「定年退職後にスタジオを構える…こんな幸せって他にある?」

「幼い頃から絵に憧れていました。絵を描く余裕はありませんでした。畜産業と化学産業(磁器工場)を経て、公務員として独学で学びました。そこにエネルギーを入れます。」 スタジオを作って、一日中絵の勉強をしています。 こんな幸せが他にあるだろうか?」

イ・ウィヨル 64歳 文芸家。 21日、驪州市大新面長風2里のアトリエで昔話した画家に会った。 才能があり、芸術を愛していましたが、それができませんでした。 中年は独学で受賞し、引退後は画業に専念する喜びを隠せなかった。 時間、スペース、材料が揃ったので、レイト カッティングへの情熱に火をつけようと決心しました。

彼の絵画研究は 52 歳で始まりました。 驪州地検の役人だった時、インターネットを検索して4代目貴族を描き始めた。 私は自分の人生の夢を実現し始めました。 また、文芸家のソン・グァンシクさん(中国で電気業界のフルタイムの勉強をしながら美術協会の理事を務めていた)と知り合った。 彼らは連絡を取り、司祭の関係を築きました。

「やりたかったけどダメだったから諦めた」

「週末は驪州に滞在すると言っていたので、コピーを取りに行って1週間コピーしました。仕事から副業まで、畜産業で働きながら借金を返済し始めましたが、時間が足りませんでした。 . 明け方に寝るのを諦めて描きました. 数ヶ月かかりました. 4番目の紳士を知った後、アートコンテストに提出するように頼まれました.

 

同年、アートコンクール、書道文学コンクール(7月22日入選)、ジャパニーズテリア書道コンクール(12月23日特選)入選。 そして、減速が戻ってきました。 真似が全てじゃないと思い、またネットで検索して、学びへの情熱を燃やしました。 しかし、それを一人で行うのは簡単ではありませんでした。 時間がない、学ぶ方法がない。 15年もの損失を経て、引退したときの初心を思い出しました。 風景画の分野を拡大することも決定されました。

もちろん、ただ手放すだけではありません。 驪州人民会に入会(5年前)後、山水画を学び、会員で5回の展覧会を企画。 昨年9月28日から11日まで、「近所を歩く」展(驪州世宗文化財団主催、ムクジ派主催)が開催された。 今年は11月8日から17日まで驪州世宗文化財団で開催される。

「風景画は別の画法が必要なので簡単ではありません。インターネットで検索したところ、有名な先生の YouTube 動画に出くわしました。スケッチで 80% 完成していると言われています。うん。少し見え始めています。しかし、それは孤独と不安の連続。」

叶えられなかった子供の頃の夢を追い求め、筆を手にネットで検索する文芸家の旅。 これは、抽象絵画の先駆者であるワシリー・キンディンスキーが、よく通っていた法学部(モスクワ)の教授職を離れた後、絵を描き始めた時期を思い起こさせます。 印象派展でモネの「干し草の山」の内容が分からないことに衝撃を受けて描き始め(タイトルだけ見てタイトルが分かった)、ついに「見える」を超えて「心」を描くという芸術の地平を切り開いた。 . ‘。 それは百年以上前のことです。

彼がなぜ中年以降に文人画を描き始め、引退後は風景画に専念するためにアトリエを設立したのか、興味がありました。 彼は幼い頃に夢見た夢を決してあきらめませんでしたが、できませんでした。 一生の宿題として、いざというときは迷わず始めました。

 

「出勤、独学アートコンテスト入賞」

「高校を卒業した後、驪州の書道学校に通いました。絵を描きたいと思っていましたが、それができず、書道を学びに行きました。故郷に戻りました。芸術を作る余裕がなかったので、人生の困難について。」

彼は畜産業を始めました。 1 頭の豚から始めて、200 頭に増やしました。 しかし、1979年に牛の危機で倒産。彼はまた、陶器工場で化学者として働いていました。 その後、検事として勤務(2018年退職まで)。

借金の負担のために、彼は副業としてシカ牧場(後に変身したヘルスリゾートでさえ)を開きました. 生計を立てるのに役立ちましたが、絵画の勉強のつまずきでもありました。 鹿の脱走で牧場は閉鎖され、保健所だけが運営されていたので、塗装に専念することにし、それもやめることにしました。

こうして後発の絵画研究が生まれた。 ワークルーム(ヘルスセンターを改築)も完備。 彼は、風景画にも彼が見た世界が含まれており、模倣に向けられたものではないと述べました。 外で紙と筆(鉛筆)で絵を描いているアーティストが羨ましかったのですが、なぜか恥ずかしくて前に出たがらなかったそうです。 韓国画(山水画)の分野で美術コンクールに挑戦します。

あなたの人生で絵は何ですかと聞かれると、彼は迷わず「私のすべて」と答えました。 心に秘めたアーティストの夢。 還暦を迎え、昔からの夢を叶えるアーティスト。 彼と同じ境遇にある人たちに、「決してあきらめないで」「あきらめなければ、いつか必ずできる」と訴えた。

文化と芸術生活を覆すことになると、ジョージ・ウィンストン (73) に勝るものはありません。 「カノン変奏曲」(ピアノ演奏)で一躍スターとなり、原曲はヨハン・パッヘルベルが17世紀に作曲した「カノン」(弦楽アンサンブル)(バロック音楽)。 ジョージはピアノ曲を編曲しましたが、今日私たちが知っていること、聞いていることは彼のバリエーションです。 300年前の音楽を使って世紀の富を築いた。

 

この文芸家の「自発的な苦しみと栄光」の背後には、家族の支えが隠されています。 特に妻は、韓紙と陶器の職人技を感じさせる作品を最初に評価しました。 「空きがない」「曇っている」など。 意外なコメントでした。 賞賛の欠如は彼の不満です。 彼の妻は 3 回の心臓弁手術と 1 年間の白血病治療から回復中です。 スタジオに立ち寄って「かっこいい」と言ってくれるお母さんと、私の仕事をしている息子さん(もう一人)も支えてくれています。 興味深いことに、ソン・ドンソも公務員であり、文芸家(公務員作家・芸術家コンクールのゲストライター)になった。

「女隊長としての村の熱意…」

地域活動にも熱心です。 数年前、村企業設立推進委員会の委員(現監事)を経て、「女性大蔵きのこ村」(農協会、2018年)を設立。 出稼ぎ労働者(外国人)4名を含む従業員8名の中小企業です。 彼はまた、村のシェルター(公園)の作成を先導し、500坪の敷地にパビリオン、噴水、水車、バレーボール、バスケットボール、卓球、ビリヤードの部屋を備え、地元の人々から賞賛を受けています(近隣の人々も使用しています)軍事ユニット)。

補遺 | インターネットジャーナルにも掲載。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。