡すのを待つイ・ヨンス祖母3.ニュース

▲ ソウル市龍山区のグランド ハイアット ソウルの正面玄関で慰安婦問題の解決を求める手紙を届けるのを待つイ・ヨンスおばあさんペロシ、3. ニュースにとどまらなければならない

「事前アポイントなしの面談を原則とし、取り締まり……事務局長含め、祖父母のところへ。

このおばあさんは汝矣島聖母病院に移送されて検査を受け、退院後は容態が安定しているという。

その日、国会はこの祖母を訪ね、哀悼の意を表した。

国会事務局は李さんの負傷のニュースに対し、「おばあさんの健康と安定を願う」と述べた。 当時の状況を説明した。

彼は続けて、「プロトコルとセキュリティ上の理由から、この祖母を部屋から案内しようとしました。彼女は準備ができています」と彼は付け加えました.

ジャーナリスト キム・チェヒョン

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。