「円の愛好家」である日本銀行総裁でさえ恥ずかしかった「悪い円」

円高。 新着ドルの安全な避難所とされていた日本円は、急速にその価値を失っています。 これは、金融政策の長年の緩和姿勢が世界的な引き締めの動きと交差したときに発生した現象です。


日本は意図的に円安、つまり円安を誘発することで景気を刺激しようとしているが、高官の間で現在の「円安」状況の診断などの亀裂が検出されている。 輸入価格の上昇による経済効果が円安による輸出利益よりも大きいという危機感があると分析されている。

対ドルでの日本円は20年ぶりの最低水準に落ち込んだ。 21日の朝、日本の外国為替市場では、円ドルの為替レートが1ドル128円を超え、心理的抵抗のレベルと考えられる130円の水準を突破した。 為替レートは先月の31日から14日間連続でひどい上昇傾向を示しており、今年の初めから12%以上上昇しています。 その結果、円安。

日米の金利差は、異常な円安の主な理由の一つです。 3月、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)に政策金利を0.25パーセントポイント引き上げるよう要請し、5月には政策金利を0.5パーセントポイント引き上げる予定です。 「大幅な利上げ」と量的引き締め。 並行して動作すると予測されました。 一方、日本の「ゼロ金利」の原則は尊重されます。 米ドルは下落しなくなったが、日本が通貨安を続ける中、円安が進んでいる。 世界市場では、円ドル相場がまもなく1ドル135円を超え、円安が激しくなるとの見方もある。

日本銀行の黒田総裁。 新着日本銀行の黒田総裁。 新着このような状況から、日本経済の主要人物の間で懸念のメッセージがあります。 鈴木俊一財務相は、18日の衆議院行政審査委員会で円安を「悪い円」と呼んだ。日本の中央銀行である日本銀行総裁の黒田晴彦氏も、同時に、「円高はマイナス(日本経済)」、「中小企業などでは、輸入価格の上昇を乗り越えられなければ、利益は減少する」とのこと。 。

特に黒田社長の発言は、「より慈善的な円」の代表であったことから注目を集めました。 黒田総裁は、安倍晋三首相の第2期の第2期の初めに、2013年に総督に就任し、積極的な量的緩和政策である「アベノミクス」を効果的に主導した。 「ストラップマシンを回して無制限のお金を印刷する」という安倍前首相の言葉に象徴されるアベノミクスは、市場にお金を放出することで意図的に円安を目指しており、これにより、数を増やすことで成長を促進するという考えの企業が利益を輸出しています。


アナリストらによると、黒田総裁の口から円懸念のメッセージが出たのは、その考えと現実が一致しなくなったためだという。 実際、2021年度(2021年4月から2022年3月)の日本の貿易収支は5兆3,749億円の赤字を記録した。 2年ぶりの損失であり、韓国通貨で50兆ウォンを超える規模。 今年3月の貿易収支も4,124億円の赤字を記録し、8ヶ月連続の赤字を記録した。 日本内務省が21日に発表した3月の消費者物価指数も、輸入価格の上昇により、前年同月比0.8%上昇した。 これは2年2ヶ月で最大の増加です。 円安と輸出高に牽引され、経済成長の過程で異常信号が点滅している。

新着新着急激な円安を和らげる対策の一つは、まずは基準金利を引き上げることですが、まだその仕事は進んでいないようです。 代わりに、彼は、21日から26日まで0.25%の金利で無制限の10年国債を購入すると発表しました。 これは、日本の長期金利指標である10年国債利回りが0の範囲に達し、米国の引き締め効果により上限とされる25%に達することで、さらなる上昇を防ぐことを目的とした動きです。 。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のシニア債ストラテジスト、稲丸勝利氏は、「為替レートを無視しても、金利上昇を抑えるという明確な姿勢を示している」と述べた。

金利上昇よりも「金利上昇保護」を重視するのは、金利が上昇すると公債関連の支払利息が100万ドルに達するためだ。 円(約9兆6,790億ウォン)。 また、金利が上がると、これまでに購入した国債の天文学的な価格が下がることを考慮しなければなりません。 対外経済政策研究所日本経済産業主任研究員のキム・ギュパン氏は、「日本政府の債務はGDPの240%を超えているが、無利子で利息がほとんどないため、依然として保有している」と述べた。レート。 同氏は、「過大評価されている国債価格の「バブル」の崩壊を恐れざるを得ない」と述べた。

黒田総裁は、円懸念について「日本経済全体の前向きな評価を変えるものではない」と述べ、現在の金融政策を正当化したが、外見は良くない。 日本経済新聞の日本経済新聞は、「仕事はどんどん遅れていますが、どこまで座れるのでしょうか?」と疑問符を付けました。

一方で、円安が日本企業の製品価格の競争力を高め、韓国の輸出に悪影響を与えるとの懸念もあるが、業界や専門家の間では、輸出への影響について多くの分析が行われている。最小限にする。 韓国国際貿易協会の国際貿易研究所は11日の報告書で、「円安の中でも日本の輸出量は大幅に増加しておらず、日韓の輸出競争も激しくなっている」と述べた。最近下落したため、円安による輸出への影響は限定的だ」と語った。 言った。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。