インドの首相は、安倍首相の追悼の死の日を指定します

全体像を見る

ナレンドラ・モディ首相は、次のように述べています。「安倍晋三前首相への深い敬意の表れとして、2022年7月9日を国民の哀悼の日とします。
ⓒナレンドラ・モディのツイッター

関連写真を見る

安倍晋三元首相は選挙運動中に誤って暴行を受けた後、67歳で8日に亡くなりました。 安倍晋三前首相の死去のニュースを受けて、世界の指導者たちは哀悼の意を表した。 尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領はまた、「尊敬される政治家と日本憲法史上最長の首相を失った遺族や日本の人々に哀悼の意を表したい」と述べた。

しかし、世界各国の首脳からの哀悼の意の中で、特別な哀悼の意を表した人が一人います。 インドのナレンドラ・モディ首相です。 攻撃のニュースが報じられた後、モディは10時間で安倍の悲劇について連続して約10のツイートを投稿しました。 首相官邸のウェブサイトに、「マイフレンド阿部」と題した4,000文字の記念メモと2枚の写真10枚を一緒に書いた。

特に、モディ首相は、安倍晋三前首相の死を国の追悼の問題として扱い、「安倍晋三前首相への深い敬意の表れとして、2022年7月9日をこれは、自国の元首相ではなく、他国の元首相の死に対する国民の追悼の宣言である。

モディ首相の特別な哀悼の意には理由があります。 2006年9月の就任後、安倍前首相は、日本インドセンター財団主催のイベントで「日本とインドはアジアの歴史に新たな章を開く力を持っている」と述べた。 慢性疾患で首相を辞任する1ヶ月前にインドを公式訪問し、インド議会で外国人指導者として2度目の演説を行い、「日本はインドをパートナーであり友人として再発見した。 「」

安倍晋三前首相は、当時の議会での演説で、米国、日本、オーストラリア、インド間の「四国間安全保障対話」を提案した。 これがクワッドの創設につながり、「ダイヤモンド同盟」を通じて「自由で開かれたインド太平洋」を提唱しました。 このように、安倍首相はインドとの関係に非常に熱心に取り組んできた人物です。 インドの国会議員で元国連副事務総長のシャシ・タルル氏は、攻撃後のインドのメディアNDTVとのインタビューで、「日本は安倍首相までインドを重視しなかった」と述べた。

元首相安倍首相は、中国を封じ込めるためにインドとの軍事協力を後押しする

 

全体像を見る
インドのナレンドラ・モディ首相は、5月24日に東京で安倍晋三前首相と会談します。  ?

インドのナレンドラ・モディ首相は、5月24日に東京で安倍晋三前首相と会談します。 ?
ⓒインド首相官邸のウェブサイトから取得

関連写真を見る

安倍首相以前は、日印関係は経済協力に重点を置いていたが、安倍前首相は中国を支配するためのインドとの軍事的および戦略的協力に重点を置いていた。 2008年、安倍前首相は、安全保障協力に関する共同宣言や日印間の共同軍事演習の実施に関する協定を含む、インドとの様々な軍事および安全保障協定に署名した。インド。

2014年にモディ首相が訪日した後、両国は両国の関係を「特別な戦略的パートナーシップ」に変えることに合意した。 これにより、両国間の武器交換を強化するとともに、軍事兵器の共同開発を促進することに合意した。 2015年には、兵器技術の移転と軍事機密の保護について2つの合意に達し、同年、安倍前首相がインドを訪問し、防衛問題における軍事協力を加速する日印ビジョン2025を発表した。

安倍晋三前首相のインドと日本の間の軍事的および戦略的協力の強化に向けた進展は、両国間の共同演習でも見ることができます。 2007年、日本は、インドと米国の合同海軍演習である「演習マラバ」に初めて参加した。 演習マラバールは、中国の台頭に対応する戦略的な訓練演習です。

2007年には日本が参加し、インド洋ではなく沖縄近郊で初めて研修が行われました。 2015年以来、日本は毎年マラバ演習に公式参加者として参加しています。 2012年には、2つの海軍間の信頼と運用能力を高めるために、インドと日本の最初の合同海軍演習が実施されました。

海軍だけではありません。 2018年10月、航空自衛隊とインド空軍の最初の合同演習がインド西部のベンガルで開催されました。 それで、安倍後、日本とインドは中国を封じ込めるために軍事と安全保障の協力を促進し続けました。

ロシア変数…二国間関係の未来

安倍首相の死後、両国の関係はどうなるのか。 3月19日、岸田文雄首相は外交70周年を記念してインドを訪問し、モディ首相と会談した。 岸田首相は会談で、5年間で5兆円(約47兆ウォン)のインドへの大規模投資計画を発表した。 一方、両国はロシアのウクライナ侵攻を非難することに合意したが、モディ首相は岸田首相のロシアに対する制裁に出席することを拒否した。

ウクライナの侵略後、中国だけでなく、権威主義的なブロック国家としてのロシアも、自由民主主義のブロック国家の敵として確立された事実となったが、敵対的なロシアに直面して、それはインドにとって現実的に負担となる。ロシアとの安全と経済協力を無視することはできません。 安倍晋三前首相就任以来、両国は共通の敵である中国に直面して協力関係を強化してきたが、両国がロシアの新たな局面にどのように取り組むかが注目されている。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。