「安倍は安定している」? 日本のもう一つのアメリカの見方

ほとんどの韓国人は、日本の政治が軍事力になるのをやめ、極右軍を弱体化させることを望んでいます。 アメリカ人も日本が危険にさらされることを望んでいませんが、韓国人とアメリカ人には互いに異なる部分があります。

安倍晋三前首相のような人が帰国することは韓国ではほとんど期待されていないが、米国にはあるからだ。 このような感情は、ワシントン時間から10日に米国議会調査局が発表した報告書にも見ることができます。

「東京の政治的変遷」と題された報告書は、菅義偉首相が3日に自民党総裁に立候補しないという宣言について最も影響力のあるアメリカの見解の1つを反映している。

 

全体像を見る

バイデン米大統領(左)と菅首相は4月にホワイトハウスでハンバーガーと一緒に昼食をとる。
ⓒIlTVをキャプチャする

関連写真を見る

菅義偉の辞任の発表の影響を予測するこの報告書は、菅義偉の辞任が日本だけでなく日本でも不安定さを引き起こす可能性があることを指摘している。 同報告書は、「菅首相の発言は、日本の政治を不確実なものに陥らせており、結果の大きさによっては、日米同盟に重大な影響を与える可能性がある」と述べた。

報告書は、短命の首相で終わる菅の運命が次の首相または首相に引き継がれることを恐れている。 2006年9月26日から翌年9月26日までの約8年間、2012年12月26日から昨年9月16日までの約8年間務めた安倍晋三首相の後の首相としての菅の短期的な政治的成功は短命でした。 首相から「受け継がれる」のではないかと危惧されている。

「日本が頻繁な指導者交代の慣行に戻ると、東京は信頼性の低いパートナーと見なされる可能性がある」と報告書は述べた。 これは、安倍晋三氏のように約9年間在職している安定した人物に対する米国の希望を間接的に示している。

全国メディアで報道された第12回朝日新聞世論調査によると、日本人の58%が「次期首相はアベナ・スガを引き継ぐべきではない」と答えた。 安倍や菅が成功しない人を望んでいるということは、彼らがかなりのレベルの政治的変化を望んでいることを意味します。 これらの有権者の感情は、政治的革新または政治的不安定の要因となる可能性があります。 議会研究室が日本の政治情勢を懸念しているのは、この気持ちと関係がないと言えます。

米国の見方元日本の安倍晋三首相


上記の報告書を書いたりレビューしたりしたアメリカ人が、日本の有権者の気持ちに反する安倍晋三のような人を好む理由は、日米同盟を安定させることができないという判断だからです。が表示されます。

安倍晋三氏の長期在任に先立ち、政情不安に陥る可能性を指摘し、「後継者がいないと、日本の政治が旧体制の短期的リーダーシップに戻るのではないかと懸念する見方もある」と述べた。 ワシントンでのリーダーシップの交代と同時に起こった政治的混乱の時期は、日米間の政治的協力をより困難にした。

アフガニスタンとイラクで対テロ戦争を開始したブッシュ政権は、2005年1月に第2期を開始し、2009年1月にバラクオバマ政権に取って代わられた。オバマ政権は2013年1月に第2期を開始した。 ブッシュ政権の後半からオバマ政権の第二期の初めまで、アメリカのグローバル戦略は大きな変化を遂げました。

ブッシュ政権のグローバル戦略はどこからでも否定的な反応を引き起こし、米国の道徳的地位を低下させ、オバマ政権はこの戦略に多くの変更を加えました。 その後、2011年に、オバマは中国に対する彼の戦略を修正するアジアのリバランス政策を実施しました。 中国が世界第2位の経済大国になった直後に浮かび上がったリバランス政策は、トランプよりは低いが、以前よりは高い強度で中国に圧力をかける戦略でした。

ジョージ・W・ブッシュの第二期以来、アメリカのグローバル戦略が挑戦され、変化を求められたとき、日本ではレジームチェンジが起こった。 小泉純一郎内閣は、ジョージ・W・ブッシュ政権の初政権から3か月後の2001年4月に発足し、2006年9月にジョージ・W・ブッシュの第2期末期に解散した。

2006年9月に自民党の安倍晋三内閣(初)、2007年9月に自民党の福田康夫内閣、2008年9月に自民党の麻生太郎内閣が登場した。

 

全体像を見る
2018年10月14日の自衛隊視察イベントで、日本の安倍晋三首相が表敬訪問しました。

2018年10月14日の自衛隊視察イベントで、日本の安倍晋三首相が表敬訪問しました。
ⓒ首相官邸

関連写真を見る

戦争犯罪を悔い改めなければならないという立場をとった鳩山由紀夫が9ヶ月(4回目)務め、2010年6月から2011年9月まで菅直人、2012年12月まで野田佳彦が続いた。鳩山大臣は、2012年12月に7回目の首相に就任し、不安定な状況を終わらせ、約8年間統治を続けた。

米国は、米国の全体的な戦略の調整期間中に、6年間で7つのレジームチェンジが起こったに違いないと感じており、日米の政治協力は適切に機能していなかった。 上記の報告は、菅氏の辞任後、このような事件が再び発生する可能性があることを恐れていたと言えます。 報告書を書いた人たちは、菅氏の就任1年後の辞任と、安倍晋三氏の就任1年後の2007年9月から政情不安が続いた状況を思い出しているようだ。

報告書には記載されていませんが、小泉純一郎が就任する前の1993年から2000年にかけて、2006年から2012年に起こったことは幾分似ていました。 冷戦後の世界政治が混乱した時代でも、自民党の長期的な統治は崩壊し、首相は頻繁に交代した。

1993年8月に細川護熙(新日本党)が政権を握り、1994年4月に羽田孜(新新党)が政権を握り、同年6月に村山富市(新日本社会党)が政権を握り、1996年1月に自民党が政権を握った。橋本(LDP)が政権を握り、小渕恵三(LDP)が1998年7月に政権を握り、森喜朗(LDP)が2000年4月に政権を握った。

つまり、ポスト冷戦時代の米国のグローバル戦略が変動していた時期には、日本の政策も変動していたのです。 アメリカの観点からすると、日本の政治的不安定は、国が援助を必要とするときはいつでも起こるでしょう。

冷戦時代に米国が安定したとき、日本の政策は異常の兆候を示さなかった。 1955年から1993年まで、PLDは長い間権力を握っていました。 しかし、1993年から2001年と2006年から2012年にかけて、米国のグローバル戦略が崩壊したり、課題に直面したりしたときにも、日本は政情不安を経験しました。 しかし、日本では、バイデン政権がそのグローバル戦略を調整するにつれて、2021年に別の短命の首相が現れました。 米国にとっては、憂慮すべき兆候があると言えます。

要約すると、上記の報告書で表明された感情は、「日本の不安定性は米国に損害を与える可能性がある」というものです。 それは悪い意見ではありませんが、それはアメリカの見方に基づいています。 日本の不安定さは米国にも影響を及ぼしますが、もっと根本的には、米国の不安定さは日本に影響を与えると言わなければなりません。

日本が政情不安を示した1993年から2001年と2006年から2012年は、米国の世界戦略が揺らいだ時期でした。 そのような状況が日本の不安定に影響を与えたと言うのははるかに現実的です。 したがって、菅義偉の儚い人生を見ながら日本の政情不安を心配するよりも、米国全体の立場に変化があったかどうかを見守る方が賢明かもしれない。

日本問題に関する韓国と米国の見解の違い

上記の報告のメッセージの一つは、日米同盟は安倍晋三のような人物が現れた場合にのみ安定して機能することができるということです。 日本の問題に対する韓国と米国の見方に大きな違いがあることを明らかにする一節です。 極右の政治家でさえ、米国の国益にかなう限り、極右を好むという考えがあれば、これが障害になる可能性は考えられない。将来の韓国と米国の関係の発展。

これらの違いを反映する別の認識は、レポートの最後に現れます。 このような違いは、日本の状況が米国に不利になる可能性を制限するための解決策の1つとして提案された措置に見ることができます。 レポートの最後にこの一節があります。

「特に、平和主義憲法第9条に含まれる軍事力の使用に関する日本の制限は、日米合同軍事作戦を制限する可能性がある。北朝鮮の脅威などの制限が続いており、中国の地域的意図に対する懸念が生じている。最近では何年もの間、一部の安全保障アナリストは、日本の防衛政策はこれらの課題に対処するためにより多くの柔軟性を必要とすると信じています。」

戦争を禁止する日本憲法第9条が米軍の作戦を制限する可能性があるという議会調査局の警告は、日本が軍事力になりつつあるというアメリカ人の見方を反映している。 だからこそ、真珠湾攻撃のように米国を攻撃しているのではなく、米国政府とアメリカ人が日本の憲法改正と軍事力を支持し、北朝鮮と韓国と中国の否定的な反応を抑制しているのではないかと懸念している。 1941年12月の港。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。