「福島11年…復旧は約束せず、汚染水の排出だけは「早く」

◀ アンカー ▶

11 年前の今日、日本ではマグニチュード 9.0 の地震と 15 メートルを超える津波が発生し、原子力発電所までもが吹き飛ばされました。

日本は放射能汚染の浄化と原子炉の廃止措置を続けていますが、終わりは見えません。

それでも計画通りに汚染水を海に放出することができています。

コ・ヒョンスン東京特派員がお届けします。

◀ レポート ▶

11年前の爆発の跡と同じだ。

天井が崩れ、コンクリートの瓦礫が散乱している。

壊れた壁には鉄筋が絡み、所々にひびが入っています。

[후쿠시마원전 조사원]
「鉄筋がこっちに曲がってる。こちら側に(衝撃を)受けて、ここにひび割れが…」

放射線レベルが最も高い原子炉の内部は、先月、水中カメラを使用して調査され始めたばかりです。

解体のプロセスはまだ研究中です。

昨年は、原子炉の蓋から最大4ベクレル、人が被ばくすれば1時間以内に死亡する恐れのある高濃度放射線も確認されました。

日本は復旧の最終目標である解体に向けて30年から40年も進んできたが、それすら不可能であることを最近認めた。

[후케타 토요시/원자력규제위원장(지난 2일)]
「例えば各所で約束できる期限を設けるなど、現実的に(解体に関しては)技術的に無理だと思う」

これまでに除去された汚染土壌は1400万㎥しかなく、移す場所もないため、福島県に山積みされています。

避難した 88,000 人の住民のうち、戻ってきたのはわずか 14,000 人、つまり 16% にすぎません. 放射能汚染の懸念から、福島の農産物と水産物は依然としてブロックされているか、未払いのままです.

復旧の見込みはありませんが、汚染水の海洋放出に向けた準備は着々と進んでいます。

最近の世論調査では、海洋放出に反対する人が 45% と高かったが、東京電力は放出用の水中トンネルを掘るための地質調査を開始した。

[노자키 테츠/후쿠시마 어업연합회장]
「これは福島県の漁業にとって壊滅的な打撃であり、これまでの復興への努力と動機を完全に吹き飛ばすことになるだろう」

損傷した原子力発電所が約束のない回収期間を維持できるかどうかは大きな問題ですが、別の安全性の問題がいつどこで発生するかを予測することは困難です.

東京のMBCニュースのコ・ヒョンスンです。

映像取材:イ・ジャンシク、キム・ジンホ(東京)/編集:イ・サンミン

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。