「VTGMP、日本の化粧品の売り上げが急上昇」-KB証券










VTコスメティックスの日本市場における売上とシェア。 写真=KB証券

VTコスメティックスの日本市場における売上とシェア。 写真=KB証券

[파이낸셜뉴스] KB証券は12日、日本の化粧品市場での販売が好調に伸びていることと、VTGMPのオフラインチャネルの拡大に注目すべきだと発表した。 投資意見は提供されていません。

KB証券のキム・ヒョンギョム研究員は、「VTGMPは、化粧品、バイオ、ラミネーション、音楽企画、メディア取引、仮想資産(NFT)、二次電池、水素燃料電池発電など、さまざまな事業を行っています。 「化粧品事業(VTコスメティックス)は韓国だけでなく、日本や中国にもある。

「子会社の VT Bio (48.06% の株式) は、新しい天然物の開発を通じて、アルツハイマー病やその他の疾患の治療法を開発しています。」

VTGMPは第1四半期の売上高が573億ウォン、営業利益が82億ウォンで、昨年同期より29.17%、35.68%増加した。 主な事業である化粧品とアルバム販売は、それぞれ24.33%と33.47%増加し、成長を牽引した。

キム研究員は、「最近の日本での韓流の中で、VTGMP は 2020 年の 105 億ウォンから 2021 年には 607 億ウォンに飛躍的な飛躍を遂げた」と述べ、第 4 四半期には 215 億ウォン (85%) の売上高を記録しました。 )、成長を続けています。

また、「2022年上半期の日本のマスク輸出額は3070万ドル(400億ウォン)で、前年同期比49.7%増。。 ‘5月末)、出店完了など、オフラインチャネルの拡大に注目。 今後もラインアップの拡充や新ブランドの立ち上げ、健康機能食品の投入などにより、急速な売上拡大が見込まれます。

子会社や新会社にも注目。

Cube所属のアイドルグループEnter(G)I-DLEのワールドツアーはアメリカを中心に18地域で行われており、売上の伸びが期待される。 新規事業としては、インダクションローラー(二次電池セパレータの圧延工程)やルーデノックスヒーター(二次電池の効率向上)など、既存の圧延技術を応用した事業があります。 また、日本のバイオ・仮想通貨のオンライン・オフライン流通チャネルとの連携による相乗効果も期待されます。

dschoi@fnnews.com チェ・ドゥソン記者








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。