「安倍の射手の母親が約10億ウォンを寄付した…あなたの家を売って寄付する」-国民日報

安倍晋三元首相を射殺した山上哲也容疑者は、10日朝、奈良西部警察署から検察に送られる。

日本の安倍晋三元首相を暗殺した銃撃者は警察の捜査で、「母は祖父の土地を自由に売り、宗教団体に寄付した」と語った。 地元メディアも、母親の寄付額は1億円(約9億5300万ウォン)だと報じた。

日本のテレビ読売は、捜査官を引用して、13日(現地時間)に射手山上徹也(41)の声明を報告した。

メディアの報道によると、山上氏は調査中に特定の宗教団体に対してどのように説得力を持ったのかについて詳細に説明しているようです。

山上容疑者はまた、「(安倍の母方の祖父)岸信介はある宗教団体と関係があったので、安倍も関与していると思った」と述べ、安倍容疑者を犯したと警察に伝えた。

メディアの報道によると、警察は、安倍首相を殺害するという山神の意図は、宗教団体に対する恨みによって動機付けられたと信じている。

日本のメディアは、山神の母親が信じていた特定の宗教グループは統一教会であったと報じています。

日本の週刊誌「玄大ビジネス」は、山上にある自宅から押収されたメモに、安倍前首相と統一教会に対する恨みを込めた文章が含まれていると報じた。

メディアの報道によると、山上氏の母親は1998年頃に統一教会を信じ始めた。母親は山上祖父から土地と一戸建てを相続し、1998年10月に土地と家を売却したと言われている。

山神さんのお母さんが売った土地と家は約5000万円(約4億7600万ウォン)。 山上さんの母親は2002年8月21日に破産したと宣言されました。

山上さんの母親が倒産したとき、一家は月額7万円程度の賃貸マンションに住んでいた。 山上は、宗教活動による経済的困難を同級生などに訴えたと言われている。

統一教会の元会員は、山上さんの母親について次のように述べています。「私の母親は宗教を信じて一生懸命働いた。 メディアはまた、「心を汚してはならない」と言って、近くの人々にも宗教を勧めたと報じた。

読売新聞によると、母親の宗教団体への寄付額は1億円で、捜査当局はこの状況を把握しているようだ。 読売は事件の関係者を引用して報告した。 しかし、統一家庭連合は、読売新聞に寄付額について「(金額は)ここでは発表しない」と述べた。

山上容疑者は警察の捜査で、「2019年に韓国統一教会の指導者が日本を訪れたとき、火炎瓶で攻撃しようとしたが、立ち入ることができなかった」と述べたことが知られている。

日本の統一教会は、山上氏の母親が統一教会の会員であることを認めたが、寄付の具体的な金額は明らかにしなかった。 寄付する義務はありませんでした。

日本平和統一家庭連合の田中知弘会長は11日の記者会見で、「(母親は)すでに多額の寄付をしているが、それは彼女の希望によるものであり、割り当てはない」と述べた。 彼はまた、次のように述べています。

田中容疑者は、「警察は現在捜査中であるため、容疑者の動機や贈答品についてはコメントを避けたい」と述べた。

特派員ナソンウォンnaa@kmib.co.kr

GoodNewsPaperⓒ 国民日報(www.kmib.co.kr)許可なく複製、収集、再配布することは禁じられています。


国民日報新聞を購読する

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。