「運動後やおやつとして食べるのがとても人気」…日本でトフバを売る秘訣


画像を拡大

プルムウォンの高タンパク国産豆腐バー(左)と日本の豆腐バー。 [사진 출처 = 풀무원]

プルムウォンの植物性たんぱく質製品「ドゥブバ」は、30代から50代の男性に人気を博しています。

20日のプルムウォンによると、昨年日本のコンビニエンスストアで最も人気のあった豆腐バーは、発売から1年余りで累計販売台数が1,000万本を超えました。

トフバは、プルムウォンの日本子会社である朝彦が2020年11月に発売した植物由来タンパク質食品です。日本のコンビニエンスストアチェーン7-Elevenでのみ販売されていますが、この成果は日本人の需要を正確に理解しているためです。簡単に健康管理をしたい消費者。

朝彦は「高タンパク」と「便利さ」をポイントにしています。 豆腐バーには、100gあたり約14.7gのタンパク質が含まれています。 これは、日本の豆腐豆腐(高強度豆乳をそのままカットした豆腐)のたんぱく質量の2.7倍です。

食べやすいスティックで作られているのも効果的でした。 プルムウォンの関係者は、「30代と50代の日本人男性は、朝食の代わりにトフバを楽しんだり、運動後にタンパク質として使用したりすることが多い」と説明した。

また、しっかりとした食感への嗜好も高い。 豆乳バーの特徴は、豆乳の濃度、にがりの量、製造工程の途中でタイミングを調整することで、通常の豆腐よりもはるかに硬くすることです。

豆腐バーは、日本でたんぱく質スナックとして活躍している「サラダチキンバー」に似た食感です。

朝彦は、トフバの人気のおかげで追加の製品を発売することでその範囲を拡大することにより、消費者の需要に積極的に応えています。

当初は、昆布と鰹節で味付けした「わふだし」と、ピーマンとレモンで味付けした「柚子胡椒」の2種類が発売されました。 合計3つのレンジタイプを作成するために追加されました。

朝彦は、2つの現地生産施設でラインを拡張することにより、以前の約2倍の興行収入を達成できるため、興行収入の加速を期待しています。 今月初めから、セブン&アイ・ホールディングスグループのチェーン全体であるセブン-イレブンが「セブンプレミアム」として全国に販売し、月半ばからイトーヨーカ堂と提携スーパーであるヨクマート。

プルムウォンの関係者は、「豆腐バーは、主に日本の30代から50代の男性の間で、朝食の代用品、運動後のタンパク質サプリメント、または健康的なおかずスナックとして人気が高まっています。 おいしく楽しめるように範囲を広げていきます。

一方、日本で最初に発売された豆腐バーは、昨年、韓国で「高タンパク豆腐バー」として発売され、ミールリプレイスメントやスナック製品として人気が高まっています。

[이하린 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。