「日韓GSOMIAが標準化されれば、北朝鮮の核情報交換が可能になる…日米間の情報交換体制を確立すべきだ」

韓国と日本が軍事情報を共有する場合、米国の専門家は、北朝鮮の核施設などの一般的な脅威に関する情報が共有されると診断しました。 また、二国間情報交換を超えた日米三者間情報交換体制の確立も命じられた。 パク・ヒョンジュの報告。

民主主義防衛財団(FDD)のシニアフェローであるデビッド・マクスウェル氏は、5日のVOAとの電話で、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)が正常化されれば、情報は2人によって決定されると述べた。国を交換することができます。 。

[녹취: 맥스웰 선임연구원] 「これには、ミサイル能力、ミサイルサイト、ミサイル発射、核サイト、核貯蔵施設、核発射サイト、核実験サイトが含まれます。 北朝鮮の拡散活動、北朝鮮の制裁、回避活動。 これらすべての活動。 あらゆる情報を共有することができ、両国はそれを共有することを決定します。 Sowmyaの目的は、それを直接共有できるようにすることです。 したがって、米国のような3番目の仲介業者を使用する必要はありません。

韓国と日本の間の情報交換には、北朝鮮のミサイル関連施設の場所や発射の傾向などのミサイル能力、核兵器保管施設と核実験の場所などの核兵器開発に関する情報が含まれます。 サイト。

彼は、北朝鮮の拡散活動や制裁解除活動などの共通の脅威に関連するすべての情報、ならびに陸、海、空の情報を交換できると付け加えた。

民主主義防衛財団(FDD)上級研究員、デビッド・マクスウェル

米韓連合司令部(CFC)の元参謀長であるマクスウェル上級研究員は、GSOMIAの目的は、北朝鮮の脅威に関する情報を、3分の1を経由せずに両国間で迅速に交換することであると説明した。米国などの党の仲介者。

さらに、GSOMIAの主な役割は、両国の地理的位置、視点、アクセス、能力の違いによって引き起こされる北朝鮮との情報ギャップを埋めることであると付け加えた。

「GSOMIA」は、2016年に韓国と日本の間で締結された唯一の軍事協定です。当時、朴槿恵政権は、北朝鮮の軍隊の動き、社会動向、北朝鮮の核およびミサイル関連のニュースに関する情報を共有するために日本と協定を締結しました。

毎年11月に自動更新されますが、文在寅政権は2019年に日本の輸出規制に対応して終了を通知しましたが、現在は条件付き延長となっています。

2019年8月、韓国のソウルにある日本大使館の周りに、「日韓軍事情報保護協定」であるGSOMIAの破棄を要求する旗が掲げられました。

2019年8月、韓国のソウルにある日本大使館の周りに、「日韓軍事情報保護協定」であるGSOMIAの破棄を要求する旗が掲げられました。

5月に就任した尹錫淑(ユン・ソクヨル政権)は、「北朝鮮の脅威に対応するため、できるだけ早く正常化する」必要があるとして、GSOMIA正常化のタイミングに注目した。

GSOMIAは、締約国と交換された軍事機密情報を第三国に開示しないように、各国間の協定によって送信された機密情報を保護するための一種の法的保証です。

韓国は約20カ国とGSOMIAに署名しており、この日本との協定により、レベル2以下の軍事秘密の交換が可能になります。

ブルース・クリングナー、ヘリテージ財団主任研究員

ブルース・クリングナー、ヘリテージ財団主任研究員

これに関連して、元CIAのベテランであるHeritageFoundationの上級研究員であるBruceKlingnerは、GSOMIAは不適切な送信と開示から機密データを保護する方法を規定する慣習的および管理文書であると5日にVOAに説明しました。

[클링너 선임연구원] 「GSOMIAは非常にありふれた官僚的なテキストであり、機密文書がどのように送信され、不適切な開示から保護されるかを単純に定義しています。 受領国が合意された手続きに従うことを約束した後でも、提供される情報を決定するのは供給国の責任です。

主任研究員のクリングナー氏は、情報提供者は、「合意された手順に従う」という相手方の約束を確認した後、提供する情報を決定すると説明した。

したがって、前回のGSOMIA協定の前に、韓国の一部の人々は、「GSOMIAに署名すれば、すべての機密情報を日本に公開する」という声明は真実ではないと指摘しました。

彼はまた、GSOMIAは韓国と日本が北朝鮮の脅威だけでなく彼らが望むあらゆる情報を共有することを可能にすることを説明した。

韓国と日本は、2016年のGSOMIAの調印から2019年7月に軟化するまでの約4年間で、それぞれ24件の合計48件の情報交換を行ったことが知られています。

大韓民国国防部の2019年のデータによると、韓国が日本から入手した情報は、2016年に1件、2017年に19件、2018年に2件、2019年に2件(7月現在)でした。

日本の情報提供が増加した2017年は、北朝鮮の核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)などのミサイル実験が集中する中、朝鮮半島の緊張が高まった時期でした。

専門家は、北朝鮮が東海にミサイルを発射するとき、韓国のレーダーがミサイルの落下のタイミングを検出することは困難であるが、日本はミサイルの発射のタイミングに関する情報を欠いていると評価している。

たとえば、北朝鮮が2019年7月25日に新しい短距離弾道ミサイルを発射したとき、韓国軍当局は「ダウンスイングの軌道の不規則性」のために射程を2回修正しなければなりませんでしたが、最終確認は入手したGSOMIAに関する情報を通じて行われました。日本から、韓国のメディアが報じた。

ブルース・ベネット、ランド研究所主任研究員

ブルース・ベネット、ランド研究所主任研究員

ランド研究所の上級研究員である軍事専門家のブルース・ベネットは、韓国と日本の間で交換された軍事情報を「防衛」と「攻撃」の情報に分けました。

[녹취: 베넷 선임연구원] 「軍事情報を2つのカテゴリーに分けなければならないと思います。 カテゴリ1は防御情報です。 これは、北朝鮮が何をしているのか、あるいはそれらの国々に脅威を与える可能性のある中国との関係について知っておく必要のある情報です。 したがって、特に韓国と日本にとって、それは例えば北朝鮮や東海で活動している中国の潜水艦の目撃でさえあるでしょう。

防衛情報とは、東海で活動し、韓国と日本に脅威を与える北朝鮮の潜水艦の目撃情報や、北朝鮮のミサイル発射の仕様と飛行経路に関する情報を指します。 ベネット氏によると、北朝鮮だけでなく中国の潜水艦に関する情報も含まれるという。

攻撃情報とは、「先制攻撃」を意味する韓国の「キルチェーン」の運用に必要な北朝鮮の核兵器やミサイル関連施設に関する情報を指します。

ベネット上級研究員は、韓国だけでなく日本も「敵基地攻撃能力」の導入を検討していると説明し、これに関連する攻撃情報の必要性はさらに高まるだろう。

専門家は、韓国と日本の間のGSOMIAの正常化を、軍事情報の交換を強化するための3カ国の「必須条件」として認識している。

ヘリテージ財団の主任研究員であるクリングナー氏は、米国が韓国と日本とそれぞれGSOMIAに署名している一方で、日韓GSOMIAは3国間の情報交換を可能にしていると診断した。

しかし、一部の国は情報の適切な交換を制限しており、それが協定の有効性を損なう可能性があると彼は指摘した。

[클링너 선임연구원] 「米国はすでに2つの同盟国とGSOMIAを持っているので、ソウルと東京の二国間関係は機密情報の三国間共有を可能にします。 ただし、国が関連情報の共有を制限している場合、協定の有効性は依然として妨げられる可能性があります。

ランド研究所の上級研究員であるベネット氏は、米韓と日米のGSOMIAは、3か国が同様の種類の情報を共有していることを意味すると述べた。

しかし、結局、米国、韓国、日本は、「五氷(米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)」の形で三国間で情報を共有するためのシステムを確立することが望ましいと主張した。 “。

[녹취: 베넷 선임연구원] 「「ファイブアイズ」という言葉を聞いたことがあると思います。つまり、情報を共有する5つの国では、情報を共有する3つのJ国または3つのK国があるかもしれません。

米国の観点からは、三者間の情報共有システムがないため、日米間の情報データを個別に管理・支援するための人材が必要です。 より多くの能力をに捧げることができる説明です

ベネット研究員は、「GSOMIAがしっかりと確立されれば、3カ国の情報共有システムが可能になるだろう。

VOAニュースのパク・ヒョンジュです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。