「殺害後の自殺」5年間で269人…心理的剖検により、生命は

「殺人後の自殺」の犠牲者は5年間で269人に上る
心理的剖検により、明確な関係と経済的問題が明らかになりました
メンタルヘルスだけでなく社会的支援も必要

全羅南道ワンドで死亡した家族の捜査は、「家族殺害後の自殺」事件で終わると予想されている。 光州南警察署は、12日に海から回収された行方不明の家族の車両のブラックボックスビデオを分析した結果、車両が海に突入し、外部からの介入の兆候がないことを確認した。

殺人と自殺が同時に起こる「殺人後の自殺」は、極度の暴力を伴うという点で重大な犯罪です。 しかし、加害者も被害者も存在せず、公式の統計も作成されていないため、状況を把握することは容易ではありませんでした。

崔仁華教授(Ph。)が3月に韓国心理学会誌(臨床心理学研究実践)に掲載した「韓国における自殺後の自殺の状況と特徴」

自殺による警察の調査記録の分析に続いて、研究チームは、2013年から5年前までの殺人の後に269人が自殺で死亡したことを発見しました。 また、メンタルヘルスの問題とは異なり、韓国の自殺の主な原因は経済的要因であることがわかった。

■殺人後の自殺、5年間で269人

研究チームは、心理的剖検基準に従って国の警察署で自殺として分類された死亡の記録からのデータをまとめた厚生省からのデータを分析しました。 心理的剖検は、遺族への綿密なインタビュー、または死因を分析するための故人の行動や性格、職業、経済状況、対人関係についての知識であり、政府は自殺の防止政策を実施しています。

2013年から2017年までの自殺者の総数により、5年間の殺人で269人が自殺した。 同じ時期に、殺害後の自殺による死亡の割合は0.44%でした。 または10万人あたり0.11。

殺人後の自殺による死亡者数に関する公式の統計はまれであるため、国際比較は容易ではありません。 公式統計がまとめられているオランダの自殺死亡率は、10万人あたり0.05人です。 それに比べて、研究チームは韓国での殺害後の自殺による死亡率が非常に高いと診断しました。

■子供の殺人は専業主婦として発生し、家族の殺人は失業中に発生します。

殺人自殺は、殺された人に基づいて4つのタイプに分けられます。 配偶者や恋人が対象となる場合は「コンパニオン殺人」、子供が対象となる場合は「子供殺人」、配偶者、子供、その他の家族が同時に殺害される場合は「国内殺人」に分けられます。被害者が家族でない場合は「家族殺人の外」。

コンパニオンの殺害は、過去5年間で最も一般的なタイプの事件であり、113人が発生しました。 続いて、82人が児童殺人、47人が家族殺人、27人が非家族殺人となった。

殺害後に自殺した人の性別は、男性203人、女性66人でした。 すべてのタイプで、加害者は主に男性でしたが、女性の割合は児童殺人タイプの方が高かったです。 母親が子供を殺害した後、多くの死者が出ました。

年齢別では、殺人の交際率は60代以上の人々の中で最も高く、子供の殺害は比較的若い年齢層で発生しました。

死亡時、虐待者の雇用状況はほとんどの場合失業していた。 ただし、児童殺人タイプでは、専業主婦が他のタイプに分類されているため、他のタイプよりも比率が高かった。 児童殺人タイプで他に分類されたすべての加害者は、死亡時に主婦であり、これは、児童殺人タイプの加害者の性別がより女性であるという発見と一致していた。

自殺の主な原因は、家族関係や対人関係などの人間関係の問題の割合が4種類すべての中で最も高かった。 韓国の総自殺率の主な原因はメンタルヘルスの問題であるという違いがありました。

詳細には、「夫婦関係の問題」と「家族の病気と死」が、児童殺人型の関係の問題の要因であることがわかった。 メンタルヘルスの問題も高く、かなりの割合がうつ病や睡眠障害に苦しんでいました。 しかし、メンタルヘルスに問題のある人の半分だけが治療歴を持っていました。

家族殺人のタイプでは、経済問題と人間関係の問題の比率が自殺の主な原因でした。 詳細には、彼らが債務と破産に苦しんでいることが確認されました。 研究チームは、一軒家の自殺は主に生計が多いという事実によるものであると説明し、全国が経済危機に陥ったときに父親による一軒家の自殺が増加したことを示す以前の研究があります。

メンタルヘルスの問題の場合、21%だけが治療歴を持っていました。 自殺を示唆する警告サインは、すべてのタイプの70%以上に存在することがわかりました。

■自殺グループ全体や特徴とは異なり…個別の注意が必要

これらの特徴を踏まえて、研究者たちは、殺害後の自殺を防ぐために適切な対策が必要であることを示唆しています。 人間関係の問題は殺人後の自殺の主な原因であるため、抜本的な選択を行う前に専門家の介入が役立つ場合があります。 メンタルヘルスの診断がなくても、対人関係に問題がある場合は、カウンセリングが受けられる環境を整える必要があります。

彼はまた、経済的に困難な家族のために国や地方政府からの支援の必要性を強調した。 確かに、日本は債務問題を抱える人々のための社会的支援と法的援助の政策を実施しており、経済的理由で自殺を試みる人々の数は18.5%減少したと付け加えています。


■レポート
▷カカオトーク:「KBSレポート」を検索
▷Tel:02-781-1234
▷メール:kbs1234@kbs.co.kr
▷ニュースサイト:https://goo.gl/4bWbkG

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。