「市場かテクノロジーか? »K半導体が限界に達した…Chip4アライアンスに参加する機会の継続は

「市場かテクノロジーか? »K半導体が限界に達した…Chip4アライアンスに参加する機会の継続は

サムスン電子とSKハイニックスが4チップサブスクリプションについてより深い懸念を掘り起こす…「市場または技術は必然的にヒットする」

[e대한경제=김민주 기자] 米国主導の半導体4チップが参加するかどうかにかかわらず、K-Semiconductorが直面する結果は市場が予想するよりも大きくなるのではないかという懸念があります。 技術と市場をそれぞれ保持している米国と中国のどちらかの側での衝突の結果を回避することは難しいでしょう。

技術は米国、市場は中国に依存しているため、悲惨な状況にあります。 サムスン電子やSKハイニックスなどの韓国の半導体企業は、4チップのサブスクリプションの影響により、最悪のシナリオでグローバル競争のランクから追い出される恐れさえある。

業界によれば、26日、大手半導体企業は、政府が「チップ4」に参加した場合にどうなるかをよく知っている。 韓国が4チップに参加するかどうかを選択しなければならない状況では、半導体業界はそれぞれの状況のリスクを予測し、それらを厳密に管理する雰囲気にあります。

業界では、グローバルな半導体サプライチェーンの再編成で生き残るためにチップ4に参加する必要があるという意見がやや支配的です。

米国と日本は、半導体装置、技術、材料、部品で韓国を上回っています。 特に、米国は重要なソース技術を保有しているため、技術的優位の戦争において絶対的な優位性を持っています。 可能性は低いが、米国が独自の半導体技術の使用を規制すれば、韓国企業が半導体を自社で生産することは不可能になるだろう。 最悪の場合、韓国の半導体産業は世界の半導体サプライチェーンから締め出され、その存続が不確実になる可能性があります。

韓国産業経済貿易研究所のキム・ヤンパン研究員は、「米国には半導体のソース技術がたくさんあるので、自国の技術を管理することは、半導体の海外生産に影響を与える可能性がある。 生産は不可能です。

主に米国でサプライチェーンを再編成する企業の投資戦略も混乱する可能性があります。 最近、テキサス州テーラーに9つの新しい2,000億ドルの工場を建設するサムスン電子の投資計画が、米国の地元メディアで発表されました。 さらに、Samsung Electronicsはオースティンで2つの半導体工場を運営しており、170億ドルの投資でテイラーに鋳造(委託半導体製造)工場を建設しています。 米国が韓国に背を向ければ、そのような投資計画は必然的に停止するだろう。

チップ4に参加することさえ問題です。 確かに、中国の統制と報復は容易ではないはずです。 香港を含む中国市場が韓国の半導体輸出の約60%を占めるため、サムスン電子とSKハイニックスは最大の市場を失う可能性があります。

中国はすでに韓国への圧力のレベルを高めており、特に韓国、日本、台湾の4つのチップ対象国の間で顕著です。 韓国がチップ4に参加した場合、中国はサムスン電子とSKハイニックスから半導体を受け取る負担をすぐに増やすしかない。

昨年末現在/出典:TrendForce提供

昨年、中国の半導体自給率はわずか16.1%でしたが、それでも中国企業は6.6%しか占めていませんでした。 メモリ半導体市場を支配するサムスン電子とSKハイニックスがなければ、中国が発表した「2025年までに70%の半導体自給率」を達成することは事実上不可能です。

中国政府は、封じ込めのレベルを上げるために、チップ4に参加するという韓国の決定に圧力をかけています。 中国外務省の趙立堅スポークスマンは19日、「米国は、自由貿易、政治化、道具化、科学技術と経済貿易問題の軍事化の原則を支持し、困難な外交に従事しながら、国の能力を乱用している。 しないように頼んだ

中国の国営メディアも毎日、韓国のチップ4への参加を確認する記事や社説を発行している。中国共産党の公式メディアであるグローバルタイムズは21日、韓国に指をさし、「韓国がチップ4アライアンスに参加したのは商業的自殺」。

韓国の半導体供給に大きく依存しているため、可能性は高くないが、 中国が貿易報復を行うと、韓国企業の生産工場も脅かされる可能性がある。 サムスン電子は中国の西安と蘇州で工場を運営しており、SKハイニックスは無錫と重慶でそれぞれ工場を運営しています。

そんな中、政府は来月までにチップ4に加入するかどうかを米国が知りたがっているのか、タイムラインに制約されない立場にある。 前日、外務省当局者は、チップ4への参加を求める米国への参加提案であるとは言い難く、回答期限があったことを受け入れるのは難しいと述べた。 4チップのサブスクリプションの影響は大きいと予想されるため、同社は慎重な姿勢を維持していると解釈されます。

これに対し、業界関係者は、「半導体産業は韓国経済のバックボーンであり、韓国の総輸出額の約20%を占めている。これを実現するには、サムスンエレクトロニクスやSKハイニックスなどの半導体企業とのコミュニケーションを拡大する必要がある。業界の状況と立場を完全に反映している」と述べた。

就任後初めて韓国を訪れたジョー・バイデン米大統領は、20日午後、京畿道平沢(サムスン電子)の半導体工場を訪問し、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領に挨拶する。 /写真:聯合ニュース

ジャーナリストミンジュキムstella2515@

〈ⓒe-Korea Economic Daily(www.dnews.co.kr)の無断転載、収集、再配布は禁止されています〉

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です