『チップ4』甘いまじか…「特許や技術移転などの実用的な利益に参加して世話をする」


▲ 初訪韓したバイデン米大統領が20日午後、ユン・ソクヨル大統領とともに京畿道平沢市にあるサムスン電子の半導体工場を視察している。

米国が主導する半導体サプライチェーンの諮問機関であるいわゆる「チップ4アライアンス」に政府が参加する意向を効果的に示したことで、米国との本格的な「プッシュアンドプル」が始まろうとしている。 . 専門家は、チップ 4 を米国と中国の間の代替案と見なさないようにアドバイスしています。
外交部は8日、韓国もチップ4の事前会合に参加する意向を米国に伝えたことが8日、知られている。尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領は同日、龍山(ヨンサン)大統領府に向かう途中、こう語った。 「あまり心配しなくても、国益を守るため、関係部署と慎重に監視・協議していく」とチップ4への参加を表明した。
チップ4アライアンスとは、米国が3月に提案した「東アジア半導体サプライチェーンネットワーク」を指す。 韓国、日本、台湾が参加する枠組みです。 アメリカはシステム半導体の設計、韓国や台湾は生産、日本は材料など。 米国は今月末か来月初めに予備的な実務者会議を開催する予定であると報じられている。 準備会議では、チップ 4 の詳細な議題と参加レベルを詳細に調整する必要があります。

米国と中国に挟まれた韓国にとって、チップ4同盟への加盟は難しい状況だ。 韓国政府は、中国の反応を踏まえて慎重な対応を取っていると伝えられている。 中国は韓国最大の半導体輸出国です。 輸出比率も高い。 昨年、韓国の対中輸出比率は25.3%で、米国(14.9%)より10.4ポイント(p)高かった。 中国が半導体原料の輸出を制限し、韓国に経済報復を加えるのではないかという懸念もある。 大統領府は、予備会議の日付と、将来的にチップ4に正式に参加するかどうかは決定されていないと一線を画しています.

▲ 米中対立 ⓒ 聯合ニュース

ただし、専門家の間では、4 チップのサブスクリプションは実際には選択の問題ではないという意見が支配的です。 スーパーギャップ技術を基盤に半導体大国としての地位を確固たるものにしようとしている韓国が、半導体分野での協力強化の提案を拒否するのは容易ではないという。現場で。 世界的な技術の覇権をめぐる激しい競争の中で、半導体設計の世界。 延世大学校のソン・テユン経済学教授は、「チップ4同盟はわが国にとって重要だ」と述べた。 人民力のアン・チョルス議員も4日、フェイスブックに「チップ4の入会申請を却下するとき、我々が耐えなければならない国益の損失の程度を考慮しなければならない。方法。」 「解決策が見つからない場合は、米国のニーズを満たすことに力を注ぐべき時ですが、利益を最大化し、副作用を最小限に抑える対策を準備する必要があります。」
次世代半導体のサプライ チェーンに参加し、その標準と技術資産から疎外されないためには、4 チップ サブスクリプションが不可欠であるという声もあります。 ソウル大学のソン・ハンギョン経済学教授は、「チップ4同盟は今後拡大する可能性がある。
4 チップのサブスクリプションが私たちの活動の範囲を狭めるのではないかと心配する人もいます。 韓国産業経済商工研究院のキム・スドン研究員は、「4チップ加入は我々にとって『負け試合』だ。 キム研究員は、「(したがって)チップ4に参加することで得られるものを手に入れなければならない」と指摘し、「チップ4では、先進的で独自の技術の移転または共有を受けなければならない(アメリカ)」と指摘した. 彼は「台湾と日本は我々と競争しているから、我々の技術に対する反撃もあるかもしれないが、最終的には交流だ。先進国から得られるのは技術の移転だけだ」と語った。 パートナー国間のロイヤルティの障壁を取り除くなどの要求を行う必要があります」と彼は付け加えました。

キム研究員は「韓国企業の中国における将来の半導体工場拡大に向けた設備・材料の安定供給を加盟条件として保障すべきという米国の同盟推進の趣旨と矛盾する。 チップ4」とキム氏は語った。

▲ ユン・ソクヨル会長の出勤途中のインタビュー ⓒ聯合ニュース

ソン・ハンギョン教授は、「チップ4に参加することで得られることがたくさんある」と述べ、「米国はハイテクの絶対的な大国であるため、ルールが最大化される前に、できるだけ早くそこに行く必要があります。国益。” 宋教授は「我々の場合、半導体関連の人手不足は深刻だ。 チップ4加盟国同士の人的交流もwin-winの条件になりえます。

オルタナティブな問題で、中国との関係は行き過ぎる必要はないという声もある。 Sung Han-kyung 教授は、「米国の意図は最終的に中国を半導体サプライチェーンから排除することかもしれないが、米国は中国を排除することをまだ正式に発表していない。 「チップ 4 は常に協力に重点を置いています。 パートナー国間で、先回りしてやりすぎる必要はありません。 Sung 教授は次のように述べています。中国との協定(FTA)だ」と語った。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。