「家にロボットの友達はいますか?」 「ロボットの国」で世界一の国民日報

ソウル龍山区の龍山公園を訪れた子供が先月17日、警備ロボットの横の動きを真似た。 大統領警備隊は12日、全国の情報通信技術企業の専門家11人で構成されるワーキンググループを立ち上げ、9月末を目標に「ロボット犬」と「ガードドローン」の紹介を準備している。 新着

京畿道群浦にあるCJロジスティクスインテリジェントフルフィルメントセンター。 この小包の配達場所では、126台のロボットが活動しています。 作業員は、職場に立ったままタッチスクリーンを押してロボットを呼び出し、バーコードをスキャンします。 他のすべてのプロセスはロボットの責任です。 ロボットは倉庫から商品を取り出し、労働者に運び、箱に詰め物を詰めて梱包します。 請求書を箱に貼り付けて商品を出す作業もロボットによって行われます。

既存のロジスティクスセンターでは、労働者は箱を運び、特定の基地に駐車されている機械を探して職場を歩き回りました。 反対のシーンは、スマートフルフィルメントセンターで行われます。 パッケージが梱包され、検査され、出荷され、配達されるまで、人は一歩も踏み出しません。 定義されたルートをたどるロボット(AGV)と自律的に動作するロボット(AMR)のみが職場内を移動します。

この自動化システムには、人の労力と時間を削減するだけでなく、配信エラーを削減するという利点があります。 群浦スマートフルフィルメントセンターでは、労働者の1時間あたりの作業負荷は23.8箱です。 効率は、既存のロジスティクスセンターの労働者1人あたりの作業量である1時間あたり15.4ボックスと比較して54.5%向上しています。 CJ大韓通運の関係者は19日、「ロボットを使った作業の効果を確認しました。 同氏は、「京畿道龍仁市南沙邑(ナムサウプ)に建設する物流センターなど、他の場所にも同じ自動化システムを導入する予定だ」と語った。

QRコードを認識して設定されたルートをたどるロボット(AGV)が15日、京畿道群浦市のCJ大韓通運インテリジェントフルフィルメントセンターに小包箱を運ぶ。

京畿道群浦(クンポ)のCJ大韓通運スマートフルフィルメントセンターの作業員が15日、作業スペースの画面を見ながら荷物のロジスティクスを担当。箱の運搬と梱包はロボットが行う。 新着

世界一の「ロボットの国」韓国

韓国は世界で最もロボットを使用している国です。 昨年12月に発表されたレポートによると、国際ロボット連盟(IFR)の最新データによると、韓国は10,000人あたり932台のロボットで1位にランクされています。 圧倒的に1位で、2位のシンガポール(605台)を35ポイント上回っています。 ロボット産業の「2つの山脈」とされている日本とドイツでは、1万人あたりのロボットの使用量は韓国の半分以下です。 日本は390台で3位、ドイツは371台で4位です。

国ごとのロボットの総数を数えても、韓国の立場は大きく変わらない。 ロボットの総数を特定したIFRレポートでは、韓国は30,500台で4位にランクされました。 韓国は中国(168,400台)、日本(38,700台)、米国(38,800台)に次いでロボットが最も多い。 ファクトリーオートメーションで比類のないドイツのロボットの総数は22,300台で、韓国に次ぐ第5位です。 韓国には、メルセデスベンツ、BMW、フォルクスワーゲン、ポルシェの各工場でロボットアームを備えた車を常に印刷しているドイツよりも多くのロボットがあります。

韓国は、スマートフォン、半導体、自動車、船舶など、世界の必要な商品のほとんどを生産している製造国です。 この産業環境により、韓国は「世界一」のロボット国になりました。

昨年12月に発表された国際ロボット連盟(IFR)の最新データによると、韓国には10,000人あたり932台のロボットがいると数えられています。 ロボットの使用量では世界第1位であり、世界平均の126倍の7.4倍です。国際ロボット連盟のウェブサイト

ロボットは今、韓国人の日常生活に浸透し始めています。 レストランから食料を届ける「サービスロボット」や、コンビニエンスストアから近くの住居に商品を届ける「ロボットライダー」は、すでに人間の周りを歩き回っています。 ロボットがコーヒーを淹れ、鶏肉を揚げます。 国内のモバイル配信アプリ(アプリ)のシェアが最も高いBaedal Minjokは、仁川国際空港の第1ターミナルのすべてのゲートに18歳からのロボットで注文した食品の配送を開始しました。

やがて、大統領側を守る「ボディーガードロボット」が登場する。 大統領警備隊は12日、三星(サムスン)電子、ネイバー研究所、カカオエンタープライズなど全国の情報通信技術企業から11人の専門家によるタスクフォースを立ち上げ、「ロボット犬」と「ガードドローン」の紹介を準備している。 導入予定日は9月末です。

ロボットは人間の役割を減らしますか?

ロボット産業が急速に発展するときはいつでも、「人間の役割を減らすこと」についての議論は避けられません。 世界で最もロボットを積極的に利用している韓国の背後には、人件費を最速で削減するという厳しい見通しがあります。 アメリカの経営コンサルティング会社であるボストンコンサルティンググループは、2025年までの10年間のロボットの導入による国別の人件費の減少率を推定しました。これは、国内総収入が2015年と比較して3分の2削減される可能性があることを意味します。 3年で。

一方、いくつかの研究結果は、ロボットが仕事に侵入することについての懸念に反論しています。 デンマークのオーフス大学の研究者は、1978年から2017年までの日本のメーカーの労働力構造を分析し、「従業員1,000人あたりのロボットの追加ごとに雇用が2.2%増加した」と分析しました。 言い換えれば、ロボットに労働集約的なタスクを与え、余分な時間を費やした人間は、生産性の向上とビジネスの利益の増加により、追加の仕事を生み出しました。

海外の成長産業を分析するシンハン・ファイナンシャル・インベストメントの主任研究員である金星煥は、次のように述べています。新しい産業と仕事。 それはこの方向に発展するでしょう。

昨年11月22日、ソウル瑞草区のセブンイレブンコンビニエンスストア前で「ニュービー」配達ロボットが商品を配達する準備をしている。 新着

昨年6月23日にソウル江南区COEXで開催された第10回スマートテックコリアと第1回デジタル配信博覧会で鶏肉を揚げるロボット。 新着

一部の業界関係者はまた、「人口の崖」危機に引きずり込まれている韓国の将来の減少する労働力をロボットが埋め合わせると信じています。 しかし、この分野のエンジニアの中には、「ロボットが人間の役割を置き換えることができる領域には限界がある」と述べている人もいます。

ベルギーのピキットNVのクー・クーヨン博士は、「自動車、コンピューター、スマートフォン産業が成長を続けている理由は、人間ができないことや必要なことをできるようになったからだ」と語った。 ロボットソフトウェア会社。 インフレータと収縮期の間にはサイクルがあります。 最近登場したサービスロボットは、産業の拡大期に大きな関心と需要を集めている製品であり、一時的な現象である可能性があります。

「最終的には、人間のニーズと社会的妥協がロボットの役割を決定します」とクー博士は言いました。 「ロボットが仕事のために人間と衝突する場合、その役割は人間ができないか危険な領域に限定する必要があります。」

キム・チョルオ、スタッフレポーターkcopd@kmib.co.kr

GoodNewsPaperⓒ 国民日報(www.kmib.co.kr)許可なく複製、収集、再配布することは禁じられています


国民日報新聞を購読する

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。