「過度のヒロイズム」VS「長生きした首相」…9月27日総支配人の安倍首相

クリックしてオリジナルをご覧ください。

▲阿部へ向かう途中
奈良県奈良市の衆議院を支援するキャンペーンで8日、安倍晋三前首相が射殺された葬儀が、12日、東京都の造城寺で行われた。東京ロイター聯合ニュースを振る

9月27日、東京の武道館で、下院選挙の選挙運動中に射殺された安倍晋三前首相の葬式が行われる。

共同通信によると、日本政府は22日の閣議で安倍晋三前首相の首相を決定する予定であり、自由民主党の首相でもある岸田文雄首相は次のように述べた。前日の自由民主党首脳会談:「積極的な弔慰外交が期待される。 きちんと準備します。

1967年の吉田茂前首相に続き、安倍首相が日本で元首を拘束するのは今回が2度目。中曽根元首相は最近、2020年10月に政府と自民党の合同会議を開いた。吉田前首相の武装費用は1810万円(約171万ウォン)で、国の予算でまかなわれている。 今回、日本政府は安倍首相の全額を支払う予定だ。

岸田首相本人が率先して安倍首相の最高経営責任者を任命したが、日本には多くの反対意見がある。 吉田前首相は、第二次世界大戦後に日本を再建したという日本自身の評価でリーダーシップの称号を与えられた。 しかし、安倍首相の暗殺は悲劇的であるが、吉田前首相と同程度の成功を収めたかどうかについては多くの批判が寄せられている。 安倍前首相が優遇されたと主張する森友掛学園スキャンダルや、州予算。 また、安倍首相の代表的な経済政策である「アベノミクス」が、現在の円安の主な原因とされている。

日本の野党は彼女に対して声を上げている。 共産党は、彼を「安倍前首相を過大評価している」と批判する声明を発表した。 立憲民主党は、「監督が選ばれた理由についての政府の説明は不十分である」と指摘した。

これに対し、松野博一内閣官房長官は同日の定例記者会見で、「安倍首相は、憲法史上最長の首相であり、8年9年であった。数ヶ月、そして国内外で受けた幅広いお悔やみとお悔やみを考慮して、それは決定されました。 日本の週刊誌「玄大ビジネス」は、「岸田首相が、安倍首相の精神的支持を失った自民党最大の派閥である安倍派を説得するために監督を選んだ」と分析した。

安倍晋三元首相の香は、東京都港区城城寺で安倍晋三前首相の香に花を咲かせた。

▲元日本の安倍晋三首相の香炉
安倍晋三前首相の葬儀場(東京都港区城城寺)に、12日、日本人が花輪を捧げた。
東京特派員ジーナ・キム

東京特派員ジーナ・キム

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。