「日本では、ヒトラーに殺されたユダヤ人の状況に似ている」

統一教会に関連する組織である万国平和連合 (UPF) は、蚕室のロッテホテルで 2022 年サミットと首脳会議を組織しました。 (写真 = plk tv YouTube をキャプチャ)
世界平和統一家庭連合(韓鶴子会長、以下統一教会)は、日本発祥の統一教会のスキャンダルによる内乱を防ごうとしているようだ。


統一教会は近い将来、韓国で数千人の日本統一教会の信者(韓国への日本人宣教師)を動員して、特別集会と団体行動を開催する計画であることが知られている。 これは、1990年代に日本社会で寄付金被害問題が発生した時よりも、統一教会が危機感を持っていたためと分析されている。

日本の主流メディアによる山上での安倍前首相の暗殺から 1 か月以上が経過したにもかかわらず、彼らは日本社会における統一教会の反社会的性質に疑いの余地はありません。

主流メディアは、山上容疑者の犯行の動機となった寄付金被害の分析に力を入れるだけでなく、自民党政権との60年にわたる同盟関係疑惑など、さまざまなチャンネルを通じて報道している。 最近、統一教会から離れた人々の証言が相次ぎ、信者が不正選挙に動員された疑いさえある。 国会議員のうち 106 人が統一教会に所属しているという特定の数も明らかになった。

サミット2022、「統一教会が報じた魔女狩りの宗教弾圧」が常に強調される

統一教会の危機感は、文鮮明牧師の10周年行事で全貌を現した。

統一教会は12日、蚕室(チャムシル)のロッテホテルが主催した「2022年首脳会談及び指導者会議」の特別セッションで、統一教会が魔女狩り型の宗教弾圧であるというマスコミ報道に不快感を表明した。

特別セッションには、ワシントン タイムズのタム マクデヴィット社長、世界日報のチョン ヒテク社長、ポンペオ元米国国務長官、ニュート ギングリッチ第 58 代アメリカ合衆国下院議長、マッシモ イントロビン、世界新宗教研究所のユン ヨン議長が参加しました。世界平和統一連合の世界事務総長であるホ氏、世界家族協会日本法務室の近藤紀典事務局長らが講師を務めています。

これらの議論はすべて統一教会を擁護し、統一教会は宗教的弾圧を受けていると主張しました。

ワシントン・タイムズのトム・マクデヴィット社長は、「私は40年間メディアに携わってきたが、そのような組織的な魔女狩りは聞いたことがなかった.

世界日報のチョン・ヒテク会長は、「憲法で信教の自由が保証されている民主国家で、特定の宗教を信仰しているという理由だけで、脅迫や暴力、弾圧を受けるのは許されない。 ワシントン・タイムズとセカイ・イニポの創始者である文明と韓鶴子は、共生、共栄、正義という普遍的価値を実現する上で、ジャーナリストの役割を誰よりも強調した。

2022 年のサミットと指導者会議の特別セッションの出席者は、統一教会の報告を、魔女狩りのような宗教弾圧として批判しました。  (写真 = plk tv YouTube をキャプチャ)2022 年のサミットと指導者会議の特別セッションの出席者は、統一教会の報告を、魔女狩りのような宗教弾圧として批判しました。 (写真 = plk tv YouTube をキャプチャ)

ギンリッチ元米下院議長「日本ではユダヤ人がヒトラーに殺された」

「多くのメディアが宗教を破壊しようとしています」と、元共和党員で第 58 代下院議長のニュート・ギングリッチは言いました。 「ヒトラーによってユダヤ人が犠牲にされたのと同じ状況が今、日本で起こっている」と彼は言った。

トランプ政権の元国務長官であるポンペオ氏は、「独裁政権と全体主義国家は世界を脅かしています。自由世界の市民は、宗教の自由のために団結しなければなりません。決してあきらめないでください。私たちには信仰の自由があります。協力しなければなりません。そのために協力する」と述べた。

山上事件の被害者として統一教会をあからさまに擁護するコメントもあった。

世界新宗教研究所のマッシモ・イントロビン所長は、「殺人犯が家庭連合への憎悪を指摘したので、すべての憎悪は家庭連合に向けられたものだ。

日本の弁護士批判続く…「キリスト教の牧師、野党父母会、左翼勢力が統一教会に反対」

統一教会の関係者は、1987年以来、日本で統一教会の寄付金の被害者を代表してきた感激商事法被害者連絡会の弁護士は、人権に反する慣行を容認していると主張している.

世界平和統一家族連合のユン・ヨンホ代表は、「偏ったメディア報道の中心にいるのは、家族連合のメンバーの誘拐、監禁、強制退去を容認しながら生きてきた弁護士だ」と語った。世界家族連盟の日本の司法部門の局長である近藤憲成氏は、「日本には統一教会の主な反対者が3人いる:日本のキリスト教の牧師、対立する親の会、そして共産主義の左派だ」と主張した.

日本世界家族連合の専務理事である近藤憲成氏は、統一教会反対運動の主な担い手について説明しています。  (写真 = plk tv YouTube をキャプチャ)日本世界家族連合の専務理事である近藤憲成氏は、統一教会に反対する運動の主要なエージェントについて説明しています。 (写真 = plk tv YouTube をキャプチャ)
ポンペオ元米国務長官は、ソンミョンムーントーチフェスティバルの 10 周年記念で講演します。  (写真 = plk tv YouTube をキャプチャ)ポンペオ元米国務長官は、ソンミョンムーントーチフェスティバルの 10 周年記念で講演します。 (写真 = plk tv YouTube をキャプチャ)

異端の専門家「コスプレ被害者、統一教会の認知的不協和を示す…米政治家の力を借りて危機管理を総動員」

しかし異端の専門家は、統一教会が教祖である文鮮明の死後、最大の危機に直面しているため、危機管理に力を入れていると分析している。

カルト専門家は「被害者がコスプレをしている『認知的不協和』の典型的な現象だと思う」と話した。

別の専門家は、「安倍首相の死後、日本のメディアが長い間扱ってきた統一教会の問題は、感動的な商業法と祖先解放式典によって引き起こされた反社会的問題である.教会は被害者を支援した人々を攻撃し、彼らが過去に行ってきたように、彼らの注意を宗教的弾圧に向けさせています」と彼は言いました。

日本にインスパイアされた商法被害者対策弁護士連絡会のギト弁護士は、2022年のサミットイベントで彼らを批判したことについて「非常に有力な証拠だ」と述べた。

写真は先月12日、日本で統一教会への献金被害者を弁護した「国民心霊・商法被害対策弁護士連絡会」の記者会見の様子。  (写真=YouTubeキャプチャ)写真は先月12日、日本で統一教会への献金被害者を弁護した「国民心霊・商法被害対策弁護士連絡会」の記者会見の様子。 (写真=YouTubeキャプチャ)


釜山長信大学のタク・ジイル教授も、今回のイベントに米国の有力共和党政治家を招待したのは、一種の危機管理防衛線を作るためだったと分析した。

タク・ジイル教授は、「統一教会の主要な資産を見ると、韓国は資産が集まっている場所であり、日本は韓国に寄付を送る場所であり、米国はほとんどの寄付が行われている場所です。統一教会の資産は安定的に確立されています。」

タク教授は続けて、「日本ではすでに啓蒙商法によって統一教会の危機が生じており、韓国ではすでに統一教会と軍事政権との関係に否定的なイメージが広がっている。あらゆる政治的、人的つながりを動員した」と彼は付け加えた。

ポンペオとギングリッチに加えて、トランプ前大統領とマイク・ペンス前副大統領も、この「2022年サミットと首脳会議」にお祝いのビデオを送った。

タク・ジイル教授は次のように述べた。メディア。 、しかし、彼らは害よりも利益の方が多かったので参加しました.

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。