『BL Webtoon dramatization』のトレンド…キダリスタジオのコンテンツも次々と並んでいます

BLシアター業界のリーダーとして前進することは明らかです。

Kidari Studioは、ウェブトゥーンやウェブ小説などのコンテンツを通じて、国内のBL市場を成長させ続けています。 前半にリリースされた「BoardingHouseOh!Bungie」から、後半にリリース予定の「Oh My Mother-in-law」、「Happy Merry Ending」まで、ユニークなコンテンツをラインナップしていく予定です。 。

キダリスタジオの担当者は、「魅力的なキャラクター、正直で弾力のある感性、そして原作で読者を興奮させた没入型の物語は、ビデオ制作プロセスに反映されました」と述べました。 競争力をさらに強化している」と語った。

まず、3月にリリースされた「Boarding House Oh!Bungie」は、7月上旬に130万回以上再生された有名なオリジナルウェブトゥーンを脚色したものです。 一夜にして5番の寄宿舎のオーナーになったソルウォンと個性の強い寄宿生とのロマンス。 韓国を代表するBLドラマ制作会社であるエモーションスタジオと共同制作したBLシットコムで、ドラマ終了前月比でウェブトゥーンの売上が300%以上増加した。 シリーズ8に加えて、劇場版でも制作され、第26回富川国際ファンタスティック映画祭に招待されるという偉業を成し遂げました。

224万回以上の視聴回数を記録し、基本IPであることが証明された「ああ、義父」は、原作の詳細をそのまま編集し、ポストプロダクションを進めています。 優れたスキルと素晴らしい美しさを組み合わせたコミックメロドラマのラブストーリー。 FT Islandのボーカリスト、ソン・スンホンと新進気鋭の新人ゴ・チャンビンとナム・ユンソンが力を合わせて、オリジナルの世界観を継承します。 特に「お父さん」は韓国以外の日本市場をターゲットにしています。 31日、新宿でファン向けのエピソードのプレビューとソン・スンヒョンとの特別イベントが予定されています。

『Happy Mary Ending』は、2018年から2年間連載され、ファンからも長い間支持されてきた同名のウェブトゥーンを脚色したものです。 最初の出会いから音楽で知り合い、音楽で再び親密になり、傷を癒す二人の主人公の温かい物語は、コンセンサスを高めるはずです。 現在、キャスト確認後、下半期にスタートする予定です。 ビデオ、デザイン、パフォーマンスなど、さまざまなコンテンツの制作で確固たるキャリアを築いてきた制作会社、ワンポイントメディアと共同制作。

これに加えて、キダリスタジオはその豊富な知的財産を利用して作品を企画・開発しています。 徐々に市場を拡大しているBLコンテンツは、個性的な素材と差別化されたアイデンティティを備えたカラフルな作品を常に発表する予定です。 ビデオコンテンツ本部長は、「今後も原作をベースに戦略的に映像制作に取り組み、BLコンテンツの活性化に応じてあらゆる可能性を広げながら、市況に柔軟に対応していきます。私たちの無限の想像力と競争力で扉を開き、業界のリーダー的地位を確保します。

エンターテインメントニュースチーム、ジョー・ヨンギョン記者cho.yeongyeong@jtbc.co.kr(コンテンツビジネスヘッド)

広告

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。