『ヌリホ』が成功した後の空腹の日本…「韓国で独自に開発されたのではないか?」 デフォルト


全羅南道高興郡羅老宇宙センターで21日午後、国内技術で開発された韓国のヌリロケット(KSLV-II)の2回目の打ち上げが行われる。


「ぬりほ」が成功した後の空腹の日本...
研究者たちは、韓国初の純粋な国内技術で作られた宇宙発射装置「ヌリ」(KSLV-II)が首尾よく打ち上げられた21日、大田にある韓国航空宇宙研究院の衛星制御センターで拍手喝采を送りました。


「ぬりほ」が成功した後の空腹の日本...
全羅南道高興郡宇宙打ち上げ天文台から、21日の朝に韓国のヌリロケット(KSLV-II)が打ち上げられるのを見る。

21日、韓国独自の技術で開発された韓国の「KSLV-II」ランチャーの2回目の打ち上げが成功したとき、日本のネチズンは「韓国の本来の技術ではない」と冷笑的な反応を示した。



その日、Nurihoのニュースは、日本の主要なオンラインポータルであるYahooJapanの国際ドメインで最も視聴されたニュースの中で1位にランクされました。 その日、地元の日本のメディアは、ヌリ船の進水に関するニュースを広く報道しました。 毎日新聞が配信したヌリホの記事には150件以上のコメントが寄せられています。 毎日新聞は、「米国、中国、欧州連合(EU)、日本、インドに次ぐ世界7位と言われています。 日本のネチズンは、「韓国の国内ロケットはまだ子供レベルにある」、「それは本当に独立した開発なのか」と答えた。 「、「ロシアの技術、独立した開発ではない」、「日本で報告する必要はない」。

韓国のネチズンは、「いつか半導体のように一掃される時が来るだろう」、「すべてが製造工程から韓国によって開発されたのは事実だ」、「日本はもはや韓国の競争相手。」



韓国のヌリロケット(KSLV-II)に搭載された性能検証衛星と衛星モデルは、打ち上げ2日目に軌道に着陸しました。 これにより、大韓民国は宇宙大国となり、独自の技術を備えた宇宙ロケットで1トン(t)を超える実用規模の衛星を打ち上げる世界で7番目になりました。

ヌリは、純粋な国内技術で設計および開発された最初の宇宙発射装置です。 2013年に3回目の打ち上げに成功したヌリの第2ステージ(KSLV-I)のみが国内技術で開発され、第1ステージはロシアに依存していた。

対照的に、国内の研究者は、衛星を打ち上げた75トン(t)7トンの液体燃料エンジンから、打ち上げロケットに搭載された衛星を保護するカバーであるシュラウドまで、ヌリのすべての基本技術と機器を開発しました。 特に、来たる大小のロケットの開発に継続的に使用できる75トンエンジンの性能を実証することで、将来の宇宙開発の基盤を築いたと評価されています。 Park Sang-gil、パーソナルレポーターsweatsk@dt.co.kr

[저작권자 ⓒ디지털타임스 무단 전재-재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。