な[성수기 없는 LCC] 海外旅行の増加に笑いもとまらない… 東南アジア発の「お試しチケット」すぅドゥルック

最近、金浦国際空港の国内線ターミナルで飛行機に乗るために観光客が待っている。 [사진=연합뉴스]

航空業界は、観光客の流入のおかげで、夏の繁忙期から長い間恩恵を受けてきました。 ただし、旅行需要のほとんどが国営航空会社 (FSC) に集中しているため、格安航空会社 (LCC) はピークシーズンの影響を受けません。 特に、LCC需要の要である日本路線は開通の遅れにより需要が遅れており、東南アジア路線は搭乗率の低さから熾烈な競争を繰り広げている。

◆国際線は急増するも、FSCの集中が強まる

国土交通省の航空情報ポータルシステムの航空輸送実績によると、4日、7月の国内航空会社の国際線旅客数は113万人を記録し、同月比571%増となった。前年の。 月間100万人を超えるのはCOVID-19危機以来初めて。 政府の航空正常化計画に基づき、各航空会社が国際線の増便を実施しており、これは先月から始まった夏休み期間の結果です。

ただし、FSC と LCC の国際線旅客数の割合には大きな違いがありました。 大韓航空の乗客数は 1,057,380 人 (国内線 581,107 便、国際線 476,273 便) で、昨年同期より 10.4% 増加しました。 国際線旅客数だけでも、前年同期比403.1%増。 アシアナ航空も74,294人の乗客(国内線43,2542人、国際線307,752人)を記録し、前年同期より62.0%増加した。 国際線は449.2%を占め、大韓航空を上回った。

一方、国内のLCC(イースタージェットを除く)の国際線旅客数は約35万人で、大韓航空の国際線旅客数47万人を下回っている。 前年同期と比較すると大幅な増加率だが、予想よりも低いというのが有力な見方だ。

まず第一に、この結果は日本政府の遅い開放によって引き起こされます。 当初、業界は先月、金浦-羽田ルートが再開され、ビザなしの入国と個人旅行が迅速に可能になると予想していました。 しかし、元日本の安倍晋三首相の暗殺後、日本の当局は封鎖を解除するのに苦労しており、日本でのコロナ19の蔓延は非常に深刻になり、確認された症例数は毎日20万人を超えています.

中国はCOVID-19のために都市を封鎖する極端な措置を繰り返し取っているため、年内に旅行を再開することは困難です。 これを受けて、LCC各社はタイやベトナムなど東南アジア諸国への便数増加に積極的だ。 日本と中国がロックダウンしたことで、やむを得ず東南アジア路線に注力せざるを得ない体制ができた。

業界関係者は「LCCが東南アジア路線に注力するにつれ、重複路線が増えている。 「反対に、アメリカ大陸やヨーロッパなどの長距離路線は、留学生、ビジネス、韓国居住者の訪問などの一部の需要によって支えられており、観光客を積極的に誘致するための政府の防疫措置の緩和も役割を果たしています」と彼は言いました。追加した。

 

ティーウェイ飛行機。 [사진=티웨이항공]

◆東南アジア削減の見直し…台湾で火花散る

需給バランスが悪化し、国際線航空券の価格が変動している。 米州や欧州などの長距離路線はコロナ前の2倍以上の200万~300万ウォンだが、東南アジア、グアム、サイパンなどの短・中距離路線は夏の繁忙期にも関わらず、30万ウォンの特価がいっぱいです。

別の業界関係者は「意図的ではないが、LCC同士の血なまぐさい競争は避けられない」と語った。 内外で勝った」と彼は言った。 「東南アジアでの需要がまだ史上最低である場合、今月末からルートを削減することを検討する必要があります」と彼は言いました。

以前、チェジュ航空は7月から630人の乗務員全員を復職させ、今月初めには客室乗務員の一時帰休率を40%に引き下げる計画も発表しました。 ティーウェイ航空はまもなく全従業員を復帰させ、新しい客室乗務員とさまざまなポジションでのメンテナンス/経験豊富なポジションの採用を開始します。 ジンエアとエアソウルも従業員の復帰を推進している。

一方で、ピークシーズンではなく遅い休暇を計画している旅行者を楽しみにしています。 9月の秋夕連休から「遅連休」が増えることが予想されるため、東南アジアへの渡航が大幅に増える可能性があります。

動乱を受けて、中国は最近、米国下院議長ナンシー・ペロシの台湾訪問に抗議して、台湾海峡を中心に大規模な軍事演習を実施し、航空会社に路線変更を余儀なくさせた。 LCCは7日まで予定されていた中国の軍事演習のため、台湾行きと東南アジアの一部路線の変更を決定した。

台湾道路が最短距離であり、道路の使用コストが低いことが知られています。 それを避けるために、中国の内陸部を通過するか、日本の沖縄に向かうと、飛行時間は最大で 1.5 時間長くなります。 燃料費の負担は必然的に航空会社が負担します。


©「5 つの言語で表示されるグローバル経済日報」アジュ経済日報。 無断転載・再配布禁止

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。