「産婦人科は日本の植民地支配の名残だ」李在明は反日を叫ぼうとしている…「民主党も日本の名残だ」逆風に見舞われた

民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補は、「産婦人科の名前は、女性を妻と呼んだ日本の植民地支配から引き継いだものだ」と述べ、名前を変更することを約束した。

ネチズンは、未婚の女性の産婦人科へのアクセスを改善するという考えに同意しましたが、「日本の占領の残骸」の理由を「反日煽動の時代遅れ」として批判しました。

もう一つの「反日動揺」李在明…「産婦人科の名前は日本の占領の名残です」

李候補は22日、フェイスブックで「小さいけれど確実な幸福」シリーズの第11回公約として、「医事法を改正し、産婦人科の名称を小児保健医療に変更する」と発表した。 目的は、女性のヘルスケアへのアクセスを増やすことです。

李候補は、「婦人科疾患として女性の健康と病気を呼んでいる時代遅れの認識が若い女性と女性学士の病気を増加させる」と名前を変更した理由として「日本の植民地支配の遺物」を引用した。

「世論調査の結果によると、独身女性の80%以上が、一般病院と比較して産婦人科を見たがらないと回答した」とリー氏は述べた。 既婚者のための病院であるのは偏見のためです。 女性。”

しかし、私たちが日常生活で使用している現代語のほとんどは、日本語の翻訳に由来していることはよく知られています。 特に、韓国だけでなく、中国や台湾でも現在使われている現代医学用語のほとんどは、西洋医学を東洋文化に最も早く導入した日本によって翻訳されました。

18世紀から19世紀にかけて、日本の江戸時代、オランダから持ち込まれた薬を試した後、西洋医学として活躍したスキタ検白は、「甲状腺」という言葉を指すときに「肉(肉)」という言葉を使用していました。その医学解剖学の翻訳では、「解剖学」と「春」(泉)が組み合わされて「禅(腺)」という言葉が作成されました。 「膵臓」という言葉も日本人によって造られました。

釜山国立大学の行政学教授であるキム・ヘンボム氏は、この記事と電話で、「日本人は西洋医学用語を翻訳して公表しているので、そのような言葉を省略すると大きな混乱を招くだろう」と説明した。 「結局、医学用語の一貫性に異議を唱えることは日本発祥であるため、正当性がない。したがって、李在明の議論の基本的な意図を検討することが重要である。それはより重要である」と彼は続けた。

金教授はまた、「「大統領」という言葉は日本から来ているので、李在明は出馬する前に名前を変えるべきだ」と批判した。

「日本占領の残骸を一掃する」と述べた李候補の論理によれば、私たちは日常の用語だけでなく、医学用語自体も変えなければならないだろうと指摘されている。

與「反日激越」はもう効かない…「ファチョン大湯はCCPの名残なのか?」

インターネットユーザーの反応も冷たくなります。 独身女性の産婦人科へのアクセスを増やすという目標には同意しますが、「日本占領の遺物」は時代遅れの反日プロパガンダを構成していると指摘されています。

また、李候補が若者や女性にふさわしい約束をしたとしても、「義兄を侮辱する」という論争を乗り越えるには不十分なようだ。

ネチズンは、「あなたは義理の兄弟からの虐待的な言葉で私を引き裂くつもりだと言ったが、あなたは産科医ですか?」とコメントした。 「義兄から虐待的な言葉を聞いた瞬間、口で女性のことを話すことができなくなります。」 「健康と薬はすべて日本語(翻訳)です。無知が溢れています。彼らは急いで「華川大湯とチョンファドンギンはCCPの名残ですか?」と扇動しました。

ネチズンはまた、「李在明のアプローチをとれば、韓国のすべてが日本の植民地支配の名残である」とコメントした。 「プロパガンダ。」「李在明が大統領になると、彼はとても忙しいでしょう。 弁護士、大統領、民主主義、共産主義、経済学、哲学、国家、共和国、放送、野球、物理学、競争、賞、株式など。 際限なく変化します。 »»

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。