「数に応じてスキンシップは必要ありません」…日本は女性議員のセクハラを根絶する

日本の内閣府が公開したドラマのワンシーン。  70歳の人は、20歳の人の肩に腕を巻き付けています。 [사진 출처 = 일본 내각부 공식 유튜브 채널]

写真の説明日本の内閣府が公開したドラマのワンシーン。 70歳の人は、20歳の人の肩に腕を巻き付けています。 [사진 출처 = 일본 내각부 공식 유튜브 채널]

▶拡大表示するには、ここをクリックしてください

日本政府は、女性議員が構成員や同僚から嫌がらせを受けた経験に基づいて、危害を防ぐためにYouTubeで動画を公開しました。

13日に内閣府が演劇として制作した34分間のビデオでは、地方議員候補が選挙運動中に男性有権者に電話番号を教えてもらうか、望まない身体的接触を受けたことが示されています。 選挙に勝った後、年配の男性議員から、女性は若くてかわいらしい顔をしていれば政治家になれるとの侮辱を聞いた。

選挙のたびに、落書きは掲示板に書かれていて、セックスをしたいと言っています。 毎日、彼にボーイフレンドがいるかどうかを尋ねる質問がソーシャルネットワーキングサービス(SNS)メッセージを介して届きます。 初めての議員は、男性有権者からの贈り物としてTシャツを受け取りました。 添付の手紙には、写真を撮って下着なしでTシャツを着て送るべきだと書かれていました。 すべてが実際のケースです。

内閣府は昨年10月から11月にかけて地方議員から1,324件の被害事件を収集し、専門家の監督の下でドラマ形式のビデオを作成した。 これは、今年6月に政治における男女共同参画推進法を改正する一方で、各地方自治体のいじめ対策を確立するという政府の勧告に対するフォローアップ活動です。 このビデオは、将来、国会や地方自治体での研修の教育支援として利用されます。

東京新聞は、若者や女性が政治に参加しない理由の中に、セクハラ、虐待、言葉による虐待があると報告しました。 2020年に内閣府が地元の議員を対象に行った調査の結果、42%が他の議員から嫌がらせを受けたと述べています。 その中で、女性議員(58%)は、男性議員(33%)よりも嫌がらせにさらされていました。

前日の記者会見で、地域イニシアチブと低出生対策を担当する野田聖子大臣は、「酔った夜の外出で、かつてセクハラを受けた」と述べた。

以前、朝日新聞は、日本の女性が政治に参入することへの障壁が高いと報告しました。 昨年解散した衆議院では、女性議員の割合は9.9%でした。 これはG7諸国の中で最も低いレベルです。 昨年、世界中の議会における女性の平均割合は25.5%でした。 二院制の場合、衆議院のみが代表された。 第21回国会では、韓国の女性議員の割合は19%です。 韓国は平均を下回っていますが、日本はもっと深刻です。

批評家は、そのような現実は女性が公務に入るのを妨げ、再選される彼らの意志を損なうと言います。 各政党の男女候補者の数を平等にすることを推奨した昨年の「平等候補者男女共同参画法」も効果がない。 昨年、世界経済フォーラム(WEF)が発表したデータによると、日本は男女共同参画ランキングで調査された156カ国中120位にランクされました。 これは、日本社会における性差別の根深い認識の一例であることが強調されています。 一方、韓国は102位でした。

[이가람 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。