アメリカで 2 番目に急成長している企業は、韓国人女性が作ったスタートアップ、Geeks Briefing

韓国経済日報のプレミアムスタートアップメディアプラットフォームであるHankyung Geeksは、19日にスタートアップニュースを特集する。

「看護師のUber」が全米2位に アメリカのビジネス誌INC Magazineによると、韓国人のシェリー・クロス(韓国名ペ・ソヨン)が2017年に設立したスタートアップのSnapnusが、「アメリカで最も急成長している民間企業5000社」のランキングで2位にランクインした。 米国では「Nurses’ Uber」と呼ばれるこの会社は、看護師を希望する病院、医療施設、患者とつなぐサービスを提供しています。 18 年間麻酔科医として働いていた Clos 氏は、看護師としての経験をもとに Snapnus を設立しました。

「メタバーよ、10年後には財閥の時代が来る」 デロイトグループは報告書の中で、「メタバースはまだブルーオーシャンですが、その期間は約10年で終わる」と予測しています。 また、10年後には特定の大企業が市場の大きなシェアを占める「独占の時代」が到来すると予測されています。 昨年、米国企業の Meta と Roblox が多額の投資を行い、多くの市場の注目を集めましたが、今年は Metaverse に対する興奮と熱意が薄れています。

米国で 2 番目に急成長している企業は、韓国人女性によって設立された新興企業です [Geeks' Briefing]

スマートロジスティクスセンターに940億ウォンの投資を誘致 スマート ロジスティクス センターを運営するスタートアップのパストは、SK D&D、新韓ベンチャー投資、韓国産業銀行、VIG パートナーズ、Hana Ventures からの 800 億ウォンの投資に続き、ユアンタ インベストメントから 150 億ウォンの追加投資を集めました。億ウォンの投資が行われた。 この投資は、投資家心理が最近縮小した困難な市場状況においても、フルフィルメント (統合物流) 業界におけるパストの競争力を示していると評価されています。

ソウル医科大学卒業生が設立したメンタルケアサービス Inside B2Bベースのメンタルケアソリューションを提供するOrwell Healthは、プレシリーズA投資で26億ウォンを集め、今回のラウンドでは、KB Investment、Tail、We Ventures、Dodam Venturesが新たな投資家として参加し、Spring Campも続いた。 -投資について。 Orwell Health は、医師、ソウル医科大学の創設者、PO、開発者、ネイバー デザイナーによって設立されたデジタル ヘルスケアのスタートアップです。

女性起業家を集める 韓国女性ベンチャー協会は、女性の技術ベースのスタートアップを促進し、潜在的な若い起業家を募集して「女性の若者」の部分に参加する「2022年女性ベンチャー成長チャレンジ」の統合コンペティションを開くと発表した。 “。 2021年にデビューしたヨベン・ソンジは女子学生を対象としていたが、今年から全女性対象に拡大された。 各世代の特性を考慮し、若年層向けと中高年向けの2部構成で競技を行います。

新韓金融と創業振興庁が加盟 新韓フィナンシャルグループは、韓国のスタートアップ企業の日本での進出を支援するために、中小企業振興院とビジネス協定を締結しました。 新韓金融のスタートアップ育成プログラム「新韓フューチャーズラボ」は、2015年の発足から昨年まで、延べ282社のスタートアップを育成してきた。 新韓フューチャーズラボとスタートアップ振興機構は、△ユニコーン企業の日本進出支援、△国産の有望技術を持つスタートアップと日本の財閥をマッチングするグローバルオープンイノベーション、△フォーラムやカンファレンスのL組織化などの連携を推進する計画だ。両国からの参加者の交流。

ディープブレインAI、故人の葬儀 人工知能(AI)企業のディープブレインAIは、国内の遺族会社であるフリーライフと、AI供養「リメモリー」活動への協力について業務協定を締結した。 6月にサービスを開始したRememoryサービスは、AIで健康な親族を達成することで、死後いつでも会うことができる、個人顧客向けのプレミアムAIヒューマンサービスです。 約3時間の撮影と事前取材で制作可能で、独自の人工ニューラルネットワーク構造で設計されており、リアルタイムの会話が可能です。

米国で 2 番目に急成長している企業は、韓国人女性によって設立された新興企業です [Geeks' Briefing]

トレーディングカードプラットフォーム、プレA投資 収集と娯楽の目的で設立されたトレーディングカードサービスプラットフォームBreakを運営するBreak & Companyは、プレシリーズA投資で50億ウォンを集め、今回の投資でBreak & Companyの累計投資額は70億ウォンに達した。 この投資誘致は、Jet Venture Capital (ZVC) が主導し、KB Investment、Strong Ventures、Signite Partners などの既存の投資家が追加投資を行いました。 Break & Companyは、トレーディングカードの良し悪しを判断するレーティングサービス「BRG」を運営する会社です。

「英語の歌詞、検索しないで」 Naver Vibe は、韓国の音楽プラットフォームで初めて外国の歌の翻訳歌詞を導入しました。 ユーザーはバイブアプリでオリジナルの歌詞と韓国語の翻訳の両方を確認できます。 歌詞の翻訳は、曲のストリームに基づいてリアルタイムでサポートされます。 新曲の場合、翻訳された歌詞はリリース後 1 ~ 2 週間以内に提供されます。 バイブは、ネイバーのスタートアップ投資機関であるD2SFが出資したオーディオ技術スタートアップ「Gaudio Lab」AI歌詞同期生成ソリューションを導入し、歌詞同期時間を短縮した。

Lucidは生産目標を引き下げる 米国の電気自動車スタートアップ Lucid は、生産目標を引き下げました。 Lucid は最近、ブランドの公式チャネルを通じて、年間生産目標を大幅に引き下げ、6,000 ~ 7,000 ユニットのレベルにとどまると発表しました。 これは、前述の 20,000 ユニットの 3 分の 1 です。

米国で 2 番目に急成長している企業は、韓国人女性によって設立された新興企業です [Geeks' Briefing]

バロゴは仕事帰りにビアラウンジイベントを開催 スタートアップのバロゴとピルスナー・ウルケルが主催するイベント「帰りのビアサロン」。 ホーム・フロム・ワーク・ビア・ショーは、バロゴが運営する料理プラットフォーム「アーバン・キッチン」が主催する、チェコ共和国の代表的なビールであるピルスナー・ウルケルが180周年を迎えるイベントです。 イベントは23日と25日の2回開催され、参加メンバー全員にピルスナーウルケルのグラスとコースターがプレゼントされる。

人気の整形後回復管理サービス デジタルヘルススタートアップのCaremindは、手術後の回復管理プラットフォームであるEporterの加入者数が、今年の上半期に比べて300%以上増加したと発表しました。 Eporterは、ユーザーが記録したデータを分析することで、手術前にAIが記録したデータを回復終了まで管理できるプラスチック回復管理アプリケーションサービスを提供します。 取り組みの主な機能である、患者の写真から重症度をAIで分析・管理する「リカバリールーム」に記録された症状写真の枚数は、上半期に比べて200%以上増加した。

ハンギョンギグス

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。