なぜ日本はうまくいったのですか? すべての世界大会は敗北しました。

写真=聯合ニュース

日経平均株価が過去最高の38,915に達した1989年以来、京都に本社を置く日本コンピュータや村田工場などの上場企業の時価総額は300%以上増加しています。 トヨタ自動車のある愛知県の企業の時価総額も100%以上増加しました。 一方、日本の本社の60%が集中している東京の企業の時価総額は33年前とほぼ同じです。

日本経済新聞のコラムニスト梶原誠氏によると、京都のビジネスは3倍になりましたが、東京のビジネスは霞が関海岸のために停滞しています。 霞が関は、日本の政府機関が集中している東京の官僚組織を象徴する用語です。

研究開発と投資が最も削減された国

梶原氏は、霞が関に近づくほど政府による保護・規制が強化され、雇用負担が大きくなるほど収益性が低下すると説明した。 「ドキュメンテーションとスタンプの文化」に代表される日本の官公庁が企業に課す負担は、紙の使用量にも反映されています。 国連食糧農業機関(FAO)による2018年の調査では、日本企業は1,000人あたり23トンの紙を消費し、161か国中6位にランクされています。

国営企業の競争力が低いという事実は、時価総額によって証明されています。 1989年末以降、代表的な規制産業である銀行業界の時価総額は90%減少しました。 電気と建設が60%削減されました。 一方、世界市場で競合する自動車および小売セクターでは、時価総額が60%および30%増加しています。

1980年代に世界最大の企業であった日本最大の通信会社であるNTTの時価総額は、現在Appleの時価総額の1/25です。 当時世界の大企業10社の半分を占めていた日本のメガバンクも、現在も東京証券取引所の時価総額のトップにとどまっている「バックレーンリーダー」に縮小されました。

そのため、日本政府の保護に頼っている日本企業は、過去20年間の円安と超低金利を利用せず、政府関係者を急いで精査しているとの批判を受けている。 日本企業は、1990年代後半のアジア通貨危機後に縮小した投資を取り消すことに消極的でした。

日本の首相官邸によると、1985年から2009年の間に研究開発費を削減した企業の割合は41.5%であり、G7諸国の中で最も高い。 英国では33.1%、米国では22.5%です。 同期間に施設への投資を削減した企業の割合も、米国(42.7%)や英国(44.2%)よりも日本(47.1%)の方が高かった。

投資の無知により、収益性は停滞しています。 過去20年間で、アメリカとイギリスの企業の株式資本(資本と内部留保などの累積資金の合計額)は約50%増加し、ドイツの企業は17%増加し、日本企業は9増加しました。 %。

事業の低迷が国民経済の停滞につながった。 2008年から2019年の世界的な金融危機から、日本のGDPは7%増加しました。 一方、米国と欧州連合(EU)は20%成長し、アジア諸国は2倍になりました。

非製造業の生産性がGDPの30%増加

コロナ19の蔓延後に無期限に明らかになった日本のデジタルセクターの後退は、この停滞の延長であると分析されています。

昨年下半期に総務省が発表した「情報通信白書2021」によると、デジタル化を推進している日本企業の割合は13%であり、米国の60%を大きく下回っている。 内務部は、デジタル化を目指す日本企業の割合が米国レベルまで上がると、製造業売上高は6%(23兆円)、非製造業売上高は4%(45兆円)増えると見込んでいる。 。 )。 これは2021年の日本のGDPの10%以上に相当します。

経済協力開発機構(OECD)によると、2018年の情報技術(IT)セクターにおける米国のハードウェアおよびソフトウェアへの投資は、2000年と比較して4.18倍および3.07倍に増加しました。日本では、増加はわずかでした。 1.53回と1.33回。

IT人材の不足は、日本のすでに後退しているデジタル改革をさらに遅らせる要因として挙げられています。 日本情報処理機構の「ITタレントホワイトペーパー2020」によると、日本の125万人のITタレントの77%が富士通やNECなどのIT企業に属しています。 米国のIT人材の数は日本の4倍であり、その60%以上がゼネコンで働いています。

慢性疾患である日本の生産性の低さがあまり改善されていないのは、デジタル化が進んでいないためと分析されています。 特に、非製造業の生産性の低さは、日本の復興の障害として挙げられています。

1985年まで、日本の製造業と非製造業の生産性に差はありませんでした。 1985年のプラザ合意以降、米国をはじめとする主要国が人為的に円安を決定したところ、製造業の生産性は42%上昇したが、非製造業の生産性は25%にとどまった。

日本生産性本部は、非製造業の生産性が製造業と同じレベルで増加すれば、日本のGDPは30%増加すると予測した。 日経平均株価は27,000ドルを維持しており、37,000ドルを上回っており、1989年末に記録された過去最高の38,915ドルまで回復すると見込まれています。

コラムニストの梶原氏は、「バブル(バブル)経済の崩壊後、1990年代後半のコンピューター革命や2008年の世界金融危機後の飛躍など、世界的な競争で日本企業は敗北した」と指摘した。

東京=特派員Young-hyoJunghugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。