「口コミ外交」で結ばれた韓国と北朝鮮にこっそり手を差し伸べる日本

ユン・ソクヨル大統領とジョー・バイデン米国大統領が21日(現地時間)、ニューヨーク市のビルで開かれた第7回グローバルファンドの財政約束会議の後、会談している. 新着
尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領は、英国女王の葬式と国連総会で本格的な外交訪問を開始したが、結果として最悪の成績表を受け、ほとんど結果が出なかった。


交通渋滞などの理由で故人を訪ねることができなかった議定書の経験不足のために、彼らが「優雅に合意に達した」と述べた韓日首脳会談は達成されなかった.これが起こるかどうかは不明でした。

また、ユン大統領が日本の岸田文夫首相を訪問し、非公式の非公式会談を行ったという事実にも満足しなければなりませんでした。 会談以上の意味を与えにくいという意味で「屈辱的な外交」との批判に直面。

韓国の電気自動車に対する差別や通貨交換などの問題を解決するための韓米首脳会談は、48秒の会話で終わった。 困難な経済状況と戦略的産業の将来を考えると、これは非常に緊急の課題でした。

◇イギリスの弔問外交、国連の素手外交論争を受けて「リー○○」外交大惨事に


少なくとも「手ぶら外交」レベルだったのですが、ギリギリで非現実的で大規模な悪いニュースが出て、編集全体が解禁されました。

協力者との会話ですが、大韓民国大統領が公の場で「この○○」など耳を疑うような暴言を吐くのは極めて異例。。

また、この発言は米議会に向けたものと解釈されるため、野党の「外交破局」との評価は過大ではない。 実際、電気自動車の問題を解決するには、米国議会の協力が不可欠です。

発言の文脈によっては、これはバイデン大統領に対して無礼と見なされる可能性があります。 それをどうにかするのは簡単なことではなく、たった一言で莫大な外交的負債を背負うことになります。

民主党の朴弘根(パク・ホングン)代表は22日、「素手外交と征服外交に続き、尹大統領のぎこちない外交が大韓民国の尊厳を大きく傷つけた」と批判した。

◇日本の岸田氏は、金正恩との「無条件の会談」を提案し、安全保障理事会への道を開くことに注目している

共同通信は、ジョー・バイデン米大統領と日本の岸田文雄首相が21日(現地時間)、ニューヨークで会談し、短い会談を行ったと報じた。 国連総会に出席するためにニューヨークを訪問している日米の指導者は、エイズ、結核、マラリアの米国が抱える 3 つの主要な感染症への資金を集めるための会議の後、会話をしています。 新着共同通信は、ジョー・バイデン米大統領と日本の岸田文雄首相が21日(現地時間)、ニューヨークで会談し、短い会談を行ったと報じた。 国連総会に出席するためにニューヨークを訪問している日米の指導者は、エイズ、結核、マラリアの米国が抱える 3 つの主要な感染症への資金を集めるための会議の後、会話をしています。 新着
一方、日本の岸田文夫首相は、外務大臣としてのキャリアの専門知識を発揮することにより、国連の舞台での存在感を確保しています。

ロシアのウクライナ侵攻を口実に国連安全保障理事会の改革を訴え、安保理常任理事国入りという日本の悲願に一歩近づいた。

バイデン米大統領は岸田首相を「高く評価」し、安保理改革に向けた二国間協力を約束した。

岸田首相の決定でさらに注目されるのは、北朝鮮に対する柔軟なメッセージだ。 彼は20日の演説で、今年は北朝鮮と日本の平壌宣言から20周年であると述べ、北朝鮮の金正恩委員長との「無条件の再会」を提案した。

平壌の朝日声明は、2002 年 9 月に日本の小泉純一郎首相が金正日大統領との関係改善のために北朝鮮を訪問したことに言及している。

1990年、当時の金丸晋副首相が野党社会党員と電撃的に北朝鮮を訪問し、声明を発表したとき、日本はすでに韓国より機敏だった。

◇政府の「話すための会合」反対に当惑…注目の日本

ユン・ソクヨル大統領が21日(現地時間)、米国ニューヨーク市のビルで開かれた第7回グローバルファンドの財政誓約会議の後、出席者と一緒に記念写真を撮っている. 左から、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の共同議長であるビル・ゲイツ氏、日本の岸田文夫首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン大統領、米国のジョー・バイデン大統領、コニー・ムデンダ(RED)機構大使、ユン・ソクヨル大統領、カナダのジャスティン・トルドー首相、ドイツのオラフ・ショルツ首相。 新着ユン・ソクヨル大統領が21日(現地時間)、米国ニューヨーク市のビルで開かれた第7回グローバルファンドの財政誓約会議の後、出席者と一緒に記念写真を撮っている. 左から、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団の共同議長であるビル・ゲイツ氏、日本の岸田文夫首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン大統領、米国のジョー・バイデン大統領、コニー・ムデンダ(RED)機構大使、ユン・ソクヨル大統領、カナダのジャスティン・トルドー首相、ドイツのオラフ・ショルツ首相。 新着
日本は、米国よりも先に中国(CCP)と国交を樹立したことからもわかるように、日米同盟を重視し、常に自主権の確保と外交空間の拡大に努めている。

繰り返しになりますが、米国との緊密な協力の下で、北朝鮮に対する強硬な姿勢と圧力を継続するのかどうか疑問に思っていましたが、突然立場を変えました。

文在寅(ムン・ジェイン)政権の南北会談を「政治スペクタクル」と批判し、北朝鮮との「会談のための会談」を拒否した尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権の恥ずべき部分だ。

外務省関係者は「外国首脳の発言にコメントするのは適切ではない」としながらも、これ以上の対応は控えた。

もちろん、安倍晋三首相の時代でさえ、日本は北朝鮮に無条件で会うことを何度も申し出た。 しかし、安倍首相の影から出てきた岸田首相の発言は、当時とは全く違う文脈で語られている。

安倍首相の朝日関係改善の試みは、2018 年以来の北朝鮮と韓国の米国との関係の間の過激な戦争による孤立に広くとらわれている.

さらに、安倍首相は、2002 年に当時の小泉首相が平壌を訪問した際に強硬路線を主張しており、韓国で彼を信頼しがたい敵にしていました。

一方、岸田首相は比較的穏健なグループと見なされています。 さらに、北東アジア情勢は日本の鎖国ではなく、新たな冷戦構造へと向かっている。 北朝鮮の融和的アプローチの文脈だけに注意を向けることができる。

◇尹、韓日首脳会談に駆けつける…専門家「30分間会うのは目的があるはず」

尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文夫首相が21日(現地時間)、米国ニューヨークの会議棟で韓日首脳会談を前に挨拶している. 新着尹石烈(ユン・ソクヨル)大統領と日本の岸田文夫首相が21日(現地時間)、米国ニューヨークの会議棟で韓日首脳会談を前に挨拶している. 新着


尹大統領との初会談でも岸田首相は攻防を続け、有利な位置を占めた。

大統領府は会談開催に「同意する用意がある」と表明したが、結果は芳しくない。 「それなら会わないようにしよう」という日本の巧みな外交に促され、彼らは会談を開催することを決心せざるを得なかった。

世宗大学の保坂祐二教授は22日、CBSに出演し、「今回は韓国側の顔を定義した。ちょっと会う目的があるようだ」と宣言した。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。