「遠隔治療、政府、医療界、業界は社会的合意を必要としている」 > ニュース

新型コロナウイルス感染症の影響で遠隔医療への関心が高まっていますが、施設化が比較的不十分なため、研究や社会的コンセンサスの必要性が生じています。

韓国保健医療研究院は、「施設化計画の探索」というテーマで第 6 回オンライン非接触医療サービス アプリケーション戦略フォーラムを開催し、韓国で対面式医療サービスを導入するための機関の指導に焦点を当てました。

「社会的に合意できる最小限の非対面治療で制度化されるべきです」

まず、「非対面診療サービス導入の制度化方向性」について発表した株式会社オープンルート代表のキム・ユソク氏は、非対面診療に対する現在の期待と懸念について説明した。韓国での対面施術。 遠隔治療には、医療アクセス、利便性と選択肢、および新しい技術を使用した医療サービスの向上が期待されていますが、安全性と有効性はまだ検証されておらず、医療提供システムの崩壊と医療費の増加により医療費が上昇していると彼は述べました。設備・機器の購入・管理コストが課題として挙げられています。

キム・ユシク院長は「2021年に一時的な遠隔治療を許可するなど、多くのパイロットプロジェクトが進行中であり、医療界も確認過程で合理的な代替案を模索している。医師の立場だ。 、製造業者および消費者。 リモートケアの制度化を促進することが望ましい。

社会的合意と施設化のための遠隔治療の最小モデルとして、 △軽度および慢性疾患の優先治療 △薬物および誤用や乱用が懸念される薬物の処方の制限 △遠隔対面治療への接触数の制限△一次医療機関△医師と患者との相談の上、医師が非対面治療を開始することを考慮して選択することをお勧めします。

また、△対面診療と同様の責任原則のもと、遠隔診療の特性や制約を考慮し、免除事由を追加△現在の料金水準を適用するが、内容に応じて適用を検討△個人の医療情報は、現行の医療法及び情報通信網に関する法律の対象となり、個人情報保護法等による保護及び管理が必要とされています。

「なぜ遠隔治療が必要なのかを根本的に考えなければなりません」

その後の討論会にパネリストとして参加した高麗大学安岩病院のユ・スンヒョン教授は、「遠隔治療に対する社会的合意が消え、人々はそれについて何度も話し合っている。 単に時代の流れであり、患者にとって便利であり、革新的だからです。 「このためのマスタープランを開発するアプローチは見たことがありません」と彼は言いました。

さらに、Yoo 教授は次のように述べています。 予防志向の社会への移行を後押ししてくれました。 私は方法論的な部分だけを扱い続けており、なぜこれを根本的に行うべきかについての考えが欠けているようです.

また、リモート処理の拡大に慎重すぎるのではないかという反論もありました。

韓国保健福祉研究院のキム・デジュン研究員は「韓国のICTインフラは世界最高水準に構築されているが、サービス面では外国企業に取って代わられている。1000万枚の処方箋が発行された。今年の1月から5月にかけて韓国で発行された「対面治療が受けられない」という安全性や有効性への懸念が多く、全体の3.6%を占めており、安全性や効率性について語る時期に来ていると思います。

韓国保健医療研究院のキム・ヒソン准研究員は「最近日本のデータを見て何かを感じた。日本がしっかりした国だからか、保健福祉部がいろいろ内閣、産業界の担当部門がこれを議論して計画を作成し、それを医学界に受け入れられるものにします.私たちは本質的な要素または政策設計の問題について考える必要があります.

続いてキム准研究員は、「これはまだ通ったことのない道なので、まず政府、産業界、医療界がデータを集めて一緒に考え、体系的なデザインを一緒に設計すれば、誰もが満足する結果が得られるでしょう」と述べた。 .

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です