「Nuriho」の成功の中で「ChildLevelStill」と「RussianTechnology」について冷笑的な日本のネチズン

ヌリは全羅南道高興郡の羅老宇宙センター発射台から21日午後に発射されます。高興=オ・スンヒョン記者

国内技術で作られた韓国のヌリロケット(KSLV-II)の打ち上げに成功した韓国は、実用的な衛星を宇宙に投入する世界で7番目の国になりました。

21日(現地時間)には、日本の共同通信社などの地元メディアも、ヌリの打ち上げの成功に大きな関心を示し、関連ニュースに重きを置いた。

毎日新聞はヌリの打ち上げが成功したことを報告し、産経新聞も尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領からオンラインでお祝いのメッセージを送った。

同日、ヌリの立ち上げ成功のニュースは、日本のオンラインポータルであるヤフージャパンの最も視聴された国際ニュースで第1位にランクされました。

毎日新聞のぬり号の記事には200件近くのコメントが寄せられましたが、日本のネチズンの反応はまちまちでした。

一部のネチズンは、「独立した開発は本当に本当なのか」、「独立して開発されたのではなく、ロシアの技術だ」、「韓国のロケットはまだ子供たちにある」、「なぜ日本でこれを報告しているのか」などの冷笑に反応し続けた。

一方、他のタイプのネチズンも、「韓国製のヌリの2回目の発売だけで完全に成功した」、「「シェアが今上昇することを願っている」など、ヌリの発売を祝うレビューを投稿しました。

一方、全羅南道高興郡羅老宇宙センターの第2発射台を同日午後4時に出発した後、ヌリホは目標高度7000kmまで安定して上昇し、性能検証衛星を目標軌道に着陸させた。 。 最初の打ち上げで失敗した衛星の軌道速度も目標の7.5km/sに達しました。

2010年3月現在の予算は約1.95兆ウォンのヌリは、1.5トン級の実用衛星を低軌道(600〜800km)に投入することを目的に設計された。 その間、約250人が研究開発に投資され、ヌリの設計、製造、テスト、発売、運用の全プロセスが国内技術で実施されました。 75トンの液体エンジンや大型の酸化剤タンクなど、ヌリホを構成するコア技術はすべて国家開発チームの研究成果物です。

この打ち上げの成功により、韓国は実用的な衛星を宇宙軌道に乗せることができる7番目の国になりました。 宇宙ランチャー技術は、宇宙時代への足がかりとなる重要な技術です。 確かに、それは独立した宇宙輸送能力を保証し、国家宇宙開発の安定した実施のための基礎を築くことができます。 過去には、大陸間弾道ミサイル(ICBM)技術に転用される可能性などの軍事的懸念から、国間の技術移転は禁止されていました。 それは、独自のホームテクノロジーのみに依存して開拓される必要のある分野でした。 そのため、この成果はさらに貴重です。

打ち上げ後、羅老宇宙センターのプレスセンターで行われたブリーフィングで、科学大臣とICTのイ・ジョンホ氏は、「これは、最初の科学観測ロケット「サイエンス1」の打ち上げからちょうど30年後の成果です。 、1993年6月。」 これは科学技術の歴史だけでなく、韓国の歴史においても記念碑的な瞬間です。」

< Détenteur des droits d'auteur ⓒ Seoul Economic Daily, réimpression et redistribution non autorisées interdites >

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。