「私の給料は月にたったの1000万ウォンだ」と国会議長は不満を言って非難した。

写真の説明昨年10月の衆議院本会議で首相選出投票が行われた。 [사진 = 연합뉴스]

「国会議員の月給はたったの100万円だ」

細田博之衆議院議長は、10日に東京で開かれた自民党衆議院の政治資金党で発言した後、世論の批判に直面している。朝日新聞や富士テレビなどの日本のメディアによると、11日、細田大統領は党で次のように述べた。 「そんなに稼げると言うかわからないが、上場企業の社長はいつも1億円以上稼ぐ」と語った。

コロナ危機前の日本の議員の税負担は129万4000円(約1280万ウォン)だったが、コロナ危機後は約20%減り、現在は103万2000円(約1020万ウォン)になっている。

日本の国民議会では、近年、会員数の削減の必要性について議論が続いていますが、細田議長も意見を述べています。 一人当たり100万円以下の議員を少し増やしても、罰はないと思う。 「、彼は宣言しましたか。 彼らは、会員数を減らすのではなく増やす必要があるとの意見を表明した。

このようなコメントは、日本の友信鳳などの野党から批判されている。 日本維新の会事務局長の藤田文武氏は、「国民の立場からは不可能(発言)だと思う」と語った。 与党自民党内でも、「これは行き過ぎだ。早く辞めたい」などの抗議。

日本人からの批判もあります。 フジニュースネットワーク(FNN)へのインタビューで、日本人は「私は一般の人とはお金の概念が違う」と答え、「100万円は100万円なので、100万円とは言えないほうがいい」と答えた。私たちにとってはたくさんのお金です。」

実は、予算が足りないと思っている日本の議員は細田だけではないようだ。 国会議員の無名の議員はフジテレビに次のように語った。

一方、現在の日本国会の定足数は、衆議院議員465名、衆議院議員245名、計710名である。 大韓民国国会事務局によると、2020年の大韓民国国会の議員一人当たりの年間税支出は151,879,780ウォン、月給は12,65,640ウォンでした。 これは、事務費や車両整備費などの政治活動に必要な「支援費」を除いた金額です。 現在、韓国の国会の定足数は300です。

[신윤재 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。