「Google、韓国の開発者と韓国の市場を尊重して…スタートアップのエコシステムをサポートするために腕を上げてください」

「Googleが国のスタートアップエコシステムを支援するために介入したのは韓国で初めてでした。重要なことに、韓国市場と韓国の開発者への敬意があったため、それが可能でした。」

グーグルコリアのマーケティング責任者であるシン・ギョンジャ(エグゼクティブバイスプレジデント)は、グーグルが韓国のスタートアップや開発者を見つけ、さらには世界市場で前進するのを助けるために「ウィンドウプログラム」を作成した理由を説明した。 「startup」と「gu」の略である「window」プログラムは、Google、中小ベンチャー企業省との国内アプリケーションおよびゲーム開発者のコ​​ンテンツの進歩と海外市場への参入をサポートする開発者成長支援プログラムです。 、およびスタートアッププロモーションエージェンシー。 2019年の立ち上げ以来、今年で4回目となり、韓国のスタートアップ業界に新たな風を吹き込んでいると考えられています。 特に、Googleが特定の国でスタートアップを発見するのを支援したのは韓国が初めてでした。 グーグル本社は韓国のウィンドウプログラムのパフォーマンスを高く評価し、今年インドで同様のプログラムを開始したと言われています。 韓国のウィンドウプログラムの結果はGoogleで広まっています。

シン氏は、「グーグルの基本理念は開放性と共存であり、特に韓国では、イノベーションの程度と影響力、そして数値の面で世界を鼓舞するレベルに達していると評価されている。サムスンとのウィンウィンシナジーと韓国の創設者と開発者に対するグーグルの強い関心に基づいてウィンドウプログラムを開始する。」 「ウィンドウプログラムは、主な仕事に加えて、ウィンウィンの面でグーグルコリアの若い従業員によって強力にサポートされています。これは私たちの2回目です」と彼は言いました。 シン監督は、ウィンドウプログラムの初期計画と運用を担当しています。

ウィンドウプログラムは、全国的なスタートアップエコシステムの流れを読み取ることができる「トレンドセッター」としての地位を確立していると評価されています。 第3期までのウィンドウプログラムに参加した開発者は、プログラムに参加した後、2012億ウォン(累積ベース)の投資を集めました。 Googleの全面的なサポートにより、海外市場の拡大が70%増加し、新規ダウンロードが140%増加しました。

グーグルによると、韓国のスタートアップが海外に進出するための有望な分野は何ですか? シン総支配人は、「ゲームにおいては、米国だけでなく南米でも飛躍する大きな可能性を秘めている」と語った。 「オフラインビジネスを考えていて、日本と東南アジアで段階的にグローバル市場で前進することを考えているなら、それが市場かもしれません。

優れた製品とサービスがあれば、世界中のどこでも競争力を発揮できます。シンCEOは、国内の新興企業には無限の機会があると信じています。 シン監督は「これまでは帽子を作って世に出すのに手間とお金がかかっていたが、デジタル市場の到来とともに、中間段階ですぐにユーザーと出会える時代が到来した。 。そして、製品が良い限り、互いに競争する」と語った。20年前のパラダイムと比較すると、これは、今日の若者の創設者と開発者にとって新しい機会があることを意味する。

彼は続けた。「ゲームと教育を組み合わせたサービスも有望な分野として浮上しています。 有望なセクターをセクターごとに分析することは重要ですが、海外で成功した国内のスタートアップを見ると、早期に海外事業に備えることも効果的です。 “彼は言った。

Google Playは最近、4番目のウィンドウプログラムに選ばれた開発者を発表し、本格的にサポートを開始しました。 選ばれた開発アプリケーションの中で、△Let’s Go(Let’s Go)△BetiaEnglish(Walnut Labs)△Sylvia(Sylvia Health)は、その実用的で独創的なコンテンツとそのサービスの高い完成度で審査員から賞賛され、 「トップ3」。 選択されました

第4回ウィンドウプログラムでは、ドキュメント評価、アプリケーションコンテンツデモ評価、アプリケーションコンテンツデモ評価の3段階の選考プロセスを通じて、合計80名の参加開発者が選出されました。コンテンツの完全性、イノベーション、およびグローバルな進歩。

シン監督は「第4期に選ばれた80人の開発者の顔を見ると、韓国の新興企業の事業領域が多様化していることがわかる。

[황순민 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。