「政府の屈辱的な外交のせいで解放記念日の意味が薄れている…国民の心を燃やしている」










尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領が14日、ソウル銅雀区(トンジャクグ)のソウル国立墓地国立墓地で開かれた合同再会式で大韓民国解放軍に敬意を表している.(大統領府提供) 2022.8.14/ニュース1ⓒニュース1レポーター アン・ウンナ
尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領が14日、ソウル銅雀区(トンジャクグ)のソウル国立墓地国立墓地で開かれた合同再会式で大韓民国解放軍に敬意を表している.(大統領府提供) 2022.8.14/ニュース1ⓒニュース1レポーター アン・ウンナ

(ソウル=ニュース1)イ・フンチョル記者=15日の解放記念日77周年を迎え、民主党は「尹石烈(ユン・ソクヨル)政権は屈辱的な態度で解放記念日の意味さえ曖昧にしている」と批判した。外交。”

民主党のチョ・オソプ報道官は同日午前、書面ブリーフィングで「今日は解放記念日77周年だ」と述べた。

「しかし、植民地支配の真っ暗闇の中で、戦争で荒廃した廃墟の中で、私たちの祖先が血と汗で守り、祖父と父が築き上げた大韓民国の歴史が揺さぶられようとしています」 、政府は手放しており、パンデミックが再発して洪水が発生したとしても、大統領と政府はどこにも見つかりません」と彼は言いました。

趙報道官は、「ユン・ソクヨル政権は、検察共和国の完成だけに集中している」と述べた。

彼は言った:「公正、常識、法の支配、そして人々に約束された原則は、不正、不合理、法の恣意的な適用、大統領による「国家の無原則な管理」によって打ち砕かれました。それは解放の意味さえ消し去ります。賠償の判決を否定する屈辱的な外交を繰り広げた日」と語った。

実際、被害者側は、強制労働の被害者に対する補償問題を解決するための「外交的努力」を説明する外務省による最近の最高裁判所への意見書の提出に反対した。 強制動員被害者らは、外務省の意見書提出に抗議し、官民協議会への不参加を決めた。

また、ユン・ドクミン大使は 8 日、特派員との会談で、現在裁判所に係属している日本の戦犯法人の国内資産の換金手続きを韓国で「凍結」すべきだと主張し、物議を醸した。日本統治時代の強制徴用被害者への補償問題との関係。

尹大使は「(日本企業の資産を)換金することで、被害者が十分な補償を得られるかどうかは議論の余地がある。 数百億ウォン、数千億ウォンのビジネスチャンスが、日本の企業や企業に奪われる可能性が高い」と語った。

趙報道官は「尹石烈政権に対する国民の心は不安で燃えている」と指摘した。








Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。