「eスポーツのメッカ」…今年下半期にポジションを固める











‘2022MSI’のホスティングの成功に続いて
日韓鉄拳7試合、プレジデンシャルカップなど
ゲームシティブランディングの差別化「ブースト」
市民参加と人材育成

観客は、5月に釜山で開催されたリーグオブレジェンド2022ミッドシーズンインビテーショナル(MSI)予選で試合を観戦します。 釜山市提供

観客は、5月に釜山で開催されたリーグオブレジェンド2022ミッドシーズンインビテーショナル(MSI)予選で試合を観戦します。 釜山市提供

今年前半にリーグ・オブ・レジェンド2022ミッドシーズンインビテーショナル(MSI)の開催に成功し、ゲーム都市としての地位を確固たるものにした釜山市では、スタジアムを中心としたさまざまなイベントやプログラムが開催されます。今年の半分。

19日の釜山市によると、下半期にはeスポーツ大会、キャリアデザインとそれに関連する人材育成、グローバル交流とイベントの4つの分野で合計17のイベントとプログラムが推進されます。釜山eスポーツスタジアムへ。

開幕初のイベントとして、22日午後6時、ブレンナで「eスポーツナイト(TEN)22シーズン韓国-日本試合」に出場する韓国代表選抜試合が開催される。

8月に予定されているTEN22シーズンの日韓試合は「鉄拳7」イベントの一環として開催され、昨年の2試合で苦戦を強いられた今年も日本と対戦することで注目を集めている。年。 。

また、昨年釜山地域が総合2位を獲得した「KeGプレジデンシャルカップ全国アマチュアeスポーツ大会」や、今年初めて開催される「国立大学eスポーツリーグ」も今月開催されます。

8月には「釜山首都圏市長全国eスポーツ大会」と今年で5回目となる「高校eスポーツ大会」が8月に開催されます。 どちらのイベントも、参加者の挑発的なビデオやメンターとして参加しているインフルエンサーのメンターのビデオなど、さまざまなコンテンツを含むユニークなイベントとして準備されます。

9月には世界126カ国のeスポーツリーダーが参加する「ワールドeスポーツサミット」と釜山を拠点とするeスポーツクラブスポーツ「ライブサンドボックス」とのファンコミュニケーションイベントが開催されます。 。

10月には、大企業や大学とライバル構造を組み合わせて注目を集める「eスポーツライバル」と、著名人のチームが参加する「eスポーツチャレンジトーナメント」が開催されます。場所。

11月には、ゲームのメッカ武山を宣伝するためにすでに世界を巡回している国際ゲーム博覧会「2022 G-Star」と、親子でeスポーツを通じてコミュニケーションできる体験イベント「FamilyeSportsFestival」が予定されています。家族全員。

また、8月から毎月「eスポーツトークショー」を開催し、さまざまなポジションのeスポーツ専門家を招き、eスポーツ業界の現状や展望を共有しています。eスポーツ。 昨年の交換試合でのアメリカの大学と韓国の大学の親善試合は、国内外で大きな注目を集めた。

eスポーツエコシステムを構築するために、キャリアデザインとeスポーツ労働力トレーニングプログラムも実施されます。 「武山eスポーツ専門研修コース」「eスポーツキャリア体験プログラム」「eスポーツ選手や大学生・高校生向けキャスターなどのeスポーツ業界団体を体験するプログラム」「eスポーツ」さまざまな支援プログラムを提供し、武山eスポーツ選手アスリート育成プログラムや「eスポーツクラブ支援プログラム」として登録を推進しています。

釜山市長のパク・ヒョンジュン氏は、「今年の前半、eスポーツのメッカである釜山は、MSI 2022を通じて世界に感銘を与え、ゲームや電子スポーツを通じて都市のブランド効果の恩恵を受けた。 スポーツ大会とコンテンツを組み合わせたプログラムを紹介します。「差別化されたeスポーツプログラムを企画・運営することで、釜山だけでなく国内外のeスポーツ産業の発展をリードしていきます。 釜山ならでは。

Defrost@fnnews.comレポーターRohDong-gyun








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です