「生鮮食品でも塩辛い」日本では、ナトリウム摂取量を減らし、健康に効果のある新しい「スマートワンド」を開発しました。

日本で新しい杖が開発されました。

日本の東京にある明治大学の宮下芳明教授は、食品および飲料メーカーのキリンと共同研究を行いました。 保護者報告書によると、彼らは電気刺激を使って食品をより塩辛くする「スマートワンド」を開発しました。 ユーザーはミニコンピューターをリストバンドに装着する必要があります。 コンピューターは箸に電気インパルスを送り、食べ物に塩辛い味を与えます。 つまり、実際に味気ない食べ物を食べても、塩辛い食べ物と間違われることになります。 ナトリウム摂取量を大幅に削減できる装置です。 ナトリウムの摂取量を減らすことができるので、健康と食事に大いに役立つことが期待されています。

研究者たちは来年からそれを販売することを計画している。 日本は味噌、醤油、塩が大好きな国で、塩辛いものが多いです。 平均的な日本人の成人は、1日あたり約10グラムの塩を消費します。 これは、世界保健機関(WHO)が推奨する金額の2倍です。 日本だけでなく韓国でも。 世界保健機関が推奨する1日あたりのナトリウム摂取量は2000mgですが、韓国の成人の1日あたりのナトリウム摂取量は2019年に約3289mgでした。これは推奨量の約1.6倍です。 塩分を過剰に摂取すると、高血圧などの病気につながる可能性があります。 高血圧は心臓発作や脳卒中の主な原因です。

「キリン」は、「これらの箸が使う電気の量は非常に少なく、人体に無害です。弱い電気は食べ物の味を強くしたり弱くしたりするために使用できます。それは既存の認識を変える可能性があります。キリンの研究者である佐藤愛、「病気を予防するためには、食べるナトリウムや塩の量を減らす必要があります。従来の方法で食品中の塩の量を減らすと、食事を調整するか、味のない食べ物を食べるしかありません。 。」

キリンと宮下教授は、減塩食をしている人を対象に臨床試験を実施しました。 この装置を使用した臨床試験では、多くの人で低ナトリウム食が平均して1.5倍塩辛いことがわかりました。 また、減塩味噌汁を出すと、「新しい箸を使うといいですね。 マイルドでコクのある味わいです。 ナトリウムの実際の量を減らしながら、おいしい肝臓が豊富な料理を食べたり、匂いを嗅いだりすることが可能です。

研究者たちは、これらの原理を使用して、テクノロジーが感覚にどのように影響するかを探求し続けています。

ジャーナリストの安貞桓:jungyoon.ahn@huffpost.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。