「日本は自衛隊の論争に終止符を打つ」…平和憲法は75年ぶりに変わるのだろうか?

◀アンカー▶

第二次世界大戦での敗戦後、75年ぶりに制定された平時憲法改正運動が最近勢いを増している。

自衛隊の活動の違憲性をめぐる論争は繰り返されているが、憲法改正を推し進め、自衛隊の存在を憲法に盛り込むことを目的としている。

東京特派員のヒョンヨンジュンが話をカバーした。

◀レポート▶

1991年最後。 日本の宮沢政権はカンボジア自衛隊を東南アジアに派遣した。

自衛隊-名前が示すように、これは防衛のための軍隊の使用に限定された使用をしている軍事組織です。

軍隊を海外に派遣することは、自衛隊の論争の始まりとなった。

2年前、自衛隊は海賊を監視するという名目で2機のパトロール機とフリゲート艦をアデン湾に派遣し、再び論争を引き起こした。

1947年に公布された日本国憲法第9条。

日本は、力の使用を永久に放棄し、陸、海、空の力を持たず、戦争に従事する国の権利を認めないと宣言した。

自警行為の繰り返しを避けるために憲法を改正しなければならないという議論は、憲法制定75周年にあたる今年、高まっている。

[기시다 후미오 일본 총리(지난 3일)]
「憲法改正に異議を唱えることは決して簡単な仕事ではありません。 しかし、社会が大きく変化する中、憲法改正に挑戦し続けなければなりません。

岸田首相は、右翼産経新聞へのインタビューで、「現在の憲法は時代に合わない。

北朝鮮によるICBMの発射と核の脅威の繰り返し。

米国との覇権争いにおける中国の軍事的拡大、および最近のロシアのウクライナ侵攻は、国家安全保障の重要性を強調している。

[니시노 준야 교수/일본 게이오대학교]
「(日本の)最大の懸念は、ロシアの侵略が自由な国際秩序を脅かしていることである。同時に、(日本)はその防衛能力を強化すべきであるという意見がある。

日本の世論も変化しています。

日本のNHKは、35%が憲法改正を支持し、19%が反対したという世論調査の結果を報告した。

憲法改正に賛成と反対の意見が激しく反対された4年前の同じ調査と比較すると、変化は明らかである。

与党の自由民主党は、7月の参議院選挙で憲法を改正することを約束して投票を動員する戦略である。

現在、衆議院の3分の2以上が憲法改正を支持している。

今回の選挙では、評議員会でさえ憲法改正支持者の3分の2以上に投票すれば、憲法改正法案が実際に提案され、まもなく国民投票につながる可能性が高い。

東京のMBCニュースのヨンジュンヒョンに会いましょう。

ビデオ取材:キム・ジンホ(東京)
ビデオ編集:Oh Yu-rim

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。