「韓国、胃がん治療で世界1位」…ウ・ヨンウ発言は本当か : ソウル経済日報

韓国の胃がん、5年純生存率68.9% OECD統計「No.1」

発生率は世界でもトップクラス… 塩辛い食べ物や焼き物が原因

健康診断の一般化による高い発見率と治療成功率

奇妙な弁護士のウー・ヨンウ。 写真=物語

時事ドラマ「怪しい弁護士ウ・ヨンウ」で弁護士チョン・ミョンソク(カン・ギヨン分)がステージ3の胃がんを患った事実が描かれ、胃がんは突然だったという論争で胃がんへの関心が高まった。発達。 .

11日に放送された14話でチョン・ミョンソクは、自分を訪ねてきた弁護士たちの前で電話で「韓国は乳がんの治療が世界一と言われている.胃.そして. 4回目じゃなくて3回目だからいいから心配しなくていいよ」 彼は不安を隠すのに苦労した。

しかし、ウ・ヨンウ(パク・ウンビン)は「韓国は胃がん治療で世界1位かもしれないが、3段階目だから万全を期す必要はない。 進行した段階で行われると再発の可能性が高くなるため、補助化学療法が推奨されます。 5 年生存率はわずか 30 ~ 40% です。

ドラマ「変な弁護士ウ・ヨンウ」スクリーンショット

韓国の胃がん発生率は世界で最も高い。

世界保健機関 (WHO) の国際がん研究機関 (IARC) の統計によると、2020 年には世界中で 1929 万人の新しいがん患者が発生し、そのうち 109 万人 (5.6%) が胃がん患者です。

特に、韓国の新規胃がん患者数は 28,713 人で、中国 (47,508 人)、日本 (138,470 人)、インド (6,222 人)、ロシア (37,364 人) に次ぐ 5 位である。

人口 10 万人あたりの胃がん発生率は、韓国が 27.9 で、モンゴル (32.5 症例)、日本 (31.6 症例) に次ぐ 3 位である。 韓国の胃がん発生率は減少傾向にありますが、2018 年には 10 万人あたり 39.6 件で世界第 1 位でした。

チョン・ミョンソク大使とウー・ヨンウ大使のように、韓国は胃がん治療で世界一なのだろうか?

がん治療の成功の度合いは、通常、がん患者が確定後5年間生存する年齢標準化された確率である「5年純生存率」で表されます。

経済協力開発機構 (OECD) が 2019 年に発表した健康と医療に関する報告書によると、韓国の胃がんの 5 年 (2010 年から 2014 年) の純生存率は 68.9% で、これは世界で初めてです。 . 日本 (60.3%)、コスタリカ (40.6%)、ベルギー (37.5%)、中国 (35.9%) が続く。

写真は記事とは直接関係ありません。 今日

保健福祉部と中央がん登録局が昨年発表した「2019年全国がん登録事業年次報告書」によると、韓国のがん患者の5年相対生存率は42.9%(1993~1995年)から着実に改善した。 ) は 25 年間 (2015 ~ 2019 年) で 70.7% に大幅に増加しました。 その中で、胃がんの5年相対生存率は同期間に43.9%から77.5%に改善しました。

アジアで胃がんが多いのは、塩辛い食べ物や焼き肉を好む食生活が原因であることが知られています。 国立健康保険病院一山外科のチェ・ソヒ教授は、聯合ニュースに「東アジアで胃がんの発生率が高い理由は、クラス1の発がん性物質であるヘリコバクター・ピロリによる成人の感染率が高いためです。 、「韓国は抗菌治療に積極的で、40歳以上の健康診断が一般的であり、胃がんは早期に発見されることが多く、その結果、検出率と治療成功率が高くなります。胃がんの生存率は通常、癌はステージ 1 で 90%、ステージ 2 で 70%、ステージ 3 で 40%、ステージ 4 で 10 ~ 20% です」と彼は付け加えました。

< Détenteur des droits d'auteur ⓒ Seoul Economic Daily, réimpression et redistribution non autorisées interdites >

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。