「伝説のプライド、アジア得点王はバカバカしい」…ソン・フンミンに日本が熱狂

ソン・フンミン(トッテナム)がイングランド・プレミアリーグ(EPL)の最終戦で2得点を挙げ、アジア人選手として初めて得点王になる快挙を成し遂げた。 写真は得点王のトロフィーを手にしたソン・フンミン。 (トッテナムSNSクラブ) © News1

孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)がアジア人選手として初めて英プレミアリーグ(EPL)の得点王になったとき、日本からも称賛の声が殺到した。

ソン・フンミンが23日(韓国時間)、イングランド・ノリッジのカロウロードで行われた2021-22 EPLラスト38ラウンドのノリッジシティ戦で2得点を挙げ、チームを5-0の勝利に導いた。

今季23得点で得点王に輝いたソン・フンミンは「子供の頃からの夢だったが、今でも叶ったとは思えない」と話した。

ソン・フンミンへの称賛は、地元メディアだけでなく、日本でも続き、ライバルとして認められた.

この日、日本最大のポータルサイトヤフージャパンは、ソン・フンミンが得点王になったことを明らかにし、トップニュースとしてフラグを立てた。 日本のネチズンは熱狂的に反応した。 特にソン・フンミンがPKを1つも奪わずにトップスコアラーとして注目した。

最も多くの支持を得たコメントの中で、彼は次のように述べています。

これを成し遂げたソン・フンミンは、アジア最高のストライカーであるだけでなく、世界最高のストライカーであることを証明した。 いいですね」とソン・フンミン。

別のネチズンは「長い間ヨーロッパに根付いていたアジアサッカーに対する偏見を、自分のスキルのおかげで克服した。ソン・フンミンはそのような差別と偏見と戦わなければならなかった。簡単そうに見えるが、忍耐が必要だ」と書いた。そして努力。」

また、ソン・フンミンの父であるソン・ウンジョンを「厳格な父の独特のしつけのおかげでここまで来たと思う」と称賛した。

一部の地域では、日本人選手がプレーできなかったことに対する残念な反応もありました。 ネチズンは「正直、日本人選手に取ってもらいたいが、アジア人として誇りに思う。

また、日本サッカー協会を批判するネチズンも現れた。 ネチズンは「どんなに時間がかかったとしても、偉大な選手を受け入れる土壌がなければ、ストライカーやゴールキーパーは成長しない」と指摘した。

一方、ソン・フンミンは来月からベントゥホ主将としてユニフォームを着替え、国内ファンの前に立つ予定だ。 すぐに入国し、6月2日からブラジル(ソウル)、6月6日にチリ(大田)、6月10日にパラグアイ(水原)との短い休憩の後、すぐに代表チームに参加する.

sby@news1.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。