「宗教的迫害」を請願した安倍の母方の祖父…安倍家と世界平和統一家庭連合

文鮮明(左)、統一教会の会長、岸信介前首相、安倍の母方の祖父。 写真=chojin.comから撮影

安倍晋三元首相を射殺した容疑者の山上哲也氏は、犯罪の背景として、母親の宗教である世界平和統一家庭連合(統一教会)を、安倍晋三元首相と宗教団体は世間の注目を集めています。

NHK、読売、朝日新聞などの日本のメディアによると、山上容疑者は警察の捜査で、「母は特定の宗教団体に関与し、巨額の寄付をし、私の家族生活は台無しにされた」と述べた。 これ」と彼は言った。

読売新聞は13日、警察の捜査中に、容疑者が統一教会の2番目の長である韓鶴子を標的にしたと報じた。 統一教会は、文鮮明によって1954年に設立された韓国の新しい宗教であり、2012年の彼の死以来、彼の妻である韓鶴子は、教会の2番目の長として家族連盟を率いてきました。

容疑者はまた、「安倍首相の岸信介前首相、母方の祖父、安倍首相の母方の祖父を、当時の大統領を海外から招き、日本で殺害することにした」と述べた。 政治的な動機はありません。

それに応えて、田中富弘大管長は11日、容疑者の母親が1900年代後半から世界平和統一家庭連合の会員であったことを認めて記者会見を開き、「安倍元首相統一教会の会員として登録されたことはなく、カウンセラーとして働いたこともありません。」

日本のメディアによると、容疑者は昨年の統一家庭連合関連のイベントで安倍前首相が特別演説をしているビデオを見て、彼が近くにいると思った。 実は、安倍晋三前首相は、昨年9月に世界平和統一家庭連合と姉妹組織である天宙平和連合(UPF)が共催した「シンクタンク2022希望希望会議」で特別講演を行った。

世界平和統一家庭連合と安倍晋三前首相との関係は、日本で継続的に議論されているトピックです。 京都ニュースによると、先月26日のNHKの「日曜トーク」で、黒川敦彦党幹事は、「安倍首相は、世界平和統一家庭連合から多大な支援を受けている。

2022年のシンクタンク会議で特別講演者を務めた安倍晋三元首相。 写真=YouTubeHappyLifeからキャプチャ

安倍前首相と統一教会との関係が議論され続けている理由は、統一教会と右翼政治勢力との長年の関係によるものと思われる。 世界平和統一家庭連合の政治組織である国際ソンゴン連盟は、保守的な自民党員と緊密な関係を持っていることで知られています。

国際スンゴン連盟は、統一教会を創設した文鮮明の指導の下、1968年4月に設立された反共産主義組織です。 MAG2 Newsは昨年9月、「岸元首相が統一教会と協力して国際勝利連盟を設立した」と報じた。 統一教会との関係は、メッセージを送ることとして頻繁に議論されました。」

彼らの緊密な関係は、極右の自民党員であった岸前首相が1970年4月に日本の世界平和統一家庭連合を訪問したことにも見ることができます。

「統一教会と岸信介元首相」というタイトルの記事で、統一教会を特集した超人的なネットワークサイトに、文鮮明と韓鶴子の間に立っている岸信介元首相の写真が掲載されました。教会は1973年11月23日に出版されました。

別の投稿には、岸元首相が1984年に月大統領が米国で脱税のために駐日米国大使を務めていたダグラス・マッカーサー2世と一緒に米国大統領に送った請願が含まれています。岸大臣はまた、宗教的自由を抑圧するのではなく、解放するように彼に促した。「歴史上のすべての偉大な宗教指導者のように、ムーン大統領は現在迫害されている。

1985年、自民党はスパイ防止法と呼ばれる秘密の国家法案を国会に提出し、統一教会と国際スンゴン連盟がこの過程に介入したことが知られている。

統一教会は1950年代後半に日本で広まり始め、多くの信者を獲得しましたが、1980年代には、その感動的な貿易法について日本社会から批判されました。 刺激的な商法は、先祖の苦しみを取り除き、子孫の安全を確保するために、精神的な力を備えた特定の製品を購入する必要があるというものです。 1987年に、商法対策の刺激に関する全国提唱者連絡会議が決定され、被害者が提起した訴訟で事件は敗訴した。

山口裕史弁護士協会の山口裕史弁護士は12日、記者会見を開き、「統一教会の過度の寄付で、信者の子供や家族がどれだけ苦しんでいるのかを知ってほしい」と述べた。 。」

弁護士連絡委員会によると、2009年から2021年までに約4,000件の損害賠償相談があり、175億円の損害賠償がありました。 紀藤正樹弁護士は、次のように述べています。 この事件(安倍前首相の死)に至るまでに統一教会が引き起こした問題は非常に重要だ」と述べた。

林智譓、記者jihye@kukinews.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です