「未成年でもいいから」 1時間に100件の電話…裏の加害者は誰?

◀ アンカー ▶

この事件の非公開の加害者は、いわゆる条件付き会合の名目で被害者の性別を搾取した大人と、性的買い手です。

彼らはスマートフォンのチャットアプリを使用しました。

ジャーナリストは同じアプリケーションをインストールし、未成年として紹介を公開しました。

キム・ミンヒョン記者がその様子をお見せします。

◀ レポート ▶

ガヒョニが暴行したアプリをインストールしようとしたら、大学生から強要された売春婦に会った。

入会できる年齢は「20歳」からです。

ただし、特定の年齢確認や本人確認プロセスはありません。

プロフィールに未成年であることを知らせる内容を書いて登録するとすぐに、「条件付きの出会い」、つまり売春を示唆するメッセージが表示されます。

メッセージはほんの数分で画面いっぱいになり、下にスクロールしても画面が終わることはありません。

このように、アプリケーションに登録してから約 1 時間後に、条件付きの予約を求めるメッセージが 100 件以上蓄積されました。

「お小遣いは必要ですか?」と聞かれます。 または「ビデオを送ってくれたら、たくさんのお金を差し上げます。」

「いくらですか」と聞くと、「100万ウォン以上ならあげられる」という答えでした。

中には、未成年だと告げられても売春を要求する者もいた。

未成年と言いましたが、年齢を聞かれ「いいですよ。

” あなた は 大学 に います か ? 「もうすぐ車で行くから」とか「若い子が恋しい」とか、もっとはっきり言います。

今回の事件の真犯人は、やってはいけない取引をしたい人たちと、取引の下地を作っているプラ​​ットフォーム会社だと指摘されています。

[이수정/경기대 범죄심리학과 교수]
「最大の犯人はおそらくランダムチャットアプリであり、おそらくこれらの女の子からセックスを購入している人々と、セックスを販売している大人がおそらく最大の責任です.

実際、児童から未成年の性的人身売買犯罪の 90% 以上が、アプリやソーシャル メディアを通じて行われています。

当局が制裁を加えても無駄です。

この通知は、ジャーナリストが登録したアプリケーションに表示されます。

「現在のアプリはまもなく終了します」と、新しいアプリをインストールするように通知し、現在のアプリ ID で使用できることを知らせます。

アプリが閉じられても、ユーザーを引き付けるために 2 つ目と 3 つ目のアプリを作成します。

売春防止法違反でチャット会社に是正措置を求めた事例は、昨年だけで6600件以上。

しかし、こうした規制を嘲笑するかのように、10代向けのチャットアプリはまだまだ開発されています。

MBCニュースのキム・ミンヒョンです。

映像カバー:イ・ジョンヒョク/映像編集:コムグン

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。