「済州の汚染された水への損害の恐れ」、日本は「不安を増すだけです」

日本の福島からの汚染水の投棄が済州海に影響を与える可能性があるという済州研究所の調査結果と直接矛盾するデータを日本領事館が発表した後、論争が勃発した。

済州地域の市民社会団体や政治家はこれに強く反対し、「非常に無責任な行為であり、外交的尊敬の深刻な欠如」と呼んでいる。

■日本領事館「済州研究所は住民の不安を悪化させる」

昨年4月、済州研究所は、日本が福島原子力発電所からの汚染された水の排出に対する対策が必要であるとの報告を発表した。

研究者は、「日本が放射性物質で汚染された水を海洋に強制的に排出する前の済州対策」と題した報告書で、「日本が放射性物質で汚染された水を海洋に放出すると、国の周辺海域は厳しくなるだろう」と述べた。放射能で汚染され、海洋生態系や海洋に変化を引き起こします。生物の蓄積と死が発生し、放射性物質で汚染された水が海流に沿って済州だけでなく韓国の海岸にも流れると、海洋生態系と漁業への重大な影響。

さらに、放射性物質であるヨウ素131は甲状腺がんを引き起こし、ストロンチウム90は骨髄がんに蓄積し、セシウム137は腎臓と膀胱に蓄積してがんを引き起こし、プルトニウムは絶えず体の細胞を攻撃する危険な物質です。 。

このような被害を懸念して、研究者は、汚染水の監視、魚製品の監視と船舶の運航の管理、近隣海域での汚染水調査の数の増加など、段階1から4でシステムを確立する必要があると述べた。 済州。

しかし、済州の日本領事館は、「済州研究所は、事実を考慮せずに済州住民の不安を悪化させるだけの不適切な内容を書いている」と、この主張に正面から反論する声明をウェブサイトで発表したことが確認された。 「」 。

声明の中で、彼らはXによる研究者のプレゼンテーションとOによる彼らの議論を表明し、「実際の排水による人体への影響はないだろう」と述べた。

同氏は、リリースは国際慣行および関連基準に従って実施され、リリース後も監視によって措置が講じられると付け加えた。

汚染された水をALPSで処理し、海水で希釈して廃棄すると、放射性物質であるトリチウム(トリチウム)の濃度が基準値を下回り、人体。 。

これに対し、エネルギー正義行動政策委員会の李フンソク委員は、「済州研究所が住民の不安を悪化させているという領事館の表明は無責任だ」と指摘した。

李委員は、「済州の人々は日本に最も近いので、このような質問や懸念を抱かざるを得ない」と述べた。

さらに、分析の結果は、健康だけでなく経済的損害も考慮に入れた体系的な分析であると研究者は述べた。

それを深刻な外交的軽蔑と呼ぶ声もありました。

済州市ギャップ地区のソン・ジェホ議員は、「領事館が汚染水の排出を問題ないかのように表現することは、非常に不適切で外交的に前例のないことであり、済州研究所の表現を使用することは非常に不適切である。済州住民の不安を悪化させていた」と語った。

原子力発電所の汚染水による被害を心配している済州住民の気持ちを無視した発言です。

これに対し、領事館は昨年、関連文書をウェブサイトに掲載しており、現在もその立場に変化はないと述べた。

彼はまた、声明は済州領事館ではなく、日本の外務省によって出されたと説明した。

済州では、昨年から福島原子力発電所からの汚染水の排出に続いて、漁師、市民社会、政治家による抗議が続いている。
昨年、済州ハリム水産協同組合やハリム漁船所有者協会などの漁師が、日本政府と東京電力公社に対して「汚染水の排出準備を停止し、損害賠償を求めて」訴訟を起こした。 「漁師や近隣諸国の市民に対する違法行為をやめなさい。
済州の市民社会組織のグループである済州の核非核化と気候危機に関する行動もまた、済州の日本領事館の前で記者会見を開き、声明を発表することによって、それらを次々に解放する決定を非難した。

「ドイツのヘルムホルツ海洋研究所の分析によると、汚染された水は7ヶ月で済州沖に到達し、中国の清華大学の予測によれば、汚染された水は400日で韓国の領土に広がる」と彼は語った。言った。 もちろん、太平洋全体の放射能汚染は避けられない状況になっています。


■レポート
▷カカオトーク:「KBSレポート」を検索
▷Tel:02-781-1234
▷メール:kbs1234@kbs.co.kr
▷ニュースサイト:https://goo.gl/4bWbkG

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。