「運動+教育」やなどうは300億ウォンの投資を呼び込む…6000億ウォンの身代金

ヤナドゥはプライベートエクイティファンドからの投資を引き付ける

カカオのエデュテックの子会社であるヤナドゥは19日、Qキャピタルパートナーズから300億ウォンの投資を集めたと発表した。 同社の価値は6000億ウォンと認められた。

同社は、新規投資家から200億ウォンの追加投資を呼び込むことで、IPO前(上場前株式投資)を完了する。 来年後半に公開する予定です。

Yanadouは、2015年に作成されたオンライン英語教育プラットフォームです。2020年にKakao Kidsと合併した後、包括的な教育プラットフォームに変わりました。

2020年、柳戸は「ヤピットサイクル」と呼ばれる新しいメタバースホームワークアウトサービスのコンセプトを発表しました。これにより、仮想世界でゲームをプレイしているかのようにワークアウトし、お金を節約できます。 これにより、教育工学中心の既存の事業構造は、メタバースベースのスポーツ技術事業へと急速に拡大しました。

やなどうは、将来、運動と教育に焦点を当てたメタバース社会として生まれ変わることを計画しています。 今年の目標は1400億ウォンの売り上げを達成することだ。

ベトナムで遠隔医療プラットフォームを開発するKT

KTは20日、ベトナムでの遠隔医療事業を推進するために、医療サービス会社であるMediplusSolutionと覚書を締結したと発表した。

このMoUの下で、両社は、遠隔患者管理サービスの共同計画と開発、地元の医療機関を通じたサービスの検証、およびベトナムにおける癌患者のための遠隔医療サービスの拡大に協力することに合意しました。

KTは、ベトナムを起点として遠隔医療を成功させることで、東南アジアなどのグローバル国を中心に事業を拡大していく計画です。 今年4月、ベトナムのハノイ医科大学と遠隔医療分野での協力に関するビジネス契約を締結しました。 また、国内外のパートナーを継続的に拡大することにより、事業を具体化しています。

SKブロードバンド、MOUがクラウドPCコンボ製品を発売

SKブロードバンドは21日、PCクラウドコンボ製品を発売するために、ネイバークラウド、アンラボ、Tmax OS、ハングルアンドコンピューターと戦略的ビジネス契約を締結したと発表しました。

彼らは、デジタル政府のイノベーションをサポートするための最適な製品を開発して提供することを計画しています。 また、ネイティブテクノロジーをベースに、国内のクラウドエコシステムを活性化し、本格的に市場を拡大していきます。

SK BroadbandがPCクラウドソリューションを担当し、Naver Cloudがクラウドインフラストラクチャを担当し、AhnLabがクラウドセキュリティを担当し、TmaxOSとHangeuland Computerがオープンオペレーティングシステム開発(BONE)を担当しました。

この協力のもと、SKブロードバンドとネイバークラウドは、今年中に公的機関向けのデスクトップサービス(DaaS)型サービス「クラウドデスクトップ」を共同開発・発売します。

SK C&Cがクラウド情報保護のための2つの国際認証を取得

SKホールディングスC&Cは21日、「ISO27017(クラウドサービス情報保護マネジメントシステム)」と「ISO27018(クラウドサービス個人情報保護マネジメントシステム)」の認証を同時に取得したと発表した。

両方の認定は、クラウドサービス環境での情報と個人情報の漏洩を防止および対処するためのセキュリティ管理ガイドラインが準備および実装されている場合にのみ取得できます。

この認証により、SKホールディングスC&Cは、以前に取得した「ISO27001」国際情報セキュリティ認証に加えて、3種類の国際情報セキュリティ認証を取得しています。

SKホールディングスC&Cは、クラウドサービスに実装されているデジタルシステムのセキュリティ管理システムを継続的に強化する予定です。 お客様の情報資産のグローバルスタンダードを満たすクラウドセキュリティの実現を目指します。

Nexon Gamesの「BlueArchive」は、日本でのAppleのAppStoreでの売上高で2位にランクされています

Nexon Gamesは21日、MXスタジオが開発した「BlueArchive」が、日本のAppleのAppStoreのリアルタイム販売チャートで2位にランクされたことを発表しました。

ブルーアーカイブは、昨年2月に日本でサービスを開始したサブカルチャーコレクションRPGです。 キュートでキュートなキャラクターと様々なバトルモードが特徴です。 日本でのリリース以来、このゲームは日本のGooglePlayとAppleのAppStoreでそれぞれ4位と8位にランクされています。

「ブルーアーカイブ」が日本で発売されて以来、AppStoreで2位にランクインしています。 韓国のゲーム会社が開発し、サブカルチャーゲーム発祥の地である日本製の知的財産であり、発売から1年半で最高の興行成績を収めていることは重要だ。

同社によれば、日本での発売1.5周年を記念して、アップデートや様々なイベントがゲームユーザーから好評を博したという。

Weekly It(IT)シューズは、Bizwatchの業界部門からのニュースコーナーで、毎週土曜日と毎週一目でビジネスの問題を調べます。 [편집자]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。