イ・ミナ「日本と中国を相手に結果を出さなければ成長できない」(全文) :: 共感メディアニュースエージェンシー ::

記事の概要

イ・ミナの先制点を台湾のオウンゴールで修正
昨年9月以来10ヶ月ぶりの試合ゴール…4-0で台湾に勝利
女子サッカーは東アジアカップで1勝1分け1敗で終わった



[서울=뉴시스] ▲チョ・サンチョル記者〓2022年東アジアサッカー連盟(EAFF)E−1選手権大会(東アジアカップ)の韓国対台湾戦が26日午後、日本の鹿島からスタジアムで行われた。手でハートを描きます。 (写真=大韓サッカー協会提供) 2022.07.26. photo@newsis.com ※転売禁止、DB禁止

[서울=뉴시스]▲パク・ジヒョク記者〓東アジアサッカー連盟(EAFF)E−1選手権大会(E−1チャンピオンシップ)2022(東アジアカップ)の最終戦で、韓国女子サッカーチームが台湾を下し、1勝1分け1敗で終わった。

コリン・ベル監督が率いる韓国は、鹿島スタジアムで行われた第3戦の台湾戦で、イ・ミナ、カン・チェリム(現代製鉄)、コ・ミンジョン(チャンニョンWFC)の連続ゴールとオウンゴールを決めた。 26日午後4時、茨城県鹿島市で4-0の勝利を収めた。

2005年以来17年ぶりのトップ復帰を目指していたベルホは、1勝1分け1敗で大会を終えた。

異常な状態に陥ったチョ・ソヒョン(トッテナム)に代わって先発出場したイ・ミナは、昨年9月のAFCアジアカップ予選のモンゴル戦後、10か月ぶりに得点を挙げた。

40分に冷静に3点目を決め、2-0とリード。

試合後、オウンゴールで修正されたが、イ・ミナの攻撃が先制点につながった。

前半35分、チャン・スルギ(現代製鉄)がイ・ミナをクロスしたが、今度はイ・ミナではなくチャン・チランの足でオウンゴール。 当初はイ・ミナのゴールとして記録されていたが、試合後に公式スコアシートに台湾のオウンゴールで訂正された。

このゴールをバネに、韓国は前半3得点。

イ・ミナは「ある会議で監督が(チョ)ソヒョンの姉の家の真ん中で自由な役を演じて良い縁結びの役をするように命じた」と明らかにした。

彼は次のように付け加えた:「他の選手にとっては難しいだろうと思った。

イ・ミナは日本戦を欠場し、中国戦で約7分間交代出場した。

韓国は先に日本に 2 対 1 で敗れ、中国と 1 対 1 で引き分けたが、最終戦で台湾を破り、優宗の美しさを征服した。

内容は悪くありませんでした。 FIFAランキングでは、日本(13位)と中国(16位)が韓国(18位)よりも互角に上位。

「今回は私たちがより良いチームだったと思いますが、タイトルを獲得できなかったのは残念です.

イ・ミナも「日本と中国で思うように結果を出せなかったが、試合が良くなった」と話した。 「私は毎回より良いプレーをしているし、平等な競技場でプレーしてきたが、本当に結果を出さなければならないと思っている。毎年結果を出さなければならないが、結果を出し続けることはできない.それを壊してこそ、成長・発展できると思います」

最後に、「ワールドカップまであと1年ほどある。組織力を磨き、体力をつけて準備すれば、いい結果が出せる」と語った。

◎フレンドリープレスニュース fgl75@newsis.com

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です