「韓国の輸出制限、成功した脱日本化…経済安全保障の脅威」読売

[서울=뉴시스] 日本のジャーナリスト、イ・ヒョンミ=朝日新聞は30日、安倍晋三前首相が決定した韓国の輸出規制が実現しなかったことを指摘し、経済制裁や輸出規制を決定する際には注意が必要だと報じた。

同紙は、韓国最高裁判所が強制労働の犠牲者の補償を決定した後、2018年から2019年の間に日韓関係が悪化し、当時の安倍政権が韓国に対する報復として半導体材料の輸出を制限することを決定したことを想起した。 私が負けていたら。

当時、安倍政権は、フォトレジスト(フォトレジスト)、高純度フッ化水素、フッ素化ポリイミドの3品目を韓国に輸出するたびに、地元企業に政府免許の取得を求めていた。 日本の経済産業省は韓国を優先輸出リスト(ホワイトリスト)から除外しました。

その結果、2月下旬に韓国の商工エネルギー省が発表したデータによると、韓国の製造業のコア材料を含む100品目の日本への依存度は、2019年の30.9%から2021年には24.9%に低下したと報告しています。新聞。 日本が輸出制限を課している3つの品目のうちフッ化水素の場合、輸入は66%減少し、2019年の3,630万ドルから2021年には1,250万ドルになりました。

表面的には、韓国政府の指導の下、「日本を倒す」ことに成功したようだと新聞は判断した。

文在寅元大統領も9日の記者会見で、「日本の不当な輸出規制による危機を、国民の団結力で克服したことを忘れない」と語った。 ウシ、部門、腸の産業は製造業の競争力の強化につながった」と彼は述べた。

同紙は、「(韓国は)第三国を経由した日本企業の輸入に遅れをとっている。これは行動と言える」と述べた。

同紙によると、韓国の企業関係者によると、輸出規制対象の3品目を生産している日本企業も、韓国で現地生産を開始したと報じた。 一方で、最先端の技術漏えいに警戒することはありませんでしたが、規制の強化により輸出が困難になり、現地生産を開始しました。

韓国外務省当局者は、「日本政府の輸出規制により、日本企業の韓国への参入が促進された。

新聞は、韓国と日本企業が第三国を経由して貿易を開始し、韓国で現地生産を開始したという事実は、日本と韓国の経済が非常に相互依存していることを示しており、

同時に、日本政府による輸出規制の強化は、皮肉にも日本に新たな経済的および安全上のリスクをもたらすと述べ、台湾は日本に警戒​​しているとも述べた。

◎交感神経メディアニューシスalways@newsis.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です