なぜ日本の芸能界の有名な恋人たちは彼らの分離を隠し、遅い離婚を得たのですか?

2011年に結婚したコメディアンの藤本敏史(本名藤本敏史、49)と女優の木下優樹(32)は、日本のエンターテインメント界で恋人として有名です。

二人は2010年8月に結び目を結び、10年近くの間、バラエティの世界では「美女と野獣」と呼ばれ、夫婦と一緒にショーやコマーシャルに出演しました。 特に、ソーシャルメディアの時代に入ると、彼は2人の子供と楽しい時間を共有しています。

しかし、30日、日本のメディアであるスポニチが2人が離婚したことを明らかにした。 エンターテインメントとスポーツメディア」スポニッシュ‘2つが離婚することを確認しました。 彼らはかつてセキセイインコのカップルとして知られていましたが、1年前に彼らの関係は悪化し、同じアパートに密かに分裂しました。 スポニチ氏によると、藤門と木下は同じアパートに二人の娘を育てて別々に住むために二軒の家を借りたという。 広告などの契約関係により、離婚のタイミングが調整されたとの報告があります。

31日、日本における木下と藤本の代表 忙しい彼は離婚の事実を述べ、理解しようとしている意見書を送った。 藤本氏は論説の中で、「エンターテインメント業界での夫婦としての繰り返しの会話と、人生の違いの重なりに基づいて、この結論に達した」と述べた。

木下さんの担当者は、「私は二人の女の子を監護しているが、私たちの間に生まれた二人の女の子が世界で唯一の父と母であるという事実は変わっていない」と語った。

一方、木下の「タピオカショップ事件」は分水界の出来事だったという噂もあります。 7月には、妹がインスタグラムなどで働いているタピオカショップを宣伝しました。 しかしその後、店との争いで木下の姉が追い出され、木下は怒り、脅迫的なメッセージを送った。 木下さんの脅迫的なメッセージをソーシャルメディアに投稿すると、木下さんに批判が殺到しました。 その後、11月に木下は「内省する」と謝罪すると発表した。

スポニチ氏は、「フジモンは、ディズニーランドのシンデレラ城の前でガラスのスリッパを履いてプロポーズするというユキナの夢を実現し、結婚が始まった」と語った。

セホイパークsehoi.park@huffpost.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。