「MZ Wannabe」アイヴ、日本を魅了…チャート1位+紅白歌合戦出場


[SBS 연예뉴스 ㅣ 강경윤 기자] 「MZワナビーアイコン」アイブ(IVE:アン・ユジン、ガウル、レイ、チャン・ウォニョン、リズ、イセオ)が今年日本で目覚ましい活躍を見せた。

Ive は、日本のさまざまな音楽チャートやアルバム チャートで発表された年間指標で重要な結果を達成することで、彼のグローバルな影響力を証明しました。

初のシングルアルバム「ELEVEN」は、日本の音楽売上のベンチマークであるタワーレコードが選ぶ「2022 Best Sellers K-POP Single TOP 10」に選出された(11月13日1位)。 また、昨年10月には日本レコード協会が選ぶ「ゴールデンレコード(出荷枚数10万枚以上のアルバムに贈られる)」にも選ばれました。

Amazon Music Japanの「2022 Best of K-POP」では、「Eleven」が24位にランクイン。

また、「Eleven」はビルボードジャパンの「2022 Best Singles of the Year(12月21日~11月22日集計期間)」で62位、「Hot 100」で62位、「Streaming Songs of the Year 2022」で43位にランクインした。 」、「2022年のダウンロードソング」は97位にランクイン。

「LOVE DIVE」の続編も光った。 「Eleven」に続いて「Love Dive」は、タワーレコードが選ぶ「2022年ベストセラーK-POPシングルTOP10」で5位にランクインするポテンシャルを見せた。 ビルボードジャパンの「2022年のホット100」で69位、「2022年のストリーミングソング」で50位にランクインした。 JOYSOUNDの「韓国年間K-POP 2022ジョイサウンドカラオケランキング」日本でも5位にランクイン。

Amazon Music Japanの「2022 Best of K-Pop」で9位にランクイン。

「After LIKE」でも韓国と同様に3連打本塁打を放った。 タワーレコードが選ぶ2022年ベストセラーK-POPシングルTOP10では、「After Like」が「Eleven」「Love Dive」に続き6位にランクイン。

特に「After Like」は、Amazon Music Japanの「2022 Best of K-pop」で1位にランクインするなど、今年日本で最も愛されたK-popミュージックとなった。

Ive グループ自体の存在も明確に刻印されていました。 日本のローカル音楽サイトAWAの「2022年に音楽を始めたTOP10アーティスト(集計期間11月21日~10月31日)」で5位にランクイン。 また、ビルボードジャパンの「アーティスト100」では29位にランクイン。

目覚ましい実績で世界的な影響力を証明したアイブは、昨年10月に日本で正式デビューし、本格的な日本活動のロケットを打ち上げた。 これにより、今後日本でどのような活動を見せていくのか注目が集まっています。

そんな中、31日(土)には日本でも大活躍し、K-POPを代表するグループとしての地位を確立したIveが、年末のNHK日本最大のミュージカル番組「紅白歌合戦」に出演する。 .

写真提供: スターシップ エンターテイメント

kykang@Sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です