【本と人の】500年前、投資と投機の境で、人の悲劇

[시사뉴스 정춘옥 기자] 朝鮮中期以降の銀山の発展と銀貨の流通は、「イムジン戦争の影響」や「金本位制の確立」だけでは説明できない。「東アジアのお金」。 銀の静脈を見つけることに専念した農民、精製技術を開発した職人、技術を日本に販売した産業スパイ、銀をたくさん投資した高貴な家族の水を飲む人、背中を狙った悪党がいました。探検家の物語は絡み合っています。 この本は、王から庶民まで、数え切れないほどの人々が自分の手で行った「お金」戦争に焦点を当てています。

お金の前には、両班も善もありません

朝鮮の首都である漢陽では、多くの人が家を使ってお金を稼いでいました。 朝鮮の人々も「漢陽家」になることを夢見ていたからです。 愛国心のスポークスマンである丁若鏞でさえ、息子たちにこう言う決心をした。 エオ・ヨンチョンのリーダーであるユン・テヨンは、この傾向を追い、お金を稼ぐことで有名でした。 彼は自分の力を使って安い値段で10部屋の家を購入し、その後、旋風の改造によって、1日で合計30部屋に部屋を拡張しました。 そして、これらの部屋を借りて月額家賃を徴収した後、なんとか家を全額で売ることができました。

朝鮮の人々は、お金を稼いでいるときほど自分の身分を気にしませんでした。 王室でさえお金がなければお金なしで暮らし、お金の多い貧しい人々でさえ貴族のように暮らしていました。 世宗の治世中に領議政を務めたユ・ジョンヒョンは、この時代の精神を示した一人でした。 彼は朝鮮王朝の初めに国の家事を担当した役人であり、彼の能力は非常に注目に値しました。 特に、通貨の発行と決済を主導し、市場経済の活性化に精力的に取り組んだ。 同時に、彼は有名なヤミ金融でもありました。 それも非常に悪質で、指輪だけで稼いだお金は今日の市場価格で2000億ウォンに上った。

落雷と落雷

20世紀になると、朝鮮には新しい金儲けの方法が生まれました。 それらの最も代表的なものは株式と先物でした。 「公開入札」や「サーキットブレーカー」など、今では常識となっている安全装置は当時存在していなかったので、一瞬でたくさんのお金を稼いだり失ったりすることができました。 実際、当時の新聞は、非常に裕福になった人々や「暗記で自殺した」人々の話でいっぱいでした。

そんな中、たくさんのお金を稼いで貯めたのは曹準好だけだった。 彼は日本とイギリスに留学したエリートであり、並外れた頭脳を超えた素晴らしい「心」を持っていました。 朝鮮植民地のアリは、1936年の日本でのクーデター後の「奈良」の存続を心配したとき、「パニックで売る」ことを続け、自分たちで「回復」し、20以上の利益を上げました。現在の市場価格で10億ウォン。 。 また、曹準好は時間に応じて投資先を多様化し、朝鮮戦争直後にレンガ造りの庭を建てて大金を稼いだ。 このため、彼は「投資の神」と呼ばれています。

この本はお金を稼ぐための多くの方法を提示しますが、失敗の唯一の公式があります。 それはもう少しだけで、あなたはすべてを失います。 1900年代に活躍したチャンが米先物市場の現在の市場価格で数百万ウォンを300億ウォンに変えるのに2年もかからなかった。 しかし、過剰投資した後、彼はすべてのお金を失い、先物取引所を旅行中に亡くなりました。

朝鮮の歴史を通して、同様の事件が繰り返されてきた。 ゴリダエを動員して購入した漢陽の100階建てのタイルハウスは、1年で「箱」になり、缶がいっぱいで、ユ・マンジュ、ウングァン、ボーは銀色でした。 帝国主義の例として、植民地時代の朝鮮には、帝国が横行し続けることを期待して戦争関連の株が一掃されたために一生「生きた」アリの例が無数にあります。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。