なぜ日本が尹錫淵の特使を迎えたのか…そして「彼」がやってきた

岸田首相と会談後の日韓政策協議会 チョン・ジンソク国会議長を含むユン・ソクヨル大統領が日本に派遣した日韓政治協議団は、26日に岸田文雄首相と会談した後、首相官邸を去ろうとしている。 2022.4.26ⓒヨンハプニュース



政治的な話を交わす日本人の知人の中には、最近、日韓関係が改善するといつも言っている人もいます。 尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が派遣した日韓政治協議代表団(チョン・ジンソク議長、以下「特別代表団」)の4泊5日のスケジュールは、毎日日本のメディアで広く報道されている限り、これまでとは異なります。

このような反応は、在日コリアンや在日コマーシャル、特に政治的偏見のない人々にも見られます。 先週末、東京の大久保韓国地区にある韓国料理店で会った民主党を支持する新しい知人は、「尹錫淵(ユン・ソクヨル)のおかげで韓国のニュースを見てから久しぶりだ」と語った。 私たちが建てる韓国料理店の経営者も、「正直なところ、隣国ですが、できれば仲良くしなければいけないので、いつまでもこのように暮らせるわけではありません」とよく言います。

特殊部隊、予期せぬ逆転

このような状況下、特別代表団の訪日は予想外の結果をもたらしました。 当初は予定されていなかった岸田文雄首相との会談自体が大きな成果です。 岸田首相は昨年11月に第2内閣を結成したが、韓国政府からの関係回復の繰り返しの合図を受け入れなかった。 彼らは異なる考えを持っていたからです。 文在寅政権は、前任者(安倍、菅)とは異なり、比較的「穏健で合理的」な岸田内閣の発足に伴い、在任中の日韓関係の凍結を解決するための愛情のこもった呼びかけを行った。 しかし、岸田内閣はそれを受け入れなかった。 韓国も大統領選挙に直面している。

言い換えれば、任期の終わりに政府と何かをした岸田首相は、新韓国政府が就任した後、リーダーシップが再び変わることを恐れていた。

しかし、岸田首相は今回、特別代表団との会談を予定していない。 これは、韓国政府がまだ正式に設立されていないためです。 このような状況下で、劇的なインタビューが行われました。 日本の政治の議定書を考えると、このような劇的な出会いは実際には非常に珍しいものです。 また、日本は、コロナ19、円安、高インフレ、ウクライナ侵攻などの国内問題により、ロシアとの外交紛争を引き起こし続けています。

特に、今年7月の参議院選挙で、自民党の主な支持者である極右の保守派は、韓日関係の改善を望んでいない。 このような状況下で、当初は予定されていなかった首相との「暫定的」特別代表団の予定外の会合の可能性は低いというのが一般的なコンセンサスでした。

このような状況を考慮して、特別代表団はまた、実務レベルでの政治的協議に目を向けた。 特別代表団の当初の予定では、25日、二階俊博元自民党幹事長と林芳正外相が出頭する日韓国会の朝食会で、日本の主要大臣や自民党議員との会談が行われた。輸出管理問題を解決するための大統領選挙のユン・ソクヨルからの手紙。 萩生田経済産業大臣と岸信夫防衛大臣との会談で、日米間の安全保障協力の強化について話し合った。 北朝鮮のミサイルの問題について提起された軍事情報保護協定(GSOMIA、GSOMMIA)。 特使の元の名前として、彼は部門による実際的な政治交渉を目的としていました。

日本政府の立場の変化

逆転は25日の夕方に起こった。首相のレビューとなる林外相が特使の夕食会に出席し、岸田首相との面会があったことを発表した。 解釈を考えると25分はわずか15分の非常に短い時間ですが、岸田首相はその間にいくつかの重要な発言をしました。 特使に対する彼の発言は次のとおりです。

 

「ロシアのウクライナへの軍事侵攻や北朝鮮の核・ミサイル活動などの国際ルールに基づいて確立された秩序は危機に瀕している。韓国、日本、韓国、米国、日本の間の戦略的つながりはかつてないほど高まっている。今より重要です。日韓関係の改善はこれ以上待つことはできません。

「1965年の外交正常化以来確立されてきた日韓の友好協力関係を踏まえ、日韓関係を発展させる必要がある。



これらの発言に対して、特使は「日韓関係を尊重し、協力して関係改善を図りたい」と述べ、その後の記者会見で「韓国と日本は新たなスタートラインで、未来志向の関係と相互協力「私たちは利益のために一生懸命努力しなければならないというコンセンサスに達しました。」

  

チョン・ジンソク国会議長を含むユン・ソクヨル大統領が日本に派遣した日韓政治協議団は、26日首相官邸で岸田文雄首相と会談する。代表団長である政府は、ユン大統領から岸田首相に手紙を送る。 2022.4.26ⓒ聯合ニュース



特別代表団はまた、松野官房長官と25分間の会合を開いた。 内閣官房長官のポストを考えると、松野大臣の言葉は首相の言葉と日本の外交政策である。 松野大臣は、「日韓関係は現在非常に深刻な状況にあるが、ユン大統領の前向きなリーダーシップに大いに期待している」と述べた。

総合すると、これらのコメントは、日本政府が次の尹錫淵政権に非常に高い期待を寄せていることを示しています。 岸田首相はもちろん、資産没収の問題である新日鉄採用の問題を提起したが、彼が外務大臣であったときに締結した慰安婦に関する日韓交渉の合意については言及しなかった。 その後キャンセルされました。 とりわけ、日韓関係の改善はこれ以上遅らせることはできないとさえ言った。 また、松野官房長官などの著名な閣僚も、過去の歴史ではなく、主に「未来志向」という言葉を使っていた。 この点は、現在の日本政府の立場とは著しく異なります。

問題は常に強大な阿部です

むしろ、慰安婦問題など、過去を中心に議論を繰り広げたのは、安倍晋三前首相だった。 安倍前首相は27日午後、特使と会談し、不変の理論を発表した。

 

「慰安婦問題に関する日韓協定は忠実に履行されるべきである(韓国側)。協定が破られたのは残念である。日本企業の資産と売却は不可能であり、それを回避することは不可能である。次の韓国政府は



岸田首相や松野官房長官の発言と比べると、確かに微妙な気温差があります。 岸田首相は、慰安婦問題は両国間で係争中の問題であり、慰安婦協定はまったく提起されなかったものの、安倍首相は韓国側の慰安婦協定の取り消しの問題を覆し、慰安婦問題を売却したと述べた。新日鉄の財産である。両国の関係は、韓国側が最初にこれらの問題を解決したときにのみ回復すると述べた。

 

安倍晋三前首相との日韓政治会議での代表団 尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が日本に派遣した日韓政治協議代表団のチョン・ジンソク国会議員副議長(右端)が安倍晋三前首相(右端)と会談する27.2022.4.27の東京の代表者の [한일 정책협의대표단 제공] ⓒ聯合ニュース



問題は、安倍首相の声と力がまだ強いということです。 彼は、中央院と衆議院の94人の議員が所属する自民党最大の派閥である西和政策研究グループ(以下「安倍派」と呼ぶ)の長である。 また、前回の衆議院選挙で争議があったものの、安倍派の福田達夫氏は、自民党の第三者である事務総長に就任している。 別の派閥ではあるが、茂木敏充は自民党の総書記であり、安倍政権下で8年近く成功を収めた。 また、今年7月には、派閥の影響力が行使される参議院選挙が定期的に行われる。

いずれにせよ、日本の要求は明らかになった。 使節は、「共通の利益と一致し、未来志向の日韓関係を改善した」と、日本の要請に漠然とした返答をした。 »実用的な対策を講じる必要があります。

日本政府と安倍晋三前首相の要求はどの程度受け入れられるのだろうか。 尹錫淵(ユン・ソクヨル)政権は、韓国国民と国民の誇りを損なうことなく、韓国と日本の間に平等で進歩的な外交関係を築くことができるだろうか。 これが次の動きに注意を払う理由です。






Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です