「国連事務総長は朝鮮半島情勢を注視している…北朝鮮と関係国との対話を再開したい」

国連事務総長は、韓国訪問に先立ち、北朝鮮と関連国との対話を再開したいと望んでいる、と国連報道官事務所は述べた。 彼はまた、北朝鮮の核と弾道ミサイルの開発は緊張を高めるだけだと指摘した。 アン・ソヨン特派員。

国連事務総長室は4日、アントニオ・グテーレス事務総長が朝鮮半島情勢を注視していると明らかにした。

[유엔 사무총장 대변인실] 「事務総長の韓国訪問については、まだ詳細を詰めています。 事務総長は、朝鮮半島の動向を注視しており、北朝鮮と関係当事者間の対話が再開されることを期待している。 北朝鮮の核計画の追求と弾道ミサイル技術を使用したミサイルの開発は、関連する安保理決議の重大な違反を構成し、地域内外での緊張の高まりに貢献しています。 事務総長は、北朝鮮に対し、安全保障理事会の決定を遵守し、対話に再び焦点を合わせ、これまでの外交努力に基づいて構築するよう繰り返し求めてきました。

スポークスパーソンのオフィスは、同日に日本、モンゴル、韓国を訪問する予定だったグテーレスの韓国訪問の具体的な時期と目的に関するVOAの書面による要求に応え、「事務総長は、北朝鮮と同族諸国だ」

「北朝鮮による継続的な核計画の推進と、弾道ミサイル技術を使用したミサイルの開発は、関連する安保理決議の目に余る違反であり、地域内外の緊張をエスカレートさせるだけである」と彼は述べた。

「事務総長は、北朝鮮に対し、安全保障理事会の決定を尊重し、対話に方向転換し、過去の外交努力を出発点として築き上げるよう繰り返し求める」と彼は付け加えた。

しかし、スポークスパーソンの事務所は、事務総長の韓国訪問はまだ調整中であると述べた。

ホワイトハウスの元大量破壊兵器コーディネーターであるゲイリー・シーモア氏は4日、VOAとの電話で、グテーレス氏が訪問中の北朝鮮の継続的な挑発を非難するだろうと予測した.

元ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)の大量破壊兵器コーディネーター、ゲイリー・シーモア(ファイル写真)
[녹취: 게리 세이모어 전 조정관] 「彼は、国連安全保障理事会の多数の決議に違反して核とミサイル計画を進めていることで、北朝鮮を非難するだろうと思う。それが大きな違いを生むとは思えない。だから私は、それはほとんど象徴的だと思う。残念なことに、安全保障理事会は、一方では米国と他の欧州の常任理事国、他方ではロシアと中国の間で深く分裂しています。

北朝鮮は、さまざまな国連安保理決議に違反する核およびミサイル計画について、北朝鮮を非難すると予想されます。

しかし、それが大きな変化をもたらすかどうかは議論の余地があり、グテーレス大統領の韓国訪問は象徴的な意味しか持たないだろうと予測した.

元コーディネーターのシーモア氏は、国連安全保障理事会は、米国と欧州の常任理事国と、中国とロシアの常任理事国の間で深く分裂しているため、行動する権限を持っていると説明した.

そんな中、グテーレス書記長は4日から日本、モンゴル、韓国を訪問する予定です。

[안토니우 구테흐스 유엔 사무총장] 「私は日本に行き、広島に行き、それから不拡散に関連する2つの国を訪問します。モンゴルは非常に前向きな国なので、韓国とモンゴルに行きます.北朝鮮との関係を確立すること。」

グテーレス事務総長は前日の記者会見で、日本の広島に旅行すると述べた。

続いて、北朝鮮との関係構築においてモンゴルは非常に積極的な役割を果たしてきたため、核不拡散に関連する韓国とモンゴルを訪問する予定であると説明した。

これに先立つ2日、国連のステファン・ドゥジャリック報道官は定例ブリーフィングで、グテーレス事務総長が広島の原爆犠牲者の霊を追悼する平和式典に出席することを6日に明らかにした。

アントニオ・グテーレス事務総長が平和式典に出席するのはこれが初めてであり、現職の国連事務総長が就任するのは12年ぶりです。

デュジャリック氏は、グテーレス事務総長が第二次世界大戦のすべての犠牲者を称え、世界の指導者に核兵器の備蓄を迅速に削減するよう呼びかけると述べた。

続いて事務総長は、モンゴルのオナゲル・フレルスフ大統領の招待でモンゴルを訪問していると述べ、モンゴルは非核地帯を宣言し、不拡散と軍縮へのコミットメントを示した国であると述べた。

VOAニュースのアン・ソヨンです。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。