「安倍の葬式の日?」

日本政府は「早期の沈黙または沈黙を要求する」要求に応えて「審査中」
監督当日の競馬・競輪の中止要請の可能性は残しておく
「良心の自由」と「政治的価値」をめぐる論争は続けるべき

クリックすると原文が見られます。

▲ 28日、安倍晋三首相の辞任を発表する放送を見ている東京の歩行者。
東京EPA聯合ニュース

「(安倍前首相として)監督自身も分からない。

「学校で瞑想するように言われると、子供たちは抵抗できなくなります。」

「人々に黙ってもらう前に、説明しなければならないことがたくさんあると思います。」

先月7日に射殺された安倍晋三元首相の葬儀を国葬とする論争が続く中、日本政府は、同日に国民が一斉に祈ることを強制する計画を検討していると伝えられている。葬式、それは激化します。

19日の時事通信によると、岸田文夫内閣は15日、来月27日に行われる安倍前首相の記念日に向けた「国民への協力要請」について、政府の立場をフォームを通じて発表した。 15日、野党議員の質問に答える。

安倍晋三首相は、2019 年 2 月 23 日の太平洋戦争の沖縄戦で亡くなった人々の追悼式で、花で飾られた祭壇の旗の前を通り過ぎます。 ⓒ AFPBBNews=News1

クリックすると原文が見られます。

▲5月23日(現地時間)、太平洋戦争の沖縄戦戦没者追悼式で、花で飾られた祭壇の旗の前を歩く安倍晋三首相。
ⓒ AFPBBNews=ニュース1

(安倍前首相)の葬儀で、企業や学校が喪服と黙祷の早期免除を要求すべきかどうかという野党議員からの質問に応えて、日本政府は次のように述べた。現在検討中の質問なので、はい」と彼は答え、可能性を大きく広げました.

監督の日に競馬や競輪などのギャンブルを中止するよう呼びかけるかどうか尋ねられたとき、彼は「現時点では決定されていません」と答えただけで、そうする可能性を排除しませんでした.

「官公庁、企業、学校が局長の日に休業するかどうか」や「放送局に歌やダンスを含む番組の制限を要求するかどうか」などの問題について、彼は比較的明確に否定し、「私たちは現時点では考慮していません。」

その中でも、議論を活発にさせたのは「沈黙」のテーマだ。 「国民に黙秘を求めることを検討している」という政府の立場が発表された際、安倍首相の葬儀を所長の葬儀と同じように行うべきか否かについて異議が唱えられると、安倍首相の支持者の間でもSNS上で反対意見が噴出した。 メディアなど。 .

あるネチズンは「安倍首相の葬式を葬祭ディレクターとして扱うことは、国民に哀悼の意を表すことを強制するものではないとして意味がない。別のネチズンは、政府は個人の表現方法を人々に強制したり命令したりすべきではない」と指摘した。早起きや黙祷などのグループ」。

奈良県奈良市で8日、衆院選の選挙戦中に射殺された安倍晋三元首相の葬儀が12日、東京都の増上寺で行われた。手を振る 2022.7.12 ロイター聯合ニュース

クリックすると原文が見られます。

▲8日、奈良県奈良市の衆議院議員選挙で銃撃された安倍晋三元首相の葬儀が12日、東京都の浄成寺で行われた。静止したものを見る。 2022.7.12 ロイター聯合ニュース

また、監督就任当日に国民に過度の要請を行うことは難しいことから、黙秘要請が実現しない可能性が高いとの見方もある。日本政府内外の事務局長。 松野官房長官は「政府は国民全員に補償を求めているわけではない。

しかし、先月 12 日の安倍前首相の遺族の葬儀の際、東京都を含む多くの地方自治体が公式通知を送り、事実上、小学校、中学校、中学校に旗を掲げさせました。冒頭、「良心の自由の侵害」「良心への攻撃」「安倍前首相をめぐる対立と論争は、『強制された政治的価値観』についての論争があったため、続けるべきだ。

キム・テギュン

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。