「韓国は勇敢で、日本は臆病でした」とブラジルのジャーナリストが直接攻撃しました:: Empathy Media News Agency ::

記事の概要

韓国は多くを失ったが、評価前に感覚をうまく利用して問題を見つけようとした

日本は勝ち負けに夢中になっていたため、強いチームと対峙する方法を見つけることができませんでした。



[서울=뉴시스] 記者スジョン・ジョ=ソウルのFIFAワールドカップスタジアムでソウルの麻浦区に行われた韓国とブラジルの親善試合で、韓国とブラジルが1対5で対戦した後、ソン・フンミンとブラジルのネイマーが挨拶を交わした。 2日の午後。 ネイマールは孫興民に裸足で挨拶した。 2022.06.02。 chocrystal@newsis.com


[서울=뉴시스]パク・サンヒョン記者=「韓国は勇敢だったが、日本は臆病でワイルドだった。どのチームが審査戦から最も恩恵を受けたかは明らかだ」

韓国と日本に対するブラジルの評価試合をすべて見たブラジルのジャーナリストは、相反する評価を行った。 日本のサッカー雑誌は、日本を切り下げながら韓国を賞賛した。

日本のサッカー雑誌「サッカーダイジェスト」は10日、フリーランスのジャーナリスト、リカルド・セティオンのコラムを公開した。 サッカーダイジェストによると、セティオンはフリーランスのジャーナリストとして働いており、大学でスポーツマネジメントと心理学を教えている教授でもあります。

ジャーナリストのセティオンは、「アジアのブラジルサッカーチームの前半と後半は大きく異なっていた。ソウルでは、前半は素晴らしく、素早い、ゴール志向だったが、東京では、寒く、重く、痛みを伴い、痛みを伴う後半」と述べた。

ジャーナリストのセティオンは、「韓国は前半、ほぼ良いペースでブラジルと戦った。しかし、ネイマールにペナルティを与えることで緊張が緩和されたかのように崩れ、最終的には1-5で終わった。結果は出たが、韓国はそれほど負けるチームではなかった」と語った。 「何よりも、ファン・ウィジョのゴールはポルトガルの匂いがするゴールだったが、それはパウロ・ベントがポルトガル人だからかもしれない。」

しかし、記者セティオンは日本を批判した。 ジャーナリストのセティオンは、「日本はブラジルを完全な防御と危険なファウルで扱った。彼らは多くのゴールを認めなかったが、ゴールもシュートもなかった」と語った。

Associated_image

[도쿄=AP/뉴시스] ブラジルのフレッド(右)と日本の伊東純也は、6。2022.06.10に東京の国立競技場で行われた評価試合でボールを争いました。

ジャーナリストのセティオンは、「韓国は勇敢に戦い、劣っていても暴力的なファウルを犯すことはなかった。このため、ブラジルに有利になり、韓国はいくつかの目標を認めた」と続けた。 勝っても負けても構いません。 韓国はそれを見つけるために大きなリスクを冒しました。 一方、日本は問題を隠すためにカモフラージュし、一気にブロックしました。

また、記者のセティオン氏は、「弁当はブラジルとの評価試合の意味を十分に理解している。多くのことを学んだと述べた。一方、日本は臆病者のようにプレーすることで重要な機会を失った」と語った。過去からですが、ブラジルの創造性を壊して強いチームを管理する方法を学ぶ機会をあきらめました」と彼は付け加えました。

◎SympathyMediaNewssistankpark@newsis.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。