すでに5000億ウォンの市場のトレンドとなっている不況の食通、パク・ドンフィの消費者レポート

コンビニのお弁当は「不況グルメ」です。 値段が高騰して食事代も高い昨今、一般の人でも楽しめるディナーです。 2013年に779億ウォンだったコンビニのお弁当市場は、昨年は5100億ウォン(業界推定)に上昇した。

CUコンビニエンスストアを運営するBGFリテールによると、CUの月間弁当売上高の伸び率(前年同期比)は、時間の経過とともに急速に伸びています。 1月の8.6%、2月の9.1%、3月の17.8%、4月の20.8%、5月の24.1%、6月の36.1%から、今月(1日12時から)はなんと51.6%に達しました。 インフレ率の統計は、大きな飛躍や大きな飛躍のように毎月変化し、金融当局が基本金利を急上昇させていることを考えると、インフレ率の統計は上昇を抑えきれていません。コンビニエンスストアでのランチボックスの販売と価格には正の関係があります。 。

毎年成長しているコンビニの朝食市場

韓国と日本の独特の食文化に端を発するコンビニエンスストアのお弁当は、食品産業の進歩の結果です。 まず、美味しくて安価な弁当を可能にするためには、規模の経済を達成する必要があります。 これは、コンビニエンスストアの数を1,000人に少なくとも1つに一般化する必要があることを意味します。 コンビニエンスストアは、お弁当を売るほどコスト競争力があります。 コンビニエンスストアのお弁当箱は、道路などの基本的な物流ネットワークが不足している発展途上国ではなじみがありません。

セントラルキッチンBGFリテール

セントラルキッチンBGFリテール

また、原材料の鮮度を維持するためにはコールドチェーンシステムが不可欠です。 食材の保管から調理、コンビニエンスストアへの輸送まで、お弁当をいつでも安全に食べられるように、すべての工程で冷蔵設備が必要です。 BGFリテールは2020年から総額300億ウォンを投資して、忠清北道鎮川にある中央流通センター(CDC)のすぐに食べられる研究開発センターとして機能するセントラルキッチン(CK)を運営している。 セントラルキッチンは、前処理や半調理から完成品の製造まで、すべてをワンストップで処理する業界をリードする集中調理施設です。

現在、お弁当やサンドイッチなどのコンビニエンスフードの販売が伸びている中、韓国のコンビニエンスストア業界は商品の改善に取り組んでいます。 ランチボックスの範囲を、最高の淡水ウナギ料理を含む高級ダイニングの世界にまで広げます。 GS25を運営するGSRetailは、MD本社で食品研究センターを運営しています。 チームリーダーを含む12名で構成される研究所は、お弁当、おにぎり、サンドイッチなど、GS25の差別化された製品である生鮮食品の研究を担当しています。 彼らはランチボックスの開発に真剣に取り組んでいるため、多くの有名なミシュランのシェフを輩出している世界のトップ3の料理学校の1つであるCIA(Culinary Institute of America)の卒業生である従業員を雇っています。

コンビニエンスストアの経営者が夢見る究極のお弁当は、「お母さんの食卓を暖かく保つ」こと。 特に、韓国の食文化で重要なご飯や汁物を家庭料理として作ることに焦点を当てています。 米はGS25の食品研究所が最も焦点を当てている分野です。 GSリテールのマネージャーは、「GS25が生鮮食品に使用している米は、全粒穀物比率が95%以上の高品質な米です。 コンビニエンスストア業界で開発されたもう1つの主要な技術は、半(米の洗浄)および調理と攪拌(水との混合)後の18°Cへの急速冷却のプロセス中に米が割れるのをできるだけ避けることです。

究極のコンビニランチボックスは「ママの食卓を暖かく保つ」

GS25はまだ設計段階ですが、一部の地域で専用の米とスープの車両を運用することも計画しています。 早朝、車がコンビニを走り回り、1日分の温かいご飯とお汁をお届けします。 コンビニエンスストア業界は、レストランや食品市場などの幅広い分野に拡大するために、お弁当などのコンビニエンスフードに焦点を当てています。 各コンビニエンスストアが運営するセントラルキッチン(CK)は、フランチャイズレストランのバックボーンインフラとしても利用できます。 流通業界の関係者は、「コンビニエンスストアが現在水先案内をしているロボットチキンは、バーベキューやキョチョンなどの主要なチキンフランチャイズの強力な競争相手になるだろう。味と衛生の面では、既存のチキンレストランに匹敵する」と語った。言った。 下線を引きます。

ただし、このコンビニエンスストアのお弁当箱のアップグレード戦略には大きな矛盾があります。 約10年前の日本の場合が示すように、お弁当が高ければ高いほど、人々はお弁当を背ける可能性が高くなります。 公海に漏れない防水時計を作るのと同じかもしれません。

この点で、12年前に日本で興味深いニュースが出ました。 2010年3月、日本経済新聞は、コンビニのお弁当の売上が過去1年間で30%以上減少したと報じました。 日経は、「コンビニのお弁当が高いと感じたお客さまが増えている」ことが売り上げの伸び悩みの原因だと分析した。 日経は調査報告書を引用し、「回答者の64.5%が、1年前の55.3%に対して、昼食に500円未満しか費やしていないと答えた」と報告した。

贅沢を「オールイン」しながら減速した日本のコンビニエンスストア

2010年は、1990年代に始まった日本の長期不況のピークであり、2007年のリーマン危機による世界的な金融危機の余波が長引いていた時期でした。 当時、日本は金融危機のショックから立ち直ることができない唯一の先進国として嘲笑されるほどの不況にありました。 当時、日本のコンビニエンスストアのお弁当の平均単価は400円から500円でした。 飲み物と一緒に100円くらいで買うと、サラリーマンの1日あたりの昼食代を上回ります。

日経の「お弁当レポート」は、日本の長期不況に対する恐怖のレベルを示しています。 これは、消費者の財布が非常に軽くなり、コンビニのお弁当でも買えないことを象徴しています。 最近、韓国でコンビニのお弁当が羽のように売れているという事実は、私たちの経済が不況に入ったばかりの兆候と解釈することができます。 CUらによると、最も人気のあるコンビニのお弁当は4,000ウォン半ばから後半の価格帯だそうです。 5000ウォンは消費者の選択を決定する心理的マージンです。 約10年前の日本と似ています。

パク・ドンフィ、スタッフレポーターdonghuip@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。