「2番目のHuaweiはありません」…「Chip4Alliance」に対する中国の半導体対応戦略?

◀アンカー▶

いわゆる「チップ4アライアンス」は、韓国、台湾、日本が米国のリーダーシップの下で共同で推進している半導体アライアンスです。

これは、先進的な半導体国を結集することにより、中国を効果的に封じ込め、市場から隔離する試みです。

それに応えて、中国の大手コンピューター会社でさえ独自の半導体を開発しているが、まだ長い道のりがあるので、彼らはアメリカの試みに対する不安を隠さない。

特に中国は、韓国が「チップ4アライアンス」に参加するかどうかを引き続きチェックしている。

北京の特派員イ・ヘイン。

◀レポート▶

北京のHuaweiストア。

町の最もにぎやかな場所でさえ、顧客はいない。

Huaweiは世界のスマートフォン市場でSamsungとAppleに追いついたが、米国の制裁が半導体の輸入を阻止したため、その市場シェアは低下した。

2019年に17%に上昇した世界市場シェアは、部品が入手できず、新製品の発売が困難であったため、昨年は3%に低下しました。

Huaweiの崩壊を目の当たりにしている中国のIT企業は、独自の半導体の開発を競っています。

アリババ、テンセント、バイドゥに続いて、「TikTok」ビデオプラットフォームの親会社であるByteDanceも半導体への投資を開始し、スマートフォンメーカーのXiaomiとOppoも独自の半導体ドライバーを設計しています。

[고영화/중국 한국창업원 원장]
「中国は、半導体を一緒に作ることができる中国の同盟国の中に同盟国を持っていません。それが自給自足でなければならない理由です。それは私たちとは異なります。」

韓国には半導体設計企業が100社しかなく、2,800社が「半導体開発」を加速させています。

しかし、品質の面では、まだ最高レベルに達していないという明確な限界があります。

そんな中、米国が韓国、台湾、日本と進めている「チップ4」半導体同盟は、米国主導の半導体の先進国を団結させて中国を孤立させようとする試みと見られている。

一部の国営メディアは韓国を指差して、中国と香港が韓国の半導体輸出の60%を占めていると述べ、「チップ4アライアンス」への参加は「自殺」であると主張した。

[자오리젠/중국 외교부 대변인(19일)]
「(国は)世界の半導体産業とサプライチェーンを安定させるために多くのことをする必要があります。」

サムスン電子とSKハイニックスも中国に現地工場を持っているため、「チップ4アライアンス」への参加の問題は、過去のTHAADのような中韓関係のターニングポイントになる可能性があることも観察されている。

北京のMBCニュースのイ・ヘインです。

ビデオ取材:さらば(北京)/ビデオ編集:イ・ジョンソプ

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。