「看護と生活は大変」…福祉の死角にいる母と子

◀アンカー▶

今日、韓国と日本の2人の記者が配達を続けました。

先ほどご覧になった不動産申請に関するニュースについては、明日も記者が「今すぐ」行って、その様子を詳しくお伝えします。

次のニュースを続けます。

昨日、40代の息子が認知症の60代の母親を殺害し、自殺未遂をしたという悲劇的な事件があった。

息子はまともな収入がなく、認知症の母親を一人で世話をしなければならなかったため、苦しんでいたことが確認された。

しかし今回も、誰も彼らの運命に気づかなかった。

ジャーナリストのキム・ユナが教えてくれます。

◀レポート▶

60代の老婆をナイフで痴呆で殺し、自分で極端な選択をしようとした40歳の息子。

中年の息子は、敷金2000万ウォン、月額家賃20万ウォンの部屋で、認知症の母親を6年間介護してきた。

まともな仕事がなければ、彼の唯一の収入は、約6年前に亡くなった父親が残した預金でした。

[경찰 관계자]
「(息子は) 『母を殺した。私も死にかけている。痴呆と苦しい生活のためにとても大変だ』と言った(犯罪直後に彼は言った)」

ナーシングホームの殺害につながった人生の苦難と果てしないモノリシックなケアに疲れ果てたようですが、彼の周りの人々はこの事実に完全に気づいていませんでした。

これは、家族、親戚、隣人の訪問がなく、孤立した生活を送っていたためです。

[주민]
「(公務員試験のために)勉強して受験したからといって、(2階まで)上がらないように言われたのでよくわかりません。」

どういうわけか、息子は基本生計受給者や介護保険に加入していませんでした。

延滞の光熱費などの兆候はなかったので、徒歩10分のところにあるコミュニティセンターも帽子について知りませんでした。

[주민센터 관계자]
「私たちがそのような部分(兆候)を持っているならば、死角(健康)にいる人々が私たちのところにやって来ます。

最終的に、専門家は、危機に瀕している家族の積極的な発見とともに、ケアに対する無制限の責任を軽減する体系的な改善のみが福祉の死角を排除できると指摘しています。

MBCニュースのキム・ユナです。

ビデオ報道:キム・ウクジン(釜山)、イ・ソンウク(釜山)

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です